【Black Friday 2021】iZotope『Neutron 3 Advanced』定番のミキシング用オールインワンツール(AIアシストによる質の高いミックスを簡単操作&短時間で実現)

iZotope ブラックフライデー2021で、Neutronの最上位版『Neutron 3 Advanced』が格安(50〜75%OFF)になっています。12/13夕方まで。

Neutronは、iZotopeのミキシングツールの定番的な製品です。

8つのモジュール式ミキシング・ツールが入ったプラグインです。

簡単な操作&短時間で(AIがアシストしてくれる)高いクオリティのミキシングを手に入れることができます。持っていて損はない非常に優れたツールです。

スポンサーリンク

『Neutron 3』2021ブラックフライデーセール情報

Neutron 3は最上位版Advanced、標準版のStandard共にセールになっています。

【Black Fridayバンドル】『Neutron 3 Advanced & Iris 2 Bundle』

『Neutron 3 Advanced & Iris 2 Bundle』は、以下の2つの製品が入ったバンドルです。

通常価格:549ドル

Black Friday セール特価:159ドル(75%OFF)

以下の「通常版」より安くなっています。

『Neutron 3 Advanced』通常版

*これは買っちゃダメ。上記の『Neutron 3 Advanced & Iris 2 Bundle』の方がお得です。

通常価格: 399ドル

セール特価: 199ドル(50%OFF)

2021年11月23日:(有料で購入したiZotopeがあればOKの)クロスグレードセール追加

2021年11月23日:

有料で購入したiZotopeをお持ちの方ならどなたでも購入可能なクロスグレード版のセールが追加されています。

条件になる製品を何も持っていない場合は、「BreakTweaker Expanded」(249ドル→10ドル)と同時購入すればOK。

通常価格:399ドル

Black Friday セール特価:149ドル(80%OFF!!)

『Neutron 3 Advanced』アップグレード版(Neutron Elementsから)

Neutron Elements(バージョンは問わず)をお持ちの方向けのアップグレード版です。

通常価格: 399ドル

セール特価: 149ドル(62%OFF)

『Neutron 3 Advanced』アップグレード版(Neutron Standardから)

Neutron Standard(バージョンは問わず)をお持ちの方向けのアップグレード版です。

通常価格: 299ドル

セール特価: 124ドル(50%OFF)

『Neutron 3 Advanced』アップグレード版(Neutron Advancedから)

Neutron Advanced(バージョンは問わず)をお持ちの方向けのアップグレード版です。

通常価格: 299ドル

セール特価: 99ドル(50%OFF)

Neutron 3 Standardのセール

*標準版のNeutron 3 Standardも、ブラックフライデーセールで安くなっています。

*上記どの製品の購でも、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*今までのアップグレードでお得だったセール。

  • 2020年10月:249ドル→99ドル(過去のNeutronからのアップグレード。ただしElementsは除く。)

ミキシング用総合ツールの最上位版『Neutron 3 Advanced』について

iZotope社が誇るミキシング総合ツール「Neutron 3」。これ一つで大まかなミキシングは完了できます。

ミキシングツール選びで迷ったらとりあえずこれで良いのではないかと思います。基本的にジャンルは問いません。あらゆる音楽をカバーしています。

ミキシング総合ツールのNeutron 3

ミキシング特化のツールNeutron 3。これ一つでミキシング作業は完了できます。

アシスタント機能を利用すれば、数回のクリックでミキシングが完了します。

また、アシスタント機能のミキシング結果を足がかりに(Neutronの各ツールを使用して)自分好みに調整していくことも可能です。

iZotope Neutron 3 Advancedの主な新機能

  • 楽曲全体を聴いて各トラックの音量レベルを自動設定してくれる「Mix Assistant」
  • まるで彫刻をする様に音を創りあげる「Sculptor」
  • 視覚的で直感的なミックスを可能にする「Visual Mixer」

V2と比較しパフォーマンスが飛躍的に向上し、Neutronを数多くインサートしても快適に動作する様になり、更に画面のリサイズが可能になりました。

他にも数多くの改善や向上を施し、シリーズ最高の完成度に仕上がっています。

パフォーマンスの改善。(Neutronを数多くインサートしても快適に動作するようになっています。)

