Soundiron『Bamboo Stick Ensemble』生の竹竿のタイトでパワフルな音を捉えたクラシック・スコアリング・パーカッション・ライブラリ

Soundironのバーチャルインストゥルメント『Bamboo Stick Ensemble』が期間限定の短期セールになっています。

Bamboo Stick Ensembleは、楽器としてよりも武器として演奏される、長くて重い生の竹竿のタイトでパワフルな音を捉えたKontakt用のクラシック・スコアリング・パーカッション・ライブラリです。

壮大な戦争パーカッションから、心にしみるドローン、金切り声、悪夢のような角笛まで、Bamboo Stick Ensembleは、まさに音の力そのものを備えています。

*このライブラリを使用するには、Kontakt 5.5(またはそれ以降)のフルバージョンが必要です。

*セールは日本時間の5/23(月)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

『Bamboo Stick Ensemble』

オーディオデモ:

Bamboo Stick Ensemble V3は、LFO、フィルター、ARP、FXをレイヤーごとにカスタマイズできる次世代UIを備えたKontakt インストゥルメントです。

パーカッシブなヒット&フリックからマレット系楽器、奇抜なバビエンスなど様々なサウンドを備えています。

デモ動画

紹介動画(22:27・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(28分・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(4:16・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Bamboo Stick Ensemble』について

壮大な戦争パーカッションから、心にしみるドローン、金切り声、悪夢のような角笛まで、Bamboo Stick Ensembleは、まさに音の力そのものです。

このバージョン3.0へのアップグレードは、Bamboo Stick Ensemble 3.0のサウンドを、パワフルなサウンドシェイピングコントロールやユーザーインターフェイスなど、未知の領域へと導きます。

Bamboo Stick Ensembleは、楽器としてよりも武器として演奏される、長くて重い生の竹竿のタイトでパワフルな音を捉えたKontakt用のクラシック・スコアリング・パーカッション・ライブラリです。

Soundironは、ソロとアンサンブルのアーティキュレーションで、竹を叩き、ぶつけ、曲げ、引きずり、削り、粉々にし、叩いて、破片を作ります。

また、竹を石に打ち付けることで生まれるドローン、金切り声、咆哮、悪夢のような角笛など、壮大な戦争パーカッションの枠を超えたサウンドアイロンのバンブースティック・アンサンブルは、竹を残酷に打ち付けることで生み出されます。

このBamboo Stick Ensembleは、「アバター」や「トロンレガシー」など、数々のメジャーな映画のサウンドトラックに採用されています。

竹の棒のようなシンプルで非伝統的なものをどこまで使えるかを示す、強力なディスプレイとして機能します。パワーとエッジを適切にミックスするために、Soundironは高品質の8フィート×2インチ径の竹竿を多数用意し、自然のままの状態で、強大で壮大な打楽器として丹念にサンプリングしています。

石の床を叩くと、アグレッシブなスラップ、クラッキング、スクリーチ、ドローン、そしてハウリングが混ざり合った興味深い結果になりました。

このライブラリは、Soundironのお気に入りの緑豊かなタイルと石のレコーディングホールで録音され、最も重厚でパワフルなエピックパーカッションのホールサウンドを得るという特別な目標がありました。

本物のエピック・パーカッションは、自然のホールでしかできない。このようなサウンドを実現するために、本作品では「ホールサウンド」をテーマとしています。

収録内容

Kontaktインターフェースには、オートメーションに対応したサウンド・シェイピング・コントロールが含まれており、創造性を自由に発揮することができます。

スウェル、アタック、リリース、オフセット、ビブラート、フィルター、ピッチ(粗調整と微調整)、アーティキュレーション切り替え、クロスフェード、レイヤーなど、さまざまなコントロールを行うことができます。

また、22のユニークなサウンドデザインのカスタムFXプリセットも含まれており、クリエイティブなオプションを多数提供します。

LFOの形状、モジュレーションのターゲット・パラメーター、速度、強度、テンポ・シンク、フェードイン・タイムを選択可能なLFOシステムを搭載しています。

また、12種類のローパス、ハイパス、FXフィルターを適用でき、ベロシティ、モドホイール、エクスプレッション、アフタータッチ、キーポジション、ステップシーケンサーのテーブルコントロールなどのモジュレーションターゲットを割り当てることが可能です。

