Soundiron『Yumtone H4』19ドル(80年代後半のヤマハ製FMシンセサイザーElectone HC-4をフィーチャーしたKontaktインストゥルメント)

ヤマハによって80年代後半に開発されたFMシンセサイザー「Electone HC-4」をフィーチャーしたKontaktインストゥルメント「Electone HC-4」がイントロセールで19ドルになっています。

*セールは日本時間の6/1(木)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

『Yumtone H4』

ざっと見動画(5:55・自動翻訳の日本語字幕可能):

Yumtone H4は、「Electone HC-4」と呼ばれる日本のFMシンセサイザーをフィーチャーしたKontakt インストゥルメントです。

(Electone HC-4は、80年代後半に市場に導入され、2つの44音キーベッド、フットペダルシステム、ドラム/リズムマシン、16オペレータFM音色など、多くの機能を備えていました。)

Electone HC-4の実機デモ(23分):

デモ動画

紹介動画(17:45・自動翻訳の日本語字幕可能):

オーディオデモ:

『Yumtone H4』について

「Yumtone H4」は、純粋なデジタル・マジックです。

「エレクトーン HC-4」と呼ばれるこの日本製FMシンセサイザーは、1987年にヤマハから市場に投入されました。

特に以下の機能が特徴でした。

  • 44弁の鍵盤2つ

  • フットペダルシステム

  • ドラム/リズムマシン

  • ベロシティセンシティブ

  • 16オペレータのFM音色

  • 音量、楽器種、自動伴奏、テンポをコントロールする各種ボタン。

Electoneシリーズは1950年代後半にオルガンとしてスタートしましたが、集積回路技術の進歩により1980年代にはデジタルシンセシスへと移行しました。

このライブラリには、シンセのサスティーン、スタッカート、ピアノ、ビブラフォン、ベル、テンポシンク可能なドラムマシンのループ、ヒット、キーSFXが含まれています。Soundironは、楽器のアーティキュレーションをワイドステレオとダイレクトラインインで録音しました。

さらに、アンビエントパッド20種とカスタムFXプリセット20種を制作。

Yumtone H4は、クラシックなFMシンセサイザーのおいしいデジタルサンプラーを提供し、あらゆるジャンルの音楽を補完する準備ができているホットなトーンフレーバーで完了します。

私たちSoundiron製品のGUIには、サウンドを自在に操るためのコントロール機能が豊富に搭載されています。

ボリューム、アタック、リリース、トランジェントオフセット、ビブラート、オクターブレイヤーをコントロールすることができます。

Glide コントロール・スライダーを使えば、レガートやポルタメントのリードを演奏することも可能です。

また、LFOの形状、モジュレーションのターゲット・パラメータ、速度、強度、テンポ・シンク、フェードイン・タイムが選択可能なLFOシステムも搭載されています。

13種類のローパス、ハイパス、FXフィルター、ベロシティ、モッドホイール、エクスプレッション、アフタータッチ、キーポジション、ステップシーケンサーのテーブルコントロールなど、割り当て可能なモジュレーションコントロールオプションを適用することも可能です。

また、カスタマイズ可能なアルペジエーターは、ベロシティシーケンサーテーブルを内蔵し、アルプの方向、ノートタイミング、スイング、ランダム化、継続時間をコントロールすることが可能です。

アーティスト:John Valasis(ジョン・ヴァラシス)について

「Yumtone H4」は、John Valasis(ジョン・ヴァラシス)によってレコーディングされました。

ジョンは、ギリシャ生まれの作曲家、プロデューサー、サウンドデザイナーです。

アテネにある彼のスタジオから、国内外の多くのクライアントにスコアリング、フォーリー、サウンドデザインサービスを提供しています。

彼の顧客には、Native Instruments、Ableton、Soundiron、Virgin、Amazon Prime Video、Vice Magazine、BBCといった一流ブランドが名を連ねています。

