ブラックフライデーセール 2022【終了日順まとめ】

【無料】ElephantDSP『Room Reverb』リバーブ・プラグイン

ElephantDSPのオープンソースのアルゴリズム・リバーブ・プラグイン『Room Reverb』。無料です。最近Macでも使用できるようになりました。

スポンサーリンク

『Room Reverb』ルームリバーブ

Room Reverbは、トラックに残響を追加できるオーディオプラグインです。(macOSでも利用できるようになりました。)

デモ動画

デモ動画(50秒):

デモ動画(2:30):

『Room Reverb』について

「Room Reverb」は、デジタルオーディオワークステーション(DAW)で録音した音に残響を加えることができるオーディオ・プラグインです。

最近では、非常に「乾いた」場所で録音することが多く、録音を編集するには良いのですが、人間の耳は残響に慣れているため、不自然な音になってしまいます。Room Reverbは、必要な残響を追加することで、録音を生き返らせます。

専門家向け Room Reverbは、Freeverb3信号処理ライブラリに含まれるMoorerの初期反射モデルとJon DattorroのProgenitor Reverbの実装を使用しています。

主な機能

  • モノラル/ステレオからステレオのアルゴリズミック・リバーブ

  • 小さな部屋から非常に大きな部屋まで、多数のプリセット

  • アンドゥ/リドゥとA/B比較

  • すべてのリバーブパートに個別のレベルコントロール

  • ステレオ幅のコントロール

  • サイズ変更可能なユーザーインターフェイス

  • すべてのプラグインパラメーターに関する解説を内蔵

  • 簡単なセットアップと使用

システム要件

Windows(64ビット)
  • VST3互換のプラグインホストが必要です(例:Reaper、Ableton Live、FL Studio、Cubase、Studio One)。
  • プラグインファイルのみを選択した場合、プラグインファイルを手動でプラグインディレクトリにコピーする必要があります。
Mac(64ビットユニバーサルバイナリ arm64/x86_64)
  • VST3/AU互換のプラグインホストが必要です(例:Logic Pro、GarageBand、Ableton Live、FL Studio、Cubase、Studio One)。
Linux(64ビット)
  • VST3 互換のプラグインホストが必要です(例:Ardour、Reaper、Bitwig Studio、Waveform)。

プラグインファイルは手動でプラグインディレクトリにコピーする必要があります。

ソースコード

Room ReverbのソースコードはGitHubで公開されています。

ライセンス

  • Room Reverb はフリーソフトウェアであり、GNU General Public License Version 3 に基づいて配布されています。
  • Freeverb3 はフリーソフトウェアであり、GNU General Public License Version 2 の下で配布されています。
  • JUCEは、JUCEライセンスとGNU一般公衆利用許諾書バージョン3のデュアルライセンスです。

配布情報