カスタマイズ可能なアルペジエーターは、ベロシティテーブルと、アルプの方向、タイミング、スイング、ランダム化、デュレーションのコントロールが可能です。

キーとスケールのロックシステムを搭載し、ノートを一般的なスケールとキーに拘束して、メロディーの作曲とライブ演奏を簡単に行うことができます。

サウンドアイアンのモジュラーFXラックパネルには、18種類のDSPエフェクトモジュールが搭載されており、10個のスロットに好きな順番で割り当てることができます。

フェイザー、フランジャー、ディレイ、ディストーション、アンプ/キャビネット・シミュレーター、コンプレッサー、EQ、ローテーターなど、さまざまなエフェクトが用意されています。

Reverbエフェクトには、99種類の部屋、ホール、チェンバー、屋外環境を含むSoundironお気に入りのコンボリューション・リバーブ・インパルス・レスポンスと、サウンドを根本から変え、音楽の可能性を広げる40種類のカスタムFXインパルスを搭載しています。

FXラックチェーン・ファクトリー・プリセットのバンクも追加されているので、すぐに使い始めることができます。

Kontaktフォーマット

このライブラリはNative Instruments Kontakt 5.5またはそれ以降の製品版向けに設計されています。

Kontaktは、業界標準の高度なバーチャル・インストゥルメント・ソフトウェア・プラットフォームです。

このライブラリのカスタムグラフィカルユーザーインターフェースのスクリーンショットを上のイメージギャラリーで見ることができます。

このライブラリは、ホスト環境またはKontaktのスタンドアローンモードで完全に自動化できる、幅広いサウンドシェーピングパラメータコントロールを提供する機能を満載しています。

このライブラリは標準的なKontaktオープンフォーマットのライブラリなので、無料のKontakt Playerは完全にはサポートしておらず、限られた「デモモード」でのみ実行可能です。

しかし、サンプル・ディレクトリはアンロックされているので、他のwav互換のソフトウェア、サンプラー、シンセのフォーマットで使用することができます。

特別なライブラリタブはこのオープンフォーマットのKontaktライブラリに対応していませんが、標準のファイルブラウザタブを使用して、このライブラリをKontakt Quickloadウィンドウにインポートすると、簡単にロードとナビゲーションを行うことができます。

製品スペック

  • Kontaktオープン・フォーマットのマスターNKIインストゥルメント・バンク1個


  • 456 ステレオサンプル


  • 592 MBインストール済み


  • 24ビット/48 kHz非圧縮PCM wavサンプル


  • 20のカスタムサウンドデザインのFXとアンビエントプリセット


  • ユーザーによるカスタマイズを可能にするKontaktプリセットとwavサンプルのロック解除済み


  • ハイ&ロースタブ、FX、シングルショット・サステイン、トレモロ、ルーピング・サステイン


  • 3つのインストゥルメントカテゴリー(パーカッション、トーンエフェクト、スペシャルエフェクト)


  • LFO、フィルター、グライド、アルペジエーターなど、柔軟で直感的なマルチレイヤー・ユーザー・インターフェース・コントロール


  • コンボリューション・リバーブ付きのフルFXラック(カスタム・ルーム、ホール、チェンバー&FX環境付き

システム要件

Windows
  • Windows 7以上
  • このライブラリには、デュアルコアCPU、2 GBシステムRAM、SATAまたはSSDハードドライブをお勧めします。
Mac
  • OSX10.9以降。
  • このライブラリには、デュアルコアCPU、2 GBシステムRAM、SATAまたはSSDハードドライブをお勧めします。
  • このライブラリに含まれている.nkiインストゥルメントプリセットを使用するには、Native Instruments Kontaktバージョン5.5(またはそれ以降)の完全なリテールバージョンが必要です。 無料のKontakt「Player」および「AddLibrary」インポートプロセスは、この標準のオープンフォーマットのKontaktライブラリをサポートしていません。

セール情報

通常価格:39ドル → セール特価:29.25ドル

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。