7/4(月)夕方までに終了するセールが多くなっています。

【無料】Sick Noise『NoizeClick』Windows版をリリース(キックドラム・シンセ)

Sick Noise Instrumentsがキックドラムシンセサイザー・プラグイン『NoizeClick』をリリースしました。無料です。

*現在のところWindows版のみのリリースですが、近日Mac版も公開されるそうです。

スポンサーリンク

『NoizeClick』

紹介動画(2分):

Sick Noise Instrumentsの『NoizeClick』は。新しくて無料のキックドラムシンセサイザーです。

このプラグインを使えば、自分だけのエレクトリック・キックを素早く簡単に作ることができます。

NoizeClickは、Sick Noise Instrumentsによる全く新しいプラグインです。シンプルでユニーク、そしてパワフルです。主にサイトランスのキックのために作られましたが、どんなジャンルのキックも作ることが可能です。また、ハードコアにも最適です。

NoizeClick バージョン1.0

NoizeClickはシングルオシレーターシンセサイザーで、サイン波を出力します。

3つのセグメントがあります。

1.クリック・ゾーン
2.エフェクト画面
3.アンプコントロール

クリックゾーン

クリックゾーンでは、思い通りのキックをデザインすることができます。クリックゾーンは、複雑なエンベロープのセットです。

ピッチ正弦波をモジュレートします。スタート、ディケイ、カーブをコントロールし、ブーストを加えることができます。

クリックゾーンではには3つのフィールドがあります。クリック1.クリック2.クリック3です。それぞれが独立してピッチをコントロールします。したがって、それぞれが波の特定の周波数を制御します

EFFECTS画面

画面は非常にわかりやすい。画面中央にはエフェクトをコントロールするツマミがあり、画面右側にはエフェクトをコントロールするツマミがあります。

左下には好きなフィルターを選べるボタンがありますが、これはフィルターがアクティブになっているときだけです。

左下の右下には、エフェクトを選択するためのボタンと、情報を表示するためのボタンが黒く表示されています。

プラグインについて

エフェクト

1.フィルター
2.ディストーション

フィルター

  • フィルターはシンプルで、キックにピークを置くのに十分です。ローパス、ハイパス、バンドパス、バンドがあります。
  • リジェクトします。Filterでは、CUTOFF、Resonance、Gainをコントロールできます。

ディストーション

  • ディストーションもシンプルですが、非常にパワフルです。ディストーションの量を増やすと、サウンドに質感を加えることができます。
  • ディストーションでは、DRIVEとSHAPEをコントロールできます。

アンプセクション

  • プラグインの下端にはADSRエンベロープがあり、キックの振幅を制御するのに使用します。例えばテールを制御するために、サスティンとリリースを調整できます。
  • また、出力のボリュームを制御することができます。

*このバージョンにはプリセットが含まれていません。自分でキックを作る必要がありますが、非常に簡単です。

無料でダウンロード:私たちはただ、あなたが私たちの製品noizeclick #sicknoiseinstruments-をどのように使用するかを共有するよう求めています。

システム要件

  • ホストソフトウェア/DAW
  • 1GB RAM、それ以上を推奨
  • 10MBの空きディスク容量
  • 最新のCPU

フォーマット

  • VST3 /64ビット(Windows)
  • MAC版も近日公開予定です。
  • NoizeClickはスタンドアローン製品ではなく、ホストソフトウェアが必要です。Xenobyteはほぼ全てのDAWと互換性があります。