【無料】『Moog Animoog Z』リリース(iOS&Mac用シンセ)

MoogからiOS&Mac用シンセ『Moog Animoog Z』がリリース&無料配布されています。

スポンサーリンク

『Moog Animoog Z』

紹介動画(4分):

Animoog Zは、16ボイスのポリフォニック・シンセサイザーで、多次元的なサウンド・デザインとパフォーマンスの新しいコンセプトを探求することができます。

デモ動画(2:22):

レビュー動画(40分):

デモ 18分:

デモ 21分:

『Moog Animoog Zについて

iOS/macOS用のプロフェッショナル・シンセサイザーです。

Moog社のAnisotropic Synth Engine (ASE)を搭載したAnimoog Zは、新たな音の世界を視覚的に旅し、自分自身で創造することができます。

ASEは斬新な軌道システムを採用しており、ウェーブテーブル・シンセシスとベクトル・シンセシスの概念を拡張し、サウンドのX、Y、Z軸をダイナミックにナビゲートすることができます。

Animoog Zでのサウンド・デザインは、オービット・パスを選択してドラッグするだけの簡単な操作で、無限のサウンド・コンフィギュレーションを探求することができます。

Animoog Zは、Moogシンセサイザーの直感的な操作性を現代のデジタル・パラダイムに適用したもので、驚くほど流動的でダイナミックなサウンドを素早く造形することができます。

Animoog Zの内蔵キーボードを使ってボイスごとにピッチや音圧をコントロールしたり(MIDI出力も可能)、お気に入りのMPEコントローラを接続してAnimoog ZのMPEに準拠したサウンドエンジンを使用することができます。

Animoogの多様な音色ライブラリには、デジタルトーンやスペクトルソース、クラシックなMoogオシレーター(ビンテージとモダンの両方)からキャプチャしたアナログ波形が含まれており、これらはすべてブティックで使用されているハイエンドのアウトボードとアナログのシグナルプロセッサで処理されています。

モジュラーシンセのパネルやMoogのアナログエフェクト回路なども含まれています。音数が足りなくなったら、内蔵のTimbre Editorを使って自分の音色を録音・編集することができます。

視覚的にも聴覚的にも魅力的なAnimoog Zは、音楽制作を次のレベルに引き上げます。シンセシス初心者でもプロのミュージシャンでも、Animoogのユニークなユーザーインターフェースを使えば、視覚的に鮮やかで音の豊かな世界を簡単に作り出すことができます。

Animoog Zは、iOS(iPhone、iPod Touch、iPad)とmacOS(Intel、Apple Silicon)に対応しており、GarageBandやLogicなどの他のオーディオアプリに接続するためのAUv3に完全対応しています。

VST3/AUv3ラッパーは、AbletonやPro ToolsなどのDAWとのプラグイン連携のために用意されています。プラグイン版は、音を加工するためのエフェクトとして使用したり、他のプラグインの音色を録音したりすることもできます。