7/4(月)夕方までに終了するセールが多くなっています。

『Analog Orchestra』 AAS初のクラシック系サウンドライブラリ(無料のAAS PlayerやUltra Analog VA-3で使用可能)

AAS『Analog Orchestra』がリリースセールで半額になっています(39ドル→19ドル)。

AAS初のクラシック系サウンドライブラリ製品です。

以下の2つの製品で使用することができるサウンドライブラリです。

  • 無料のプレイヤー・プラグイン「AAS Player」
  • アナログシンセサイザー「Ultra Analog VA-3」

AASのサウンドバンク系のセールは大体50%OFFなので、欲しい場合は、これより安くなるのを待つ必要はそれほどないんじゃないかなと思います。

*セールは1/25(火)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

『Analog Orchestra』

ざっと見動画(45秒):

「Analog Orchestra Ultra-Analog VA-3 Sound Bank」は、ルーマニアの音楽家のCipryan Bot氏とAASのコラボレーションにより制作されたサウンドライブラリです。

AAS初のクラシック系サウンドです。

このサウンド・ライブラリには、無料の「AAS Player プラグイン」または「Ultra Analog VA-3 アナログシンセサイザー」で使用することができます。

デモ動画(1:41):

オーディオデモ:

管理人メモ:

これらサウンドパックは、基本的にはAASのバーチャルインストゥルメント(シンセ)製品である「Ultra-Analog VA-3」用のプリセット集です。

しかしながら、各シンセを持っていない場合でも、(無料の)AAS Playerでロンプラー的に使用することが可能です。

ただしこの場合は、プリセットのサウンドをいじり倒すことはできません。ロンプラー的に出来上がっているサウンドを鳴らす使い方になります。

サウンドをいじりたい場合は、ご自身がお持ちのエフェクター等を使用する感じですね。

AAS Player:

『Analog Orchestra Ultra-Analog VA-3 Sound Bank』について

このサウンドコレクション「Analog Orchestra Ultra-Analog VA-3 Sound Bank」では、クラシック・オーケストラの楽器をAASのアナログ・シンセサイザーで再現するという困難な課題に取り組みました。

弦楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器、ピアノなど、様々な種類の楽器を表現力豊かに、そして驚くほど自然な音色で再現しています。

アナログ・オーケストラの演奏は、AASのシンセサイザー・プラグイン「Ultra Analog」の全く新しい側面を示す、真のサウンド・デザインの偉業と言えます。

Ultra Analogのユーザーは、マクロ・コントロールが提供する豊かなシェイピングの可能性を評価し、プリセットを分解してこれらの素晴らしいサウンドの背後にあるデザイン・トリックを見つけることに夢中になるでしょう。

Cipryan Bot氏について

Cipryan Botはルーマニア出身の音楽プロデューサーです。

Armada Music、Magic Island、Solaris Recordingsなどのレーベルとコラボレーションし、オリジナルトラックやリミックスを制作しています。

主な経歴は電子工学と通信工学ですが、音楽とリアルな電子音をデザインすることに魅力を感じ、趣味を情熱に変えていきました。

特徴

128種類のアナログ・オーケストラ・プリセット

システム要件

このプリセットコレクションは、無償のAAS PlayerプラグインおよびUltra Analog VA-3アナログシンセサイザーで使用することができます。

サウンドバンクをインストールした後、2つの方法で使用することができます。

  1. Ultra Analog VA-3 – Ultra Analog VA-3がコンピュータにインストールされている場合、Reverenceは自動的に追加されます。

  2. AAS Player – Ultra Analog VA-3をお持ちでない方は、AAS Playerプラグインまたはスタンドアロン・アプリケーションからReverenceを再生することができます。

セール情報

通常価格:39ドル

イントロセール特価:19ドル(50%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。