終了間近の主要セールが多くなっています(来週水曜日夕方まで)。

終了間近【199ドル→49ドル】Digital Brain『VOXPAT』リアルタイムでモンスター、クリーチャー、ロボット・ボイスをデザインできる音声生成ソフトウェア

Digital Brainのクリーチャー、モンスター、ロボット系サウンド作成用ソフトウェア『VOXPAT』が、75%OFFの期間限定セールになっています。

通常価格:199ドル → セール特価:49ドル(75%OFF)

Digital Brain Instruments『VOXPAT』は、リアルタイムでモンスター、クリーチャー、ロボットの声をデザインする音声生成ソフトです。

*2022年3月31日 追記:

セール終了時間を過ぎましたが割引価格が継続しています(今後の締め切り日は不明)。

スポンサーリンク

『VOXPAT』怪物サウンド作成ツール

Digital Brain InstrumentsのVOXPATは、自分の声、コンピュータのファイル、バーチャル楽器を使って、高品質のモンスター、異世界のクリーチャー、ロボットのサウンドを作成できる次世代のスタンドアローン・オーディオツールです。

悪魔、ドラゴン、ミュータントアニマル、ゾンビ、インセクトロイド、サイボーグなど、恐怖を煽るようなサウンドやボイスをデザインすることができます。

*VOXPATは、プラグインではなく、スタンドアローンのソフトウェアです。

紹介動画(21分・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(10:28・自動翻訳の日本語字幕可能):

オーディオデモ動画:

『VOXPAT』について

Digital Brain Instruments『VOXPAT』は、リアルタイムでモンスター、クリーチャー、ロボットの声をデザインする音声生成ソフトです。

Voxpatは、高品質のモンスター、異世界の生き物、ロボットの声をわずか数分で作成するために開発されたスタンドアローンのソフトウェアです。

ゲーム、映画、音楽、マルチメディアプロジェクト、またはサウンドライブラリ作成に適しています。

また、あらゆる種類のサンプルや楽器を様々な方法で処理することもできます。

  • プロシージャル・オーディオ、オーディオ・シンセシス、オーディオ・コンボリューション、その他のオーディオ操作技術を使用して、自分の声や録音されたオーディオファイルを使って何層ものサウンドを作成することができます。


  • Frederic Devanlay、Stephan Schütze、Kate Finan、Russell Gorsky、Saro Sahihiなどの著名なサウンドデザイナーのサンプルやプリセットが含まれています。

『VOXPAT』の特徴

  • リアルタイムオーディオ処理。


  • 最大2つのマイクを同時に入力可能。


  • マルチプレーヤー入力。最大4つのオーディオファイルを同時に処理。


  • インストゥルメント入力。任意のバーチャルインストゥルメントを演奏。


  • 入力信号を14種類のオーディオエフェクトで同時に処理。


  • Wav、AIFF、MP3ファイルの処理。


  • 入力依存モード。


  • ディレイセクション


  • アサイン可能なLFOとLFOレートモジュレーション


  • マスターFXラック


  • レコーディング バッチ処理 サンプル処理


  • Rec Meセクション:たった2クリックであなたの声を録音。


  • DAWやオーディオエディターへの入出力ルーティング。


  • リワイヤリング:すべてのエフェクトを任意のDAWに個別に送信。


  • MIDIデバイス、タブレット、スマートフォンからVoxpatをコントロール。


  • Lemur & touch OSC テンプレートを同梱。


  • 71種類のプリセットと90種類のサンプルを収録。

主な機能

入力
  • マイク2本(HPF使用可能)


  • マルチプレーヤー。 最大4つのオーディオファイルを同時再生。再生速度。ピッチ。ループ。逆再生


  • バーチャルインストゥルメントプレーヤー。あらゆるVST/AUインストゥルメントを再生

その他の機能

  • ミックス:

    このセクションでは、Voxpat で処理する前に、2 つの入力から 1 つの入力にスペクトルをミックスすることができます。



  • ボイスエフェクト:

    入力信号を最大14種類のエフェクトで同時に処理。各エフェクトには3バンドパラメトリックEQ、HPF、LPF、センド、ミュート、ソロ、パノラマコントロールが含まれます。



  • 入力依存モード:

    入力レベルに応じて音色エフェクトをON/OFF。入力レベルが各音声効果で選択されたスレッショルドを上回ったときのみ出力をアクティブにすることで、よりダイナミックなサウンドを作り出すことができます。


  • ディレイマトリックス:
  • 任意のボイスエフェクトにディレイを追加して、あなたの声に面白いユニークなディケイを作成することができます。



  • ボイスモーフィング:

    S1/S2ミキサーセンド間でクロスモーフィングを行います。素晴らしい音色変換が可能です。



  • 出力モーフィング:

    ドライ&ウェット信号間のクロスモーフィング



  • LFO:

    LFOモジュレーションを任意のエフェクトにアサイン。 自動LFOレートモジュレーションが可能



  • マスターFXラック:

    2つのVST/AUプラグインセクション(シリアル&パラレルモード使用可能)、5バンドパラメトリックEQ、ピッチシフター、カットオフフィルター(HPF/LPF)が含まれます。



  • アウトプットクローンモード:

    出力信号のコピーを遅延させて生成し、オリジナルの出力と比較してわずかに異なるピッチシフトを適用することで、興味深いディケイ効果を生み出すことができます。



  • レコーディング:

    ステレオ/モノラルのWAVファイルまたはAIFFファイルを書き出し可能.最大192kHz/32ビット(サウンドカードによる).ドライ/ウェット出力信号の同時録音モードが利用可能。



  • バッチ処理:

    選択したフォルダー内のファイルをワンクリックで一括処理・録音できます。ステレオ&モノラル



  • サンプル処理:

