BRSYNTH『City Lights』現代的な音楽制作にフィットする様々なサウンドを搭載したVI(VST・AU)

BRSYNTHのバーチャルインストゥルメント(プラグイン)『City Lights』が、83%OFFのセールになっています(150ドル→25ドル)。

ポン出しですぐに使えるロンプラー・プラグインです。

スポンサーリンク

『City Lights』VST・AU

紹介動画(12:11・自動翻訳の日本語字幕可能):

City Lightsは、現代の音楽制作にフィットする様々なサウンドを搭載したバーチャル・インストゥルメント・サンプラー・ワークステーションです(VST、AU)。

オーディオデモ:

主要機能

  • 808 系サウンド:4種類

  • イタリア製アコーディオン:1台

  • エレクトリックベース:9台+フレットレス:1台

  • ブラスセッション:10

  • ドラムキット:5

  • サウンドFX:60

  • エレキギター:10

  • ダンスリード:8

  • オルガン:13

  • モダンパッド:11

  • アコースティックピアノ:7

  • エレクトリック・ピアノ:6

  • 90年代のRhodesピアノタイプ(Rhodesia)を独占使用

  • プラックサウンド:5

  • ストリングス:10

インストゥルメントのコントロール

  • HP・LPフィルター

  • LFO=5種類

  • ポリ・モノ・レガートモード

  • LFOの速度と深さ

  • ピッチコントロール

  • パン、ボリューム、グローバルリバーブ1種

システム要件

  • 2GBのディスクスペースが必要です。

  • フォーマット:PCではVST3、MacではVSTとAUで使用が可能です。

  • 本製品は、Bluecat Patchworkのプラグインまたは同等のものがないと、Protoolsでは動作しません。

セール情報

通常価格:150ドル

セール特価:25ドル(83%OFF)