三倍の高速化が実現
新しくなったNeutron3のデモ動画

楽曲全体を聴いて各トラックの音量レベルを自動設定してくれる「Mix Assistant」

彫刻をする様に音を創りあげる「Sculptor」

 Neutron過去グレードの機能比較表(Advanced、Standard、Elements

各機能ElementsStandardAdvanced
更新されたUIと流体計測(NEW)
パフォーマンスの向上 (NEW)
サイズ変更可能なウィンドウ (NEW)
ミックスアシスタント(NEW)
トラックエンハンス(トラックアシスタント)
機器の自動検出
バランス
ミックスフォーカスを選択
Neutron&Relayと通信する
Sculptor (NEW)
差分メータリング
アクションリージョンを設定する
量、音色、速度を制御する
20以上のターゲット
イコライザ
12バンドEQ
静的EQモード
ソフトサチュレーションモード
ダイナミックEQモード
マスキングメーター (改良)
内部および外部サイドチェーン
プラグインとして利用可能
コンプレッサー
コンプレッサー1
ヴィンテージモード
サイドチェーンモード
コンプレッサー2
クロスオーバー学習
マルチバンドモード
プラグインとして利用可能
ゲート
ホールド機能
アナログ式ヒステリシス
クロスオーバー学習
マルチバンドモード
プラグインとして利用可能
エキサイター
強調モード
クロスオーバー学習
マルチバンドモード
プラグインとして利用可能
トランジェントシェイパー
シャープ、ミディアム、スムースの輪郭形状
正確、バランス、ルーズモード
クロスオーバー学習
マルチバンドモード
プラグインとして利用可能
出力セクション
ゼロレイテンシーモード
ステレオ幅
パンニング
Sum to mono
チャンネルを交換する
遅延オフセット
位相反転
BS。1770-4真のピークリミッター
3つの制限アルゴリズムIRCII(透明性)、IRCLL(低遅延)、およびハード
7.1までのサラウンドサポート
ビジュアルミキサープラグイン
Neutron 3、Nectar 3、Relay、Vocalsynth2と連携
スナップショットを組み合わせる
ボリューム、パン、ステレオ幅を制御する
ノードメータリングで音響活動を表示する
自動トラックラベリング
トラックを選択、表示、非表示
MixAssistantを実行する
リレープラグイン
ハイパスフィルタ
Sum to mono
チャンネルを交換する
遅延オフセット
位相反転
トーンバランスコントロールプラグイン
カスタムトラックをインポートして、独自のターゲットを作成します
ブロードモードまたはファインモード
NeutronまたはOzoneEQを制御する
ローエンド波高比計
https://www.izotope.com/en/products/neutron/features.html

NeutronのAdvanced版とスタンダード版の違い

  • Advanced版は、EQ、コンプレッサー、エキサイター、トランジェントシェイパーの各機能を個別のプラグインとして動作させることができます
  • Mix Assistant の追加機能の有無(Balance、Choose Mix Focus、Communicate with Neutron & Relay)
  • サラウンドサポートの有無
  • Ready Pluginの有無
  • Tonal Balance Control 2(199ドル)が付属するか否か

などの違いがあります。

Nentronはミキシング用のいわゆる「チャンネルストリップ」です。

Neutronに入っている各機能(チャンネルストリップ内のモジュール)が、個別のプラグインとして立ち上げられるか否かが、Neutron Advanced版とStandard版の大きな違いです。

V3にリニューアルされたことにより、軽量化されたNeutron。今までよりマシンへの負荷が軽減されています。マシンパワーがあれば多くのトラックにNeutronを(チャンネルストリップとして)刺すことが可能になってきました。

とはいえ、各機能が個別で立ち上げられるのはAdvancedの利点であることには変わりはありません。(NeutronのEQやコンプなどの各機能が気に入っているのなら、比較的負荷が軽い個別の機能が単独で使えるAdvancedの方がより良い選択になるでしょう。)

Advanced版ならNeutronのダイナミックEQ(これが非常に良い出来)も個別で使えます。

チャンネルストリップとしての使用が前提となるStandard版と比較すると使い勝手が良いです。個別に起動できると小回りが利くので、Neutronの各プラグインの使用頻度が増えるはずです。

しかしながら、Standerdの場合は、Neutronを起動させるとすべてのツールが一緒に立ち上がりますが、各モジュールはオフにできます。Advancedと比べると小回りの良さは削がれるかもしれませんが、Neutronのアシスタント機能を中心にに使ってくならStandardで特に不都合は感じないかもしれません。

追記:Tonal Balance Control 2について

iZotope社の各製品(Neutron 3、Ozone 9、Nectar 3、VocalSynth2)を連携させて、音色のバランスを最適なものにできるツール「Tonal Balance Control」。

これがV2になったことで、標準版の「Neutron Standard」でも使用できるようになりました。

以前の「Tonal Balance Control 1」では、Neutronの場合、最上位の「Neutron Advanced」でしか使用できませんでした。

ただし、Neutron 3 Standardで「Tonal Balance Control 2」使用したい場合は別売りです(199ドル)

一方、このNeutron 3 Advancedには、Tonal Balance Control 2が入っています。

iZotopeブラックフライデーセールまとめ:

手頃なStandard版のクロスグレード版は80%OFF(249ドル →49ドル