記事内に広告が含まれる場合があります

Zynaptiq『UNCHIRP』コンプレッションなどで発生したノイズや劣化を改善するオーディオ修復プラグイン

Zynaptiqの『UNCHIRP』。コンプレッションなどで発生したノイズや劣化を改善するオーディオ修復プラグインです。人気のツール。

『Zynaptiq Black Friday セール 2023』で恐らく大幅に過去最安を更新しています。

Zynaptiq Black Friday セール

*セール終了予定日:

  • 日本時間:12/2(土)19時頃までの予定です。
  • 英国時間:12/2(土)10時頃までの予定です。

2023年12月2日 追記:

セール期間が以下の日時まで延長しています。

*セール終了予定日:

  • 日本時間:12/4(月)17〜19時頃までの予定です。
  • 英国時間:12/4(月)8〜10時頃までの予定です。

『UNCHIRP』

【日本語】紹介動画(2:58):

UNCHIRPは、高性能なオーディオ修復プラグインです。

エンコードが不十分な音楽、低ビットレートアップリンクを通過した音声、ノイズが強く除去された素材、または民生用モバイルデバイスで記録された映像を修復する必要がある場合などに素晴らしい効果を発揮します。

また、サウンドに輪郭と鮮やかさを追加したい場合にも効果的です。

UNCHIRPは、損失の多いオーディオエンコーディングや、スペクトルノイズ除去などの他のFFTベースのプロセスに関連する最も不快なアーティファクトを削除するためのプラグインです。

ミュージカルノイズを低減し、高周波チャープ(水中音、ワーブル、またはトゥイーティーとしても知られているもの)を抑制し、一時的なスミアを修正し、失われた高周波を復元します。

Zynaptiq Unchirpの主な機能
  • 高周波の「チャーピング」アーティファクトの抑制。


  • 「ミュージカルノイズ」アーティファクトの低減。


  • 一時的な合成。スミア、過度の制限、またはその他の危険なトランジェントを増強または置換します。


  • エンハンスモードとエキサイトモードを備えた心理音響的に最適化されたトレブルブースト回路。


  • Break-Point Curve Editorベースの周波数依存処理。


  • ジョイントステレオでエンコードされたマテリアルを操作するためのサイド専用アルゴリズムモード。


  • より高いCPU負荷で高品質の処理を行うHDアルゴリズムモード(オフライン処理を推奨)。


  • SYNCパラメーターを使用すると、処理をシグナルトランジェントに同期させて、明瞭度を高めることができます。


  • バッチ処理アプリケーションでの監視なし使用のための出力リミッター。


  • 時間効率の高いワークフローとUI。

レビュー&チュートリアル動画(5分・自動翻訳の日本語字幕可能):

新着レビュー動画 (27分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Zynaptiq Unchirpは、Fabfilterより優れているか?獣のようでですよ!』

『UNCHIRP』の詳細

コーデック・アーティファクトの除去とトランジェントの抽出『UNCHIRP』

UNCHIRPは、ロッシーオーディオエンコーディングや、スペクトルデノイジングなどのFFTベースの処理に伴う、最も不快なアーティファクトを除去するためのプラグインです。

音楽的なノイズの低減、高周波のチャープ(水中音、ワーブリング、ツイーターとしても知られる)の抑制、トランジェント・スミアの修正、失われた高域の復元など、UNCHIRPはすべてを一度に行います。

エンコードが不十分な音楽、低ビットレートのアップリンクを経由したスピーチ、強力にデノイズされた素材、民生用モバイル機器で録音された映像などを救済する必要がある場合、あるいは、すでに素晴らしいサウンドの録音に輪郭と活気を加えたい場合、UNCHIRPはあなた(だけ)の味方です。

主な特徴

  • 高音域の「チャープ」アーチファクトの抑制。



  • ミュージカル・ノイズ」の低減。



  • トランジェントシンセシスによる、スミア、オーバーリミットなどのトランジェントの増強と置き換え。



  • 音響心理学的に最適化されたトレブルブースト回路(EnhanceとExciteモード付き)。



  • 周波数に依存した処理を行うBreak-Point Curve Editor



  • ジョイントステレオエンコードされた素材を処理するためのSide-onlyアルゴリズムモード。



  • CPU負荷が高くても高品質な処理が可能なHDアルゴリズムモード(オフラインでの処理を推奨)。



  • 信号の変化に同期して処理を行うことで明瞭度を向上させるSYNCパラメータを搭載。



  • バッチ処理の際に教師なしで使用できる出力リミッターを搭載。



  • 時間効率の高いワークフローとUI。

問題点を解消

非可逆的なコーデックや多くのDSPプロセス(デノイザーなど)は、高速フーリエ変換(FFT)と呼ばれるプロセスを多用しています。

この方法には大きな利点があります。

それは、音楽的ノイズ、高周波変調(別名チャープ)、トランジェント・スミア、時間領域での定位の低さによる全体的な「ぼやけ」など、さまざまなアーチファクトの根本的な原因です。

人間の聴覚の仕組み上、これらのアーチファクトは非常にわかりやすく、明らかに不自然に聞こえます。

また、非可逆的なコーデックやデノイザーを使用すると、高音域が失われ、さらに音質が劣化してしまいます。

UNCHIRPは、これらすべてのアーチファクトに対応する薬です。

1つより2つ、2つより1つ

UNCHIRPはバーディーを識別し、独自の処理を施してバーディーを消し去ります。

ミュージカル・ノイズ・リダクションとデカーピングという2つの異なるアルゴリズムが同時に利用可能で、それぞれが独自の技術的アプローチ、ユニークなサウンド特性、周波数依存処理のための独自のブレークポイント・カーブ・エディターを備えています。

Zynaptiqでは、過剰に提供することを好みます。

Snap!

