【過去最安: 80%OFF】BeatSkillz『Sequel 2』80Sビンテージ・ドラムサウンドを満載した簡単操作のドラムマシン

BeatSkillzのドラムマシン「Sequel」の最新版『Sequel 2』。

80年代のビンテージ・ドラムをフィーチャーした簡単操作のドラムマシン・プラグインです。

BeatSkillz サマセール 2022で、過去最安セールが継続しています(80%OFF)。

通常価格:99ドルセール特価:19ドル(80%OFF)

*セールは日本時間の9/1(木)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

『Sequel』ビンテージドラムサンプラー/シーケンサー

ざっと見動画(2:44):

80年代の象徴的なドラムマシンを搭載した大型ライブラリ

Sequel 2は、ヴィンテージ・ドラムマシンの素早いワークフローを蘇らせるドラム・サンプラー/シーケンサーです。

著名ななドラムマシンやパターンをライブラリとして収録しています。それらを自分でサンプルを追加することも可能です。

新しいリアルタイムピッチエンジンを搭載し、1トラックあたりのシーケンサー機能が増えました。また、グローバルコンプレッサー、Eq、リバーブが追加され、80年代のレコードのような雰囲気になりました。

80年代のヒット・レコードに収録され、現在でもスタンダードとして使用されている80年代ドラムマシンのBIGライブラリーを搭載しています。

Sequel 2はドラムサンプラーとしてだけでなく、8パートのシーケンサーを搭載しており、ドラムのヒットだけでなく、ピッチ、レベル、ステップごとの音の長さをシーケンスすることが可能です。

また、150以上のパターンとfill、600以上のドラムサウンド、100以上のドラムキットが付属しています。 パターンはMIDIファイルとしてDAWに直接ドラッグするだけです。

付属のサウンドを使ってパターンを作成したり、手持ちのサウンドを使って次のヒットを生み出すことができます。 DAWと自動的にテンポ・シンク!

*ちなみに、先代の「Sequel 1」をお持ちの方は無料でこの「Sequel 2」へアップグレードすることができます。

デモ動画

デモ動画(2:23):

*以下は先代V1のデモ動画です。

ざっと見動画(1分19秒):

サウンドデモ(1分):

デモ動画(2分):

Tone Empireのボス:Mr.Gaurav氏による紹介動画(8分15秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

レビュー動画(24分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Sequel 2』の詳細

Sequel 2は、ヴィンテージ・ドラムマシンの素早いワークフローを蘇らせるドラム・サンプラー/シーケンサーです。

有名なドラムマシンやパターンをライブラリとして収録しているほか、独自のサンプルを追加することも可能です。

新しいリアルタイムピッチエンジンを搭載し、トラックごとのシーケンサー機能が増えました。また、新たにグローバル・コンプレッサー、Eq、リバーブが追加され、80年代のレコードのような雰囲気が味わえます。

ライブラリ

ドラムキットライブラリーは、ビンテージマシン、加工されたキット、また、キック、スネア、ハットなどの単一のカテゴリヒットとして整理されています。

これにより、美しいサウンドに簡単にアクセスでき、簡単にビートを刻むことができるため、制作や作曲をより速く行うことができます。

これは、有名なヴィンテージ・ドラムマシンをすべて1つのボックスに収めたようなもので、現在では法外な値段で売られていますが、あなたの指先ひとつで手に入れることができます。

主な機能

  • キット内のサウンドを自分のサウンドに置き換えたいですか? 問題ありません。
    サンプルファイルをパッドにドラッグ&ドロップするか、プラグインに組み込まれたサンプルブラウザから選択するだけです。



  • Sequel 2は、パッド/サンプルごとにピッチシフト、Lp/Hpフィルター、パン、レベル、リバースサンプルなどのパラメーターを備えた完全なドラムサンプラーです。
    また、サンプルのスタートとエンドのコントロールを使って、サンプルをトリミングすることができます。



  • ブームバップやヒップホップのビートメイクのような素早いワークフローを、あなたの手元で実現します。



  • また、各サンプルパッドのマルチアウトを使用して、DAWチャンネルにサウンドを加工したり、プラグインコレクションを使用することも可能です。
    キーボードやコントローラーのMIDIキーノートにパッドをアサインすることができます。



  • *追加機能として、サンプルコンテンツムービングがあり、コンフィグレーションのコピーの手間なく、ワンクリックで簡単にサンプルやコンテンツを別のドライブに移動することができます。



  • プラグイン上のすべてのコントロールは、右クリックで簡単にMIDIマッピングが可能です。
    今回はAkai MPC Miniにアサインしましたが、他のMIDIパッドコントローラーにアサインすることも可能です。

ライブラリの場所を変更できます

コンピュータの内部または外部ドライブにコンテンツを配置し、設定アイコンでライブラリの場所を一度決めるだけで、簡単にライブラリの場所を決めることができます。

いつでも好きな場所にコンテンツを移動して、プラグインと再接続できます。

Sequelのインターフェース

キットページ

Kitのページはとてもわかりやすく、ご覧のようにすべてがビジュアルにレイアウトされています。

  • 1 – 8つのサンプルパッドスロット


  • 2 – 各パッドのVol、Pan、Pitch、Releaseコントロール。


  • 3 – サイドパネル。パッドごとに以下のような追加パラメーターをコントロールします。


    • a: サンプル波形(表示) トリム用のサンプルスタートとエンドポイントコントロール。

    • b: サンプルリバース

    • c: パッドに配置する他のサンプルを選択し、試聴するためのサンプルセレクトドロップダウン。付属のライブラリから選ぶか、WAV, diff, Flac, mp3 形式のサンプルを読み込むことができます。(*サンプルの長さは5000msに制限されています。)


