【無料】Acon Digital『Multiply』EQを搭載したコーラスエフェクト・プラグイン

Acon Digitalの用途の広いコーラスFXプラグイン『Multiply』を紹介します。無料です。

スポンサーリンク

『Multiply』

コーラス・エフェクトですが、EQも搭載しています。

サウンドデモ(3分36秒):

動画(8分20秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(7分32秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

無料で使える素晴らしいコーラス・プラグイン:Acon Digital Multiply。

無料のプラグインで、高級なプラグインに対抗できるものはなかなかありませんが、これはそのうちの一つです。

少しの調整と努力で好みのコーラス・トーンが手に入ります。

しかし、それだけではありません。

このプラグインには、無料で手に入れたことに罪悪感を覚えるようなユニークな機能があります。

このビデオでは、私の曲「Demodè」のベーストラックにこのプラグインを使用しています。この曲は80年代のニューウェーブに影響を受けた曲です。

V1.2のレビュー動画(9分23秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Multiply』について

Acon Digital Multiplyは、ユニークな工夫を凝らした自由で多彩なコーラス・エフェクトです。

シミュレートされた各音声は位相ランダム化フィルターで処理されるため、不快なコム(櫛形)フィルター・エフェクトが回避されます。

このエフェクトは、複数の演奏者が同じ音色を同時に演奏したときの効果をシミュレートしたり、空間イメージを広げたり、サウンドデザインのための特別な効果を生み出すために使用することができます。

Multiplyは、最大6つのボイスを追加してシミュレートすることができ、ボイスのピッチとラウドネスの両方を変更することができます。

また、ローカット、ローシェルフ、ハイシェルフ、ハイカットフィルターで構成されたイコライザーが内蔵されており、エフェクト信号に適用することができます。

統合されたプリディレイセクションにより、モジュレーションされたエコー効果や拡散されたエコー効果を作り出すことができます。

プラットフォームとプラグインの形式

  • Windowsでは、VSTまたはAAXプラグインとして利用可能

  • Macでは、VST、AAX、AUプラグインとして利用可能

  • すべてのプラグインのネイティブ32ビット版または64ビット版が利用可能

  • 96kHzまでのサンプリングレートに対応

  • モノラルおよびステレオ(真のステレオ処理)

特徴

  • 最大6ボイスまでのコーラスエフェクト

  • ディレイタイムを短くしながらコムフィルター効果を避けるためのランダムな位相フィルター

  • 振幅モジュレーション

  • 周波数モジュレーション

  • 調整可能なプリディレイ

  • エフェクト信号用の統合イコライザー

  • イコライザーの周波数特性をグラフィカルに表示

  • パラメーター変更のアンドゥ/リドゥ

  • A/B比較

  • プリセットマネージャー

  • ユーザープリセットの保存、読み込み、カテゴリー化

システム要件

Windows

  • Windows 10 / 8 / 7
  • Intel Core i3またはAMDマルチコアプロセッサー(Intel Core i5以上を推奨)
  • 1366×768のディスプレイ解像度(1920×1080以上を推奨)
  • 1 GBのRAM(4 GB以上を推奨)
  • 1 GBのHD空き容量
  • VST , VST3 , AAX(Pro Tools 10.3.5以上)に対応したホストアプリケーション(32ビットまたは64ビット)。

Mac

  • macOS / OS X 10.9以降(macOS 11 Big Sur IntelおよびM1 Macに対応)(64ビットのみ
  • ARM64およびIntel上でネイティブに動作します
  • 1 GBのRAM(4 GB以上を推奨)
  • 1 GBのHD空き容量
  • AU、VST、VST3、AAXに対応したホストアプリケーション(64ビット)(Pro Tools 11以上)