数々の賞を受賞しているUNVEILの他の製品と同様に、UNCHIRPはトランジェントをバイパスすることができます。これにより、極端な設定をしても自然なサウンドが得られます。

しかし、それだけではありません。

バイパススレッショルドに周波数依存性を追加し、周波数依存性のあるトランジェントアッテネーション/ブーストを実現しました。

新しいトランジェントシンセシスは、ロッシーエンコーディングなどのFFT処理や、過度のダイナミクス処理によって損なわれたトランジェントを置き換えることができます。

最後に、Sync機能は信号のトランジェントに処理を同期させ、全体的な透明感と一貫性を高めます。

これらのアルゴリズムは、問題のある素材を修正する場合だけでなく、すでに素晴らしいサウンドの録音にインパクト、ディテール、輪郭を追加する場合にも同様に機能します。

それは、まるでカーテンを脇に寄せるようなものです。きっとお気に入りになるでしょう。

シャイニング

Treble Boost(トレブル・ブースト)は、低ビットレートでエンコードされたオーディオでは、高音域に「デッドバンド」が発生することがあります。

これは、あるビットレートでキャプチャできる周波数に限界があるためです。

ブーストするものがないため、通常のEQでは対応できません。

Treble Boost回路には、高音域を回復するための2つの方法が用意されています。

それは、心理音響的に最適化されたEnhancer(デッドバンドの周波数コンテンツをリスナーに暗示するように調整されたイコライゼーション)と、ギャップを埋めるために新しいハーモニクスを合成するExciterです。

これらのサウンドは非常に優れているので、オーディオに輝きと活気を与えるために、すでに優れたサウンドの信号であっても、高音域の処理全般にこれらを使用することになるかもしれません。

スーパーラルミナル

時間は最も希少な資源であるため、Zynaptiqではあなたのために時間を節約することにこだわっています。

UNCHIRPは、光よりも早く結果を得るための様々なワークフロー機能を備えています。

オーバーロードなしで教師なしのバッチ処理を可能にする出力リミッター、除去したものをすぐに聞くことができるI/O差分機能、スナップトゥゼロとコピー/ペースト機能を備えたブレークポイントカーブを使用したすべてのキーパラメータの周波数依存処理、そしてすべてのプラットフォームとフォーマットで使用できるプリセットを作成するプリセットマネージャーなどが用意されています。

UNCHIRPを使い始めたら、もう1週間の休暇を予約してみてはいかがでしょうか。

シナジーズ・ギャロー

UNCHIRPは単体でも購入できますが、受賞歴のあるリバーブ除去、アダプティブ・イコライザー、ポリフォニック・ピッチ・プロセッシング・プラグインであるUNVEIL、UNFILTER、PITCHMAPと一緒に、ZAP Bundleの一部としてバンドルされています。

これらのツールを組み合わせることで、オーディオの核心にかつてないほどのアクセスが可能になり、その効率の良さに、今までどうしてこれを使わなかったのかと思うほどです。

システム要件

PC

  • Windows 7以降(32/64ビット)
  • 少なくとも 2 つのコアを備えた Intel CPU。i7 以降を推奨、Apple Silicon は Rosetta 2 経由でサポート
  • VST 2.4、VST 3、または RTAS/AAX 互換のホスト ソフトウェア (オーディオを 32 ビット浮動小数点として処理)
  • AAX Native 32-bit の場合 (Pro Tools 10.3.6 以降が必要)

MAC

  • macOS 10.12 以降(Rosetta 経由でサポートされる M1 Apple Silicon Mac) (32 / 64 ビット)
  • 少なくとも 2 つのコアを備えた Intel CPU。i7 以降を推奨、Apple Silicon は Rosetta 2 経由でサポート
  • AU、VST 2.4、VST 3、または RTAS/AAX 互換のホスト ソフトウェア (オーディオを 32 ビット浮動小数点として処理)
  • AAX Native 32-bit の場合 (Pro Tools 10.3.6 以降が必要)

ソフトウェアプロテクション

  • この製品を登録するには、無料のiLok アカウントまたは iLok 2 ベースのアクティベーションが必要です。
  • ソフトウェアのアクティベーションにはインターネット接続が必要です。

CPU負荷

Zynaptiq プラグインは高度に最適化されていますが、実行する魔法の複雑な性質により、大量の CPU を使用します。無料トライアルを使用して、ソフトウェアを効果的に利用するための十分なリソースがシステムにあるかどうかを評価してください。

Zynaptiq では、最適なパフォーマンスを得るために、再生バッファー サイズを少なくとも 512 サンプル、理想的には 1024 サンプルに設定することをお勧めします。 

Zynaptiq プラグインは他のソフトウェアにはない独自の機能を備えているため、Zynaptiq では、プラグインを最大限に活用するためにユーザー マニュアルを読むことを強くお勧めします。

*セール情報

2023年11月21日:

『Zynaptiq Black Friday セール 2023』で恐らく大幅に過去最安を更新しています。

通常価格:249ドル(359ドルから値下げ)

Black Friday セール特価:89ドル(64%OFF)

*上記の製品を購入時にセール元のPlugin Boutiqueで次の買い物から使用できるポイント「Virtual Cash」3.56英国ポンド分が進呈されます。

*購入地点の設定により価格が若干変化します(詳細記事)。

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2021年11月:359ドル→149ドル(Black Friday2021)
  • 2022年5月:359ドル→199ドル
  • 2022年11月:359ドル→139ドル(Black Friday2022)
  • 2023年7月:359ドル→139ドル
  • 2023年9月:359ドル→139ドル

Zynaptiq セール 関連記事

https://sawayakatrip.com/tag/zynaptiq