【9/21まで】Native Instruments『KONTAKT 6』(53,700円→16,750円!)音楽制作の基本的ツール(超定番サンプラー)

Native Instrumentsのサンプラー「Kontakt 6」が半額セールになっています。

今年のサマーセール(2021年6月)と同条件です。

(以下に詳細はメモしておきますが)実際は半額ではなく、手順を踏めば16,750円(通常価格:53,700円)で購入できるはずです。

セールは9月21日頃までです。

(この記事は今年と去年のサマーセール時の記事を加筆修正しています。)

スポンサーリンク

Native Instruments『KONTAKT 6』セール

やっぱりKONTAKT 6は欲しいよね。

音楽制作用の音源ライブラリ集めの基本となる超定番サンプラー&ライブラリ「KONTAKT 6」。

これをまだ持っていない方は、このセール時にゲットしておくことは悪くない選択かと思います。(ただし次期KONTAKT 7がいつ来るのかは誰にもわかりません。。)

KONTAKTを使用する(ライブラリ)製品は無料の物でも良いものが沢山あります。また、結構頻繁に有料のKONTAKT系音源製品が無料配布されたり&格安で販売されたりしています。

それらのお祭りに参加できるようになるので、持っているとウキウキできて楽しい。。

しかし、KONTAKT 6の通常価格は、53,700円です。高い!

それがこのセール中にひと手間かけると、ガッツリ安く購入できます。

まず、後述する方法で「Embertone Arcane」という音源を無料でをゲットします。

Embertone Arcaneは無料ですが、所有していると通常版より格安な「Kontakt 6のクロスグレード版」を購入する権利を得ることができるのです。

そのクロスグレード版は、サマーセールと、ブラックフライデー周辺の冬ごろのセール時を狙うとより安く購入できます。

現在、そのクロスグレード版は、16,750円のようです。kinwiredさま情報感謝です。

⬇️

*自分も新アカで実際購入まで試してみました。

(2021年8月26日:今年の6月にも試しましたが、確認のため再度試してみました。)

私が居住している某国では、KONTAKT 6のクロスグレード版はドル表記で124.5ドル(約13,700円)でした。相変わらずNative Instruments製品は日本の価格が高めなんですね。。しかし、それでも通常よりは全然安い訳ですが。。

メーカー購入ページリンク

能書きはこの辺にして安く購入する方法を以下にメモしておきます。

 Kontakt 6を安く購入する方法     

まずは、Kontakt をクロスグレード価格で買うための弾を用意する。『EmbertoneのArcaneライブラリ』を無料でゲットします。

(2021年8月26日(木):再度確認済み。)

⬇️

https://www.embertone.com/instruments/arcane.php

Arcaneの購入が完了すると、そこで登録したメールアドレスにArcaneのシリアルが送られてきます。

⬇️

Native Instrumentsのアカウントを持っていない方は、Native Instrumentsのサイトでアカウントを作成する。

⬇️

Native Instrumentのソフトウェア管理アプリ『Native Access』をダウンロード&インストールする。

⬇️

Native InstrumentのNative Accessで「Embertone Arcane」のシリアルを登録する。

⬇️

Native Instrumentsのソフトウェア管理アプリ『Native Access

Add a Serialをクリック

⬇️

上記の画面が表示できたらシリアルを入力し、ADD SERIALをクリック。

(シリアルは手打ちしなくてもコピペで行けるはずです。)

⬇️

Native Instruments社のKontaktのページへ行く。

『✓ Arcaneをお持ちの場合は、この製品をインストールおよびダウンロードできます。』と表示さていれば成功です。

以前はDrummic’aという無料の音源製品が、Kontaktを安く入手するための(無料で手に入る唯一の)踏み台として機能していましたが、それが利用できなくなってしまいました。

それからかなりの時間が経ちましたが、今度は「Embertone Arcane(無料)」がKONTAKT 6を安く買いたい音楽家のための救世主になっています。

ロココ様情報ありがとうございます。

個人的は(今回のように)KONTAKT 6は安くなったタイミングでゲットしておくのが良いと思います。

しかしながら(以前のDrummic’aの件ように)このような購入方法は今後塞がれる可能性もあります。

また、繰り返しになりますが次期Kontakt 7のリリースがいつなのかはNative Instrumentsの中の人のみ知るところです。

それと、Kompleteを狙っている方は冬のセールまで待つのもありかと思います。ただしKontaktも(最安の方法ではありませんが)Kompleteを安く買う踏み台になります。