SOUNDSPEAR『Kill The Top』伝説的コンプ「OTT」を進化させた最新プラグイン

SOUNDSPEAR『Kill The Top』が76%OFFの期間限定セールになっています。

通常価格:42.5ドル → セール特価:10ドル

*セールは2021年 9月14日(火曜日)夕方までの予定です。

KTT(Kill The Top)は、Xfer Recordsの伝説的なコンプレッサー「OTT」(Over The Top)を改良した新しいコンプレッサープラグインです。

下向きのコンプレッションだけでなく、上向きのコンプレッションも備えています。

2021年9月14日:終了予定を過ぎていますがまだいけるようです。

スポンサーリンク

『Kill The Top』

KTTは、伝説のコンプレッサーOTT(Over The Top)の改良版です。

周波数帯域を2倍に増やし、チェイン式エキサイターを搭載することで、よりアグレッシブに、よりコントロールしやすくなっています。

その結果、明るく輝く高音域、パンチの効いた中音域、ローリングなベース、深みのあるサブ音域など、リッチでパンチの効いたサウンドを作り出すことができます。

デモ動画(1分30秒):

解説動画&デモ(18分・自動翻訳の日本語字幕可能):

KTTの詳細

KTTは、6バンドのアップワード/ダウンワード・コンプレッサーです。

マルチバンド・コンプレッションは、周波数スペクトルを異なるバンドに分割して個別に圧縮します。

上向きのコンプレッションは低強度のダイナミクスを増強し、下向きのコンプレッションは高強度のピークを低減します。

バンド数が多いということは、広帯域のヘッドルームはそのままに、オーディオスペクトルをよりコントロールできるということです。

また、KTTにはチェーン接続された12AX7デュアルトライオードエキサイターが搭載されており、コンプレッションに加えてハーモニクス合成で信号を豊かにすることができます。

KTTの特徴

KTTには、必要なサウンドを調整するために、幅広いコントロールが用意されています。

  • Dry Wet:

    元の信号とプロセッシングチェーンの最後にある信号をブレンドすることができ、Out Gainでは出力ボリュームをコントロールします。


  • DownwardsとUpwardsのノブ:

    各バンドのダウンワードとアップワードのパラレルコンプレッションの圧縮比にマッピングされています。KTTの特徴的なサウンドを維持するために、すべての比率がこの2つのノブに異なる形で結び付けられています。


  • アタックとリリース:

    フィードバック検出回路の速度をコントロールします。アタックを高くすると激しいトランジェントが得られ、リリースを高くするとサウンドにポンピング効果がもたらされます。


  • アナログスイッチ:

    デジタルRMS検出回路とアナログダイオード/コンデンサピーク検出器のどちらかを選択することができ、この場合、アタックタイムはリリースタイムに比べてわずかにスケールアップします。


  • Exciterノブ:

    12AX7真空管の歪みに関して、バンドごとに適用されるハーモニック・エクスカーションの量を設定します。

プラグインフォーマット

Windows:

  • VST2
  • VST3

Mac

  • VST
  • VST3
  • AU(Appleシリコンを除くmacOS)

メーカーページリンク

セール情報

通常価格:42.5ドル → セール特価:10ドル(76%OFF)