    任意のオーディオファイルをワンクリックで加工・録音できます。ステレオ&モノラル



  • Rec Me:

    自分の声を録音し、Voxpatで処理することができます。



  • プリセットマネージャー:

    自分だけのプリセットを作成。著名なサウンドデザイナーによる71のプリセットが含まれています。



  • MIDIマトリックス:

    VoxpatをMIDIデバイス、タブレット、スマートフォンからコントロールします。LemurとTouch OSCのテンプレートが付属



  • 入出力ルーティング:

    あらゆるDAW/オーディオエディターからオーディオを処理し、録音することができます。リワイヤリング



  • キーボードショートカット:

    より良い、より速いユーザーエクスペリエンスのために。

ボイスエフェクト(Fear – Beast – Roar – Burst – Predesigned Voice Effects)

Noiser

入力信号を2つのノイズ信号のコンボリューション効果で同時に処理します。各ノイズセクションは、異なる種類のノイズ信号を生成し、コンボリューションキャリア信号として使用され、入力信号によって変調されます。

  • ノイズAセクションは、ピンクノイズ、ホワイトノイズ、またはその両方をミックスしたノイズを生成します。

  • ノイズBセクションは、FM合成に基づくノイズ信号を生成します。
Mammal

選択された設定に応じて哺乳類の音を生成するプロシージャルオーディオエフェクトです。

この哺乳類の音は、コンボリューション処理のキャリア信号として使用され、入力信号によって変調されます。

出力クローンモードでは、ディレイを追加して処理されたオーディオ出力の遅延コピーを生成し、この遅延出力バージョンのピッチを変更することでピッチシフトされたディケイ効果を作成することができます。

Shifter

入力信号を6つのピッチシフトセクションで同時に処理します。

入力依存セクションでは、各セクションの活性化/非活性化スレッショルドレベルを選択できます。この方法では、セクションが異なる入力レベルで活性化された場合、よりダイナミックでリアルな音色を作成できます。

Delayセクションは、6つのピッチシフトセクションのいずれかにディレイを追加して、異なるボイスディケイを作成することができます。

SCONV|サンプルコンボリューション

コンピュータから任意のオーディオファイルを読み込んで、入力信号とコンボリューションさせることができます。最大4種類のサンプルを同時にコンボリューションキャリア信号として使用可能。

ループ再生と逆再生モード 再生速度の選択 アンプリチュードエンベロープデザイナー ピッチシフト クロスフェーダー コンボリューションモード サンプルフォルダーの統合 ドラッグ&ドロップによる高速なユーザーエクスペリエンス。

Splayer|サンプルプレーヤー

コンピュータから任意のオーディオファイルを再生します。

最大4つのサンプルをロードし、同時に再生することができます。入力信号をトリガーとして、入力を検知している間だけ再生するモードと、常にサンプル長の終わりまで再生するモードの2種類を用意。

ループ再生、逆再生モード。再生速度セレクター 振幅エンベロープデザイナー ピッチシフト クロスフェーダー サンプルフォルダーの統合 ドラッグ&ドロップによる高速化。

プラグインモーフィング

入力信号とコンボリューションさせる任意のVST/AUインストゥルメントをロードします。シンセサイザーまたはサンプラーをコンボリューションのキャリア信号として選択。

オートキーモードにより、MIDIキーボードを使用せずに、選択した仮想楽器を演奏することができます。

スペクトラル

入力信号を2つのスペクトルピッチシフトセクションで同時に処理します。

入力信号を2つの帯域に分割し、内側の帯域には選択されたオーディオ周波数帯域、外側の帯域にはその上下の周波数帯域が含まれます。 両帯域は独立してピッチシフトが可能です。

アンプリチュードレンジセクションでは、アンプリチュードレベルに応じたオーディオ周波数帯域を選択することができます。

振幅レベルの低いものから高いものまでの範囲を選択します。この選択された範囲はピッチシフトされ、残りの音声は無視されます。2つのレンジセレクタが利用可能です。

Dpitch

Delay Pitch Shifterセクションは、入力されたオーディオ信号のディレイループを作成します。各ループは、前のループと比較して選択された量のピッチシフトを導入します。

フィードバック・ループは、HPF、LPF、またはピーク・フィルターによって処理することもできます。

ディレイフィードバックレベルを変更することで、生成されるループの量を制御し、音の減衰に影響を与え、興味深いピッチシフトとフィルタリングの変更効果を生み出すことができます。

ダイナミックタイムベースピッチシフターセクションは、入力されたオーディオ信号のピッチを、入力が検出される限り連続的に変化させることができ、ネバーエンドピッチシフトのような効果が得られます。ピッチを高速/低速に変化させることができます。

リング

入力信号を2つのシングルサイドバンド・リングモジュレータに処理します。

プラグ

入力された音声を2つのVST/AUプラグインで処理します。プラグインの処理モードは、シリアルとパラレルがあります。パラレルモードではプラグイン音声出力のクロスモーフィングが可能。

システム要件

Mac

  • OS X10.7以降
  • 64ビット
  • 最小2GBのRAM

フォーマット:

Voxpat 2はスタンドアロンツールであり、どのDAWでも機能しません。

Windows

  • Windows7以降
  • 64ビット
  • 最小2GBのRAM

フォーマット:

Voxpat 2はスタンドアロンツールであり、どのDAWでも機能しません。

重要な注意事項:

  • Voxpatを介して、コンピューターから任意のVST / AUインストゥルメントをロードできます。
  • Voxpat 2はスタンドアロンツールであり、どのDAWでも機能しません。

セール情報

通常価格:199ドル

セール特価:49ドル(75%OFF)