また、Ninja TuneのインプリントであるJust Isn’t Musicの登録アーティストでもあり、Amon Tobin, Bonobo, Flying Lotus, The Cinematic Orchestraといったアーティストと並んでいます。

ジョンのプロとしての経験は、90年代にポピュラー音楽の作曲家・プロデューサーとして始まり、徐々にそのスキルセットを多種多様なジャンルに広げていきました。

20年にわたるプロフェッショナルなキャリアで身につけた能力と、ソウルフルな音楽への純粋な愛によって、彼は強く、個人的で、多様な音楽的アイデンティティを作り上げました。

タイトなスケジュールの中、Poordreamを使って自分の感情や影響を自由に表現し、従来の電子音楽の枠を超えたサウンドと作曲を探求しています。

コンテンツ

Yumtone H4は、ドライスタジオでNeumann TLM 103ラージダイアフラムマイクロホンとダイレクトラインインで録音されました。

Soundironは、サスティーン、スタッカート、ドラムループのサンプルで多くのストックプリセットを録音しました。

付属のオクターブ、ビブラート、FXラックは、そのファットなアナログサウンドを完全にカスタマイズし、様々なクリエイティブスタイルに合うように形作るための使いやすいインターフェイスを提供します。

スウェル、ピッチグライド、アタック、リリース、ビブラート、オクターブなど、柔軟なコントロール機能を搭載しています。

また、大聖堂、教会、ホール、バンカー、ガレージ、トンネル、チャンバー、部屋など、何十ものユニークな空間を持つコンボリューション・リバーブや、たくさんの別世界のFXインパルスを完全に探索し、奇妙で予想外のサウンド操作を無限に行うことができるDSPエフェクトラックも用意されています。

  • 高度なパフォーマンス・コントロール、ビブラート、グライド・スピード、LFO、フィルター、アープ、フルFXラック。


  • シンセ・サステイン、スタッカート、ピアノ、ビブラフォン、ベル、ヴィンテージ・ドラム・ループ、ヒット、キーSFX


  • Glideスライダーを上げるとモノフォニック・レガート機能が、0に下げると標準的なポリフォニック・モードになります。


  • Octaveノブは、低音と高音のオクターブ倍音効果を徐々に追加し、よりボディとパワーを与えます。


  • 119種類のカテドラル、チャーチ、チェンバー、ルーム、ホール、特殊効果のインパルスを備えたコンボリューション・リバーブ。


  • EQ、フィルター、フェイザー、フランジャー、ディレイ、ディストーション、アンプ&スピーカー・シミュレーションなど、充実したマルチエフェクター・ラック。

特徴

  • パワフルなオープンフォーマットのKontakt .nkiインストゥルメント3種


  • ソースコンテンツから作成された20のアンビエンスパッチ


  • シンセサステイン、スタッカート、ピアノ、ビブラフォン、ベル、ヴィンテージドラムループ、ヒット、キーSFX


  • 20のカスタムサウンドデザインのFXとアンビエントプリセット


  • 8.62 GB インストール済み


  • 7,226 ステレオサンプル


  • 24ビット/48kHz ステレオ非圧縮PCM wavオーディオ


  • ロック解除されたwavサンプルは、ほとんどのwav対応プラグインやDAWに直接インポートすることができます。

システム要件

  • Windows7以降。
  • Mac OSX10.9以降。
  • このライブラリには、デュアルコアCPU、2 GBシステムRAM、SATAまたはSSDハードドライブをお勧めします。

重要な注意事項:

  • このソフトウェアを実行するには、Native InstrumentsKontakt5.5以降のフルバージョンが必要です。
  • このソフトウェアは、無料のKontakt Playerエンジン内では完全には機能せず、デモモードでのみ使用できます。
  • このソフトウェアはデジタルダウンロードとして提供されるため、ブロードバンド接続が必要です。

セール情報

通常価格:29ドル → セール特価:19ドル

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。