Soundiron『Verve』60年代の風変わりなイタリア製アナログ・ビンテージ・オルガンを再現するKontaktライブラリ(イントロセール)

Soundironからヴィンテージ・オルガンのKontakt音源『Verve』が’リリースされました。

60年代の風変わりなイタリア製ビンテージ・オルガン「Jen Brio 61-CS」をソフトウェアとして蘇らせた製品です。

*1/24(月)19時まで、イントロセール価格(19ドル)で購入できます。

スポンサーリンク

『Verve』1960年代の風変わりなアナログ・ビンテージ・オルガンのライブラリ

作曲デモ動画(6分・自動翻訳の日本語字幕可能):

以下の動画ではVintage Keys Seriesの新製品「Verve」を使ってエレクトロ・ディスコ・スタイルの曲を作曲する過程を紹介します。

『Verve』は、1960年代の風変わりなアナログ・ビンテージ・オルガンのKontaktライブラリです。

一風変わったイタリア製ヴィンテージオルガン(Jen Brio 61-CS)のアナログ・サウンドを蘇らせます。

Jen Brio 61-CS

紹介動画(15:46・自動翻訳の日本語字幕可能):

オーディオデモ:

『Verve』について

Jen Brio 61-CS

イタリア製コンボオルガンは、1960年代初頭にJenによって市場に投入されました。

61鍵キーボードとスピーカー内蔵のドラム/リズムマシンを搭載し、レイヤーの音量、楽器の種類、伴奏、テンポをコントロールするための様々なノブ、ボタン、フェーダーが用意されています。

安っぽいストリングス・アンサンブルのビブラート音色で最も人気がありましたが、シンセ・トロンボーン、トランペット、クラリネット、オーボエ、ティビア、ピアノ、ハープシコードのプリセットも備えていました。

一方で、私たちSoundiron社の『Verve』のライブラリには、シンセのサスティーン、スタッカート、キーアップ/ダウン効果音などが含まれています。

楽器のアーティキュレーションをワイドステレオとダイレクトラインインで録音し、ソースコンテンツから30種類の進化するアンビエントパッドとサウンドスケープを作成して、そのJen Brio 61-CSの多様性を丸裸にしました。

Verveは、初期のシンセサイザーの歴史のスナップショットを提供し、あらゆるジャンルの音楽を補完するために、暖かい音色を完備しました。

GUIにサウンドシェイピングのためのコントロールを多数搭載し、様々な方法でサウンドに変更を加えることができる柔軟性を備えています。

ボリューム、アタック、リリース、トランジェントオフセット、ビブラート、オクターブレイヤーをコントロールすることができます。

Glide コントロール・スライダーを使えば、レガートやポルタメントのリードを演奏することも可能です。

また、LFOの形状、モジュレーションのターゲット・パラメーター、速度、強度、テンポ・シンク、フェードイン・タイムが選択可能なLFOシステムも搭載しています。

13種類のローパス、ハイパス、FXフィルター、ベロシティ、モッドホイール、エクスプレッション、アフタータッチ、キーポジション、ステップシーケンサーのテーブルコントロールなど、割り当て可能なモジュレーションコントロールオプションを適用することも可能です。

また、カスタマイズ可能なアルペジエーターは、ベロシティシーケンサーテーブルを内蔵し、アルプの方向、ノートタイミング、スイング、ランダム化、持続時間のコントロールが可能です。

このライブラリには適応性の高いLFOシステムが搭載されており、LFO形状、モジュレーションターゲットパラメータ、速度、強度、テンポシンクロ、フェードインタイムを選択できます。

エフェクターも豊富に搭載されています

また、12種類のローパス、ハイパス、FXフィルターを適用でき、ベロシティ、モッドホイール、エクスプレッション、アフタータッチ、キーポジション、ステップシーケンサーのテーブルコントロールなどのモジュレーションターゲットを割り当てることが可能です。

カスタマイズ可能なアルペジエーターは、ベロシティテーブルとアルプの方向、タイミング、スイング、ランダム化、持続時間のコントロールが可能です。

また、メロディーの作曲やライブ演奏を容易にするために、一般的なスケールやキーに音を拘束するキー&スケールロックシステムも搭載しています。

Verveは、Neumann TLM 103ラージダイアフラムマイクロホンのペアとダイレクトラインインを使ってドライスタジオで録音されました。

Soundironは、サスティーン、スタッカート、キーアップ/ダウンSFXのサンプルで多くのストックプリセットを録音しました。

オクターブ、ビブラート、FXラックが付属しており、使いやすいインターフェースで、そのファットなアナログサウンドを様々なクリエイティブスタイルに合わせてカスタマイズすることができます。

特徴

  • パワフルなオープンフォーマットのKontakt .nkiインストゥルメント3種をメインに搭載


  • 音源から作成された30種類のアンビエンス・パッチ


  • シンセ・サステイン、スタッカート、キーアップ/ダウンSFX(2つのマイクポジションで使用可能


  • 20種類のカスタムサウンドデザインFXとアンビエントプリセット


  • 3.4 GB インストール済み


  • 4,482 ステレオサンプル


  • 24ビット/48kHz ステレオ非圧縮PCM wavオーディオ


  • ロック解除されたwavサンプルは、ほとんどのwav対応プラグインやDAWに直接インポートすることができます。

システム要件

  • Windows7以降
  • Mac OSX10.9以降
  • このライブラリには、デュアルコアCPU、2 GBシステムRAM、SATAまたはSSDハードドライブをお勧めします。

*このソフトウェアを実行するには、Native Instruments Kontakt5.5以降のフルバージョンが必要です。無料のKontakt Playerでは使用できません。

セール情報

通常価格:29ドル → セール特価:19ドル

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。