*本日(4/22)17時頃までに終了するセールが多くなっています。
記事内に広告が含まれる場合があります

Acon Digital『Verberate 2』実際の音響環境を超リアルにシミュレートするアルゴリズム・リバーブ(高評価のリッチなサウンド&手頃な価格)

2023年5月18日:

Plugin Boutique IMSTA 短期セール』で、Acon Digitalの高品質リバーブ『Verberate 2』が35%OFFの特価セールになっています。

*日本時間の3/25(木)18時頃までの短期セールです。

広告

『Verberate 2』実際の音響環境を超リアルにシミュレートするアルゴリズム リバーブ

紹介動画(3:25):

Verberate 2は、全く新しい技術により、パターンの繰り返しのない超リアルなリバーブを実現し、インパルス・レスポンス測定による通常のコンボリューション・リバーブよりも高品質なサウンドを提供するリバーブ・プラグインです。

追加機能として、ローカット、ハイカット、シェルブ、ベルシェイプフィルターを備えたEQスタイルのディケイエディターを内蔵し、さらにポストEQを内蔵することで最大限のコントロールを可能にしています。

また、ユニークな分散、スワール、ブルームコントロールでリアリズムをコントロールできます。

デモ動画

紹介動画(3:56・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ&レビュー動画(6分・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説&レビュ動画(14分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Verberate 2』について

革命的なVivid Hallアルゴリズムを搭載したVerberate 2

リバーブに関しては、音質がすべてです。

Verberateは、実際の音響環境を卓越したリアリズムでシミュレートするアルゴリズム・リバーブ・プラグインです。

最初のVerberateバージョンは、すでにそのレベルを引き上げています。

このバージョン2では、Verberate 1の自然な高密度リバーブテイルを維持しながら、コンボリューションベースのリバーブを悩ませる硬さを避けるために時間の分散を追加するVivid Hallアルゴリズムを導入しています。

実際の音響環境は、空気の流れや演奏者の動き、観客の動きによって、わずかな変化が生じます。

これらの変化は微妙に見えるかもしれませんが、リバーブテイルがフェードアウトするまでに音が何度も反射されるため、リバーブテイルの終盤に大きな影響を及ぼします。

新開発のVivid Hallアルゴリズムは、こうしたランダムな変化をコーラス・エフェクトやピッチ変化などのアーティファクトなしにモデル化するため、実際のホールの残響をよりリアルにシミュレートすることが可能です。

ディケイ・エディターでは、周波数に依存した残響時間を設定することで、残響の尾を彫刻することが可能です。また、強力な出力イコライザーも統合されています。

もう一つの新機能は、メカニカルプレートリバーブをよりよくシミュレートできるようになったことです。

金属板では高周波が低周波より速く伝わり、この効果を周波数分散と呼びます。

Verberate 2では、Dispersionパラメータが追加され、Decay Editorと組み合わせることで、プレートリバーブの長い高周波の減衰をシミュレートすることができ、非常にリアルなプレートリバーブシミュレーションが可能になりました。

新しいSwirlパラメータは、多くのビンテージ・デジタル・リバーブ・ユニットに見られるフィードバック・モジュレーション効果をシミュレートすることを可能にします。

15種類の初期反射パターンは、アルゴリズムによってリアルタイムに計算され、コンボリューションによって適用されます。

アルゴリズム・リバーブならではの柔軟性とともに、深みのある説得力のあるルーム・シミュレーションを実現します。

Verberate 2には、美しいファクトリー・プリセットの大規模なカタログが付属しており、分かりやすいグラフィカル・ユーザー・インターフェースにより、特定のリバーブ・クオリティを簡単に検索することができます。

Verberate 2の主な機能

  • 実際の音響空間と機械板を高度にリアルにシミュレート



  • コンボリューションを超える、新しい時変型Vivid Hallアルゴリズム



  • パワフルなディケイエディターにより、周波数に依存したリバーブタイムが可能



  • 汎用性の高い統合出力イコライザー

特徴

  • 2種類の後期リバーブアルゴリズム。新しいVivid Hallとバージョン1からのLegacy Hall



  • Vivid Hallは時変・無共振型



  • アーリーリフレクション、リバーブテールプロセッサーを独立させることが可能



  • 真のステレオ処理



  • 不快なコムフィルター効果なしにミックスに溶け込むリアルなアーリーリフレクション



  • 密度の高い後期残響テール



  • メカニカルプレートリバーブにおける周波数分散をモデル化可能



  • ヴィンテージデジタルリバーブユニットの周波数変調された雲のようなリバーブテイルをモデル化したスワールエフェクトをオプションで用意。



  • すっきりとしたユーザーインターフェース



  • イコライザーの周波数特性や周波数依存の残響時間をグラフィカルに視覚化



  • プリセットマネージャーと豊富なファクトリープリセット



  • ユーザープリセットの保存、読み込み、カテゴリー分け

システム要件

Windows

  • Windows 10/8/7
  • Intel Core i3またはAMDマルチコアプロセッサ(Intel Core i5以降を推奨)
  • 1366 x 768のディスプレイ解像度(1920 x 1080以上を推奨)
  • 1 GB RAM(4 GB以上を推奨)
  • 1GBの空きHDスペース
  • (32ビットまたは64ビット)VST、VST3、またはAAXと互換性のあるホストアプリケーション(Pro Tools 10.3.5以降)

Mac

  • macOS / OS X 10.9以降(macOS 11 Big SurIntelおよびM1Macをサポート)(64ビットのみ)
  • 1 GB RAM(4 GB以上を推奨)
  • 1GBの空きHDスペース
  • AU、VST、VST3またはAAXと互換性のあるホストアプリケーション(Pro Tools 10.3.5以降)

レビュー記事リンク

Soundbytes Magのレビュー記事リンク

これまで私は、このAcon Digital Verberate 2を表現するのに、透明、自然、滑らかという言葉を用いてきました。

一般的に「ナチュラル」やトランスペアレントと関連性のない言葉だと思いますが、この言葉も加えていきたいと思います。 「リッチ」でもあると。

リバーブテイルをソロにすると、音に複雑さが出て、豊かさと滑らかさ……そして自然さの両方を思い起こさせます。

言葉を見ていると、言葉の定義からして葛藤があるのですが、それでも思い浮かぶのはその言葉たちです。

*セール情報

通常価格:99ドル

セール特価:65ドル(35%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2023年3月:104.9ドル→51.45ドル

先代の「Verberate V1」からのアップグレードもあります。

通常価格:49ドル

*主なセール価格の推移:

  • 2022年1月:49.9ドル→32ドル

無料版もあります。