【無料配布】HoRNet『Valvola』真空管アンプエミュレーション(VST/AU/AAX)

HoRNet Pluginsが、真空管アンプエミュレーション(VST/AU/AAX)『Valvola』をリリース&無料配布しています。

スポンサーリンク

HoRNet『Valvola』真空管アンプ・プラグイン

リアルな真空管の音と挙動『HoRNet Valvola』

HoRNet Valvola(イタリア語で真空管の意味)は、真空管とその周辺回路の電気的挙動をエミュレートしたものです。

真空管とその周辺のバイアス回路を直接シミュレートして得られた回路特性を直接モデリングしているため、プラグインのサウンドは本物の真空管の挙動に限りなく近いものとなっています。

同じ技術は、私たちのGuitar KitプラグインやAnalog Stageプラグインにも含まれており、私たちはそれを誇りに思い、無償で提供することにしました。

Valvolaは三極管、五極管、プリアンプに使用される12AX7からパワー管EL84まで、様々な真空管のエミュレーションを搭載しており、Valvolaを複数使用すれば、小さな真空管アンプのエミュレーションを作成することができます。

Valvolaが提供する典型的な真空管のディストーションは静的なものではなく、音楽に合わせて変化します。

真空管にはある種の「記憶効果」があり、高いレベルを処理するとバイアスポイントが実際に変化します(これは重いベースドラム、ベースシンセ、ギターの場合)実際には、低周波のピークでより歪むのです。

また、真空管は周波数特性がリニアではなく、それぞれに特徴的な音を持つため、オリジナルの真空管パラメータを使用して慎重にモデル化しました。

これらの相互作用は、たった一つの「サチュレーション」ノブで制御され、レベルも一定に保たれるので、ゲインを追加することなく歪みを加えることができ、最大4倍のインテリジェントなオーバーサンプリングによりエイリアシングも最小限に抑えることができます。

HoRNet Valvolaはハードウェアアクセラレーションによるグラフィックインターフェイスを搭載しており、完全にリサイズ可能で、ベクター技術を使用して描かれているため、どのモニターサイズでもシャープで完璧な見え方をします。

また、プリセットを素早く作成し、プロジェクトで再利用できるよう、「ロード」と「セーブ」ボタンが追加されています。

HoRNet Valvolaをダウンロードするには、いずれかのボタンでこのページをシェアしてください。このページをシェアした後、無料でプラグインをカートに追加することができます。

機能

  • 電気シミュレーションによる真空管回路のエミュレーション


  • 三極管、五極管を含む7種類の真空管を搭載


  • 最大4倍までのインテリジェントなオーバーサンプリング


  • macOS(10.11以降)、Windows(Vista以降)対応


  • Mac、Windowsともに64bitのみ。


  • 以下のプラグインフォーマットに対応。

    • AU

    • VST2

    • VST3

    • AAX