  • 4 – フィルタ。ハイパス、ローパスのフィルターを搭載し、パッドごとに音色を調整可能。


  • 5 – MIDIノートアサイン。選択したサンプルパッドをクリックし、キーボードやMIDIコントローラーの任意の音にアサインします。


  • 6 – 各パッドの上にあるPADセレクターボタンは、右側のコントロールパネルでパラメータを変更するパッドを選択することができます。


  • 7 – マルチ出力の設定


  • 8 – 出力ボリュームボタン


  • 9 – EQ – Low、Mid、Highをお好みで調整できます。


  • 10 – コンプレッサー


  • 11 – リバーブ – 減衰と量の調整
SEQUENCERページ
  • 1 – 各行には、使用できる3つのコントロールがあります。


    • X:行全体をクリアし、その行に配置されたすべてのトリガーを削除します。

    • M: 列のトリガーを一時的にミュートします。もう一度押すと再びミュートが解除され、プログラムされたシーケンスが再生されます。

    • S: ソロボタンは、その列でプログラムされたシーケンスを再生し、他のパッドに対してこれらのシーケンスをすべてミュートします。



  • 2 – シーケンス・パラメータ 行をクリックすると、シーケンスのための6つの行が展開されます。


    • Pitch – ピッチを調整します(-12~+12 セミトーン)

    • Note Length  – ノートの長さを調整 (範囲:0~3 ms)

    • Velocity – 1サンプル1ステップあたりのベロシティを調整 ( 範囲: 0 ~ 127 )

    • Swing – 必要に応じて%を調整し、スイングを追加します

    • Reverb – リバーブの範囲を調整します(0半音から1半音)

    • Paan – 左から右へ/右から左へのパンニングを調整します。

また、ボタンをクリックしたまま、ステップをまたいで形状を描くこともできます。この機能は、パターンの中にダイナミックな動きを作り、シーケンスの中でより多くの表現力を発揮させるのに適しています。

パターンセクション
  • 1 – MIDI DROP:このボタンをクリックし、現在のMIDIシーケンスをDAWのMIDIまたは楽器トラックにドラッグ&ドロップし、インターフェース左下のSEQ On/offボタンでシーケンサーをスイッチoffします。これでパターンがDAWに転送され、そこから再生される。このように多くのパターンを作成し、DAW内で曲をアレンジすることで、Sequelで作成したパターンでより複雑なアレンジをすることができる。


  • 2 – タイムディビジョンドロップダウンメニュー。シーケンサーのステップごとの時間分割を選択します。1 BAR、1/2、1/4、1/8、1/16、1/32、1/64から選択できます。


  • 3 – パターン・ナビゲーション。5つのスロットの中からパターンスロットを選択します。独自のパターンを保存したり、ドラムキットに付属のファクトリーパターンを使用することができます。また、1つのキットにつき5つのパターンが用意されており、”<“and”>”ボタンを使ってオンラインでパターンを変更することができます。


  • 4 – パターン・セーブ&クリア:このボタンを使って独自のパターンを保存してから、ドラム・キットを保存すると、すべてのキット設定とシーケンサー・パターンが保持されます。クリアボタンを使って保存されたパターンを削除し、新しいパターンのためのスペースを確保します。
グローバルコントロール
  • 1 -Tempo Display(テンポ表示):DAWで設定されている現在のテンポが表示され、DAWでテンポを変更すると更新されます。SequelのシーケンサーはDAWのテンポに同期します。


  • 2 – Play/Stop:このボタンは SEQ ページで選択または作成されたパターンを再生または停止します。SEQ on/offスイッチと連動しています。SEQスイッチをONにするとシーケンサーはパターンを再生し、OFFにするとパターンを再生しません。


  • 3 – Output(出力):ドラムマシンの出力ミックスレベルをコントロールします。メイン・アウトプット1-2にアサインされたものはすべてここでミックスされ、プラグインの全体的なレベルもここでコントロールすることができます。範囲は -inf から +6dB です。


  • 4 – Pads Clear 「Bin Icon」: 8つのパッドにアサインされたサンプルをすべて削除します。主な用途は、プリセットをクリアして、ユーザーが一から好きなサウンドをロードし、独自のキットを構築できるようにすることです。


  • 5 – Settings 「Gear Icon」:「このボタンでサンプルライブラリーのデフォルトの保存場所を変更することができます。
プリセットセクション

このセクションでは、さまざまなファクトリー・プリセットやフォルダと、ユーザーが作成したキットを簡単に選択して移動することができます。

キットの保存と削除が素早く行えます。<and>ボタンでプリセットリストを前後に移動できます。

システム要件

Mac:

  • macOS 10.14 Mojave or later (macOS Big Sur / M1 Mac supported)
  • VST3、AU、AAX(64ビットのみ)
  • Inteli5以降/AMDAthlon64または同等のもの
  • 2GBのRAM/300MBのHDが必要
  • 画面の解像度 1024×768

Windows

  • Windows 10以降
  • VST3、AAX(64ビットのみ)
  • Inteli5以降/AMDAthlon64または同等のもの
  • 2GBのRAM/300MBのHD
  • 画面の解像度 1024×768

セール情報

*過去最安値を更新しています。

通常価格:99ドル

セール特価:19ドル(80%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

2022年7月23日:Audio Plugin Dealsでもセールが開催されています。

通常価格:99ドル

セール特価:19ドル(80%OFF)

*セール元のAudio Plugin Dealsでは、上記の製品を購入時に以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2022年4月:99ドル→49ドル

BeatSkillz サマーセール2022

*セールは日本時間98/1(木)夕方までの予定です。