【無料配布】Wrong Tools『Trapeze Organ』ビンテージ・オルガンの美しいビブラート(Kontakt音源)

Wrong Toolsからハロウィン企画でビンテージ・オルガンのKontakt音源『Trapeze Organ』が無料配布されています。

この製品は10月31日から配布開始です(恐らく日本時間では11/1夕方頃から)。現在プリオーダー中!

スポンサーリンク

『Trapeze Organ』

ざっと見動画(49秒):

Trapeze Organは、ビンテージ・オルガンの美しいビブラートを内蔵スピーカーから録音し、ステレオ・スプリング・リバーブとミニ・レズリーにもルーティングしたKontaktインストゥルメントです。

かつてサーカスの舞台で使われていたと思われるサウンドをフィーチャーしています。

『Trapeze Organ』

Trapeze Organは、70年代の東欧サーカスでのトリプル・サルトモルターレの伴奏に最適な音源です。

ヴィンテージ・オルガンの内部スピーカーから録音されたサウンドは、ステレオ・スプリング・リバーブとミニ・レズリーにルーティングされています。

Modwheelを一番上までドラッグして、最も華麗なビブラートをかけてください。 ラウンドロビンとリリースサンプルを使って録音しました。

特徴

ヴィンテージ・オルガンのパラレルをステレオ・スプリング・リバーブとミニ・レズリーにルーティングしています。

さらにクローズマイク、ルームマイク、DIを使用しています。

録音はすべてヴィンテージのstuder 169プリアンプとLavry Blueコンバーターを使用しています。

ミックスダウンされ、Kontaktインターフェイス内の個別のミキサートラックとして利用できます。 ラウンドロビンとリリースサンプルも含まれています。

  • パッチ:1+α
  • サンプル数:384
  • サイズ:485 MB

サイズ変更可能なKONTAKTウインドウ

インストゥルメントには、サイズ変更のオプションが組み込まれています。 ライブでKontaktを使う人にとっては、とても便利で実用的な機能です。

長い間、Kontaktにはなかった機能です。

ユーザーインターフェース

KontaktとWrongtoolsのGUIには様々な機能がありますが、このライブラリはサウンド・スカルプティング・オプションやその他の柔軟で刺激的なパフォーマンス機能により、オリジナルのキーボードの能力をはるかに超えています。

サウンドスカルプト

FXエンジンを使って、新しいサウンドと表現の可能性を探りましょう。想像力をかきたてられ、進化し続けるサウンドスケープや川のような奇妙なものを、豪華なXYパッド環境で表現してみましょう。

内蔵スピーカーから録音され、ステレオ・スプリング・リバーブとミニ・レズリーにルーティングされた、美しいビブラートを持つヴィンテージ・オルガン。かつてサーカスの舞台で使われていたかのようなサウンドです。

楽器の種類

ブランコオルガン + プリセット

システム要件

  • 485 MBの空き容量
  • フルリテール版のKontakt 6.4.2(またはそれ以降)が必要です。

機能

  • 内蔵されたIR
  • 内蔵のユーザーハンドブック
  • マルチサンプリングされたビンテージオルガン

収録内容

  • 4トラックパッチ+プリセット
  • 384個の個別サンプル
  • リリースサンプル+RRと、スクリプトでシミュレートされたRRの組み合わせ。
  • ドキュメント

配布情報