IK Multimedia『Syntronik Bully』40ドル(Moog Taurusの重厚な響きを現代に蘇らせたシンセパック)

期間限定で、IK Multimedia社のシンセサイザー・コレクション「Syntronik」用の拡張シンセ音源『Syntronik Bully』(通常価格:49.99€)が無料配布されています。

ちなみにこの「Syntronik Bully」は、無料版のSyntronik Free(シンセ)でも使用が可能です。したがって追加で何かを購入する必要はありません。

スポンサーリンク

IK Multimedia『Syntronik Bully』シンセサイザー

Syntronik Bullyは、IK Multimediaのシンセサイザー・コレクション「Syntronik」用の拡張シンセ音源です。

Syntronik Bullyについて:

  1. この「Syntronik Bully」は、無料版のSyntronik(Syntronik Free)でも動作します。

  2. また、SampleTank 3SampleTank 3 SE、および無料のSampleTankカスタムショップで使用できます。

  3. Syntronik自体は、スタンドアロン、VST 2、VST 3、AAX(64ビット)プラグインとして使用することができます。

  4. この拡張シンセ音源「Syntronik Bully」は、1 GB以上のコンテンツと1,000を超えるサンプルからなる100のインストゥルメントが収録されています。

Syntronik Bullyの詳細

オール・アバウト・ザット・ベース『Syntronik Bully』

SyntronikのBullyは、Moog Taurusシリーズの、轟くような重厚な響きを現代に蘇らせてくれます。

このオルガン・ペダル・スタイルのシンセサイザーは、シンセサイザーの歴史に貴重な1ページを刻みました。

1970年代半ばに発売された最初のバージョンのTaurusは、ディチューン機能や独特のキャラクターのノコギリ波を伴ったオシレータにより、即座に定番の1機種となりました。

Moog RogueをベースにしたTaurus IIは、多くの追加機能にも関わらず、最初のバージョンほどの成功を収めませんでした。

最初のオリジナル・バージョンの35年後に発売された3代目は、モダンな機能の数々が追加されながらも、オリジナルのデザインを継承しています。

Bullyの開発にあたっては、これら3機種すべてがリファレンス機として用いられました。レゾナンスがほとんどかからない、ゆっくりとしたスイープのロー・パス・フィルターが、重厚感溢れる低域が魅力のTaurusに特徴的なサウンドです。

著名なユーザーとしては、ラッシュ、イエス、ジェネシス、U2、そしてザ・ポリスの名が挙げられます。

Syntronik Bullyについての詳細ページ(日本語)

デモ動画

Syntronik Bullyのデモ動画:

【日本語】Syntronikの解説&デモ動画(27分):

セール情報

Audio Plugin Dealsで無料配布が行われています(約13日間限定です)。

通常価格: 40ドル → セール特価: 0ドル