Excite Audio『Lifeline Console Lite』直感的なUIで簡単に様々なアナログ感を作り出せるマルチFXプラグイン

Excite Audio社(イギリス)が開発しているマルチFXプラグイン「Lifeline Console」のエントリー版『Lifeline Console Lite』。

「Lifeline Console」は、チャンネルストリップとマルチエフェクトでアナログ・サチュレーションをシミュレートするマルチFXプラグインです。

非常にパワフルなチャンネルストリップ型のエフェクターですが、スッキリしたインターフェイスなのでに直感的かつ簡単に操作できるようになっています。

*「Lifeline Console Lite版」と「Lifeline Console フル機能版」の違いについては、以下の記事内にある『バージョン比較表』のセクションをご覧下さい。

*また、このLifeline Console Liteをもらっておくと、上位版の「Lifeline Console フル機能版」が格安で手に入ります

スポンサーリンク

『Lifeline Console』インスタントなアナログ・キャラクター

ざっと見動画(55秒):

Lifeline Consoleは、アナログ・オーディオ・プロセッシングの暖かさと魅力で、レコーディングに命を吹き込む、クリエイティブなモジュール式チャンネル・ストリップ・プラグインです。

プラグイン内部には、5つのモジュールが用意されています。

5つのモジュールはそれぞれ特定のヴィンテージ・テイストを備えています。

  • プリアンプ」:カスタマイズ可能な周波数特性により、色彩豊かなサチュレーションでサウンドを暖め、強化します。


  • EQ」:アナログ回路で特徴的なスペクトルを形成します。


  • コンプレッサー」:ダイナミクスを素早く処理し、革新的なオートメイクアップ・コントロールを搭載しています。


  • モジュレーション」:ゆがんだレコードやテープスピードの変化のような動きと生命力を与えます。


  • Wear(劣化感)」:テープ、レコード、カセットテープのノイズ、アーティファクト、予測不可能な性質を取り入れ、オールドスクール・プレイバックの魅力と不完全さを追加します。

穏やかな光沢とサウンドのの強調、ノスタルジックでローファイなサウンドへの回帰、またはその中間など、あらゆるニーズに対応するモジュールの組み合わせが用意されています。

デモ動画

紹介動画(5分・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説動画(8分・自動翻訳の日本語字幕可能):

【Hiphop系】SumnSumnSumn HTK氏による解説動画(19:40・自動翻訳の日本語字幕可能):

【R&B系】デモ動画(13:36・自動翻訳の日本語字幕可能):

【ロック系】レビュー&ウォークスルー動画(12:38・自動翻訳の日本語字幕可能)

解説動画(32:41・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Lifeline Console』の詳細

「Lifeline Console」は、アナログ・オーディオ処理の温かみと魅力で、レコーディングに命を吹き込むチャンネルストリップ型のマルチFXプラグインです。

同じくExcite Audio社製の人気製品「Lifeline Expanse」が実際のレコーディング環境とリ・アンプ方法の空間と特性をシミュレートするのに対し、この「Lifeline Console」は、コントロールルームでのミキシングに焦点を当てています。

これにより、音楽制作時に求められるハードウェアとアナログフォーマットのあらゆるサウンドをDAW上で実現できるようになっています。

(*「Lifeline Console」と「Lifeline Expanse」は、「Lifeline Bundle」として一緒に購入できるお徳用バンドルも用意されています。)

「Lifeline Console」と「Lifeline Expanse」の5つのモジュールは、シグナルチェーンに特定のビンテージフレーバーをもたらします。

  • Pre-amp(プリアンプ)は、カスタマイズ可能な周波数特性により、色彩豊かなサチュレーションで信号を暖め、強化します。



  • EQは、アナログ回路を選択することで、特徴的なスペクトルを形成します。



  • Compressor(コンプレッサー)は、ダイナミクスを素早く処理し、革新的なオートメイクアップ・コントロールを搭載しています。



  • Modulation(モジュレーション)は、ゆがんだレコードやテープスピードの変化のような動きと生命力を与えます。



  • Wear(劣化感)は、テープ、レコード、カセットテープのノイズ、アーティファクト、予測不可能な性質を取り入れ、オールドスクール・プレイバックの魅力と不完全さを追加します。

穏やかな光沢と信号の強調、ノスタルジックなローファイ作品へのサウンドの劣化、またはその中間など、どんなニーズにも対応するモジュールの組み合わせが用意されています。

Excite Audio『Lifeline Console』の概要
  • リアレンジ可能な5つのエフェクト・モジュール


  • 各モジュールのインタラクティブ・ディスプレイ


  • 15種類のユニークなアルゴリズム


  • 左/右または中間/横のプロセッシングによるステレオ・コントロール


  • ヴィンテージとモダンのミキシング・デスク・スタイルの間のブレンド


  • Lifeline Console Liteにはミックスを開始するための100種類のプリセットが用意されています。
    (上位版の「Lifeline Console」は300種類のプリセット入りです。)


  • ゼロ・レイテンシー

Excite Audio『Lifeline Console』の特徴

プリアンプでウォーム感を強めることができます

録音された信号の最初のステージとして重要なプリアンプは、ゲインを追加するだけでなく、暖かさ、ドライブ、エキサイトメントを付与することもできます。

Console Liteのプリアンプは、このクラシックなプリアンプのワークフローとデジタル領域のカスタマイズ性を組み合わせ、回路の周波数応答カーブを作業中の楽器に完璧に適合するように形成することができます。

3つのモードにより、必要なドライブとエンハンスメントのタイプをさらに絞り込むことができます。

Brightは、ハイエンドの存在感と光沢を与え、空気のようにきらめく音質を実現することができます。

Warmは、ボディ感、滑らかさ、存在感を与え、特に中音域に有効です。

Darkは、低域に重みとパンチを与えます。

プッシュプル・サチュレーションは、ウェイトのある周波数特性で信号を暖め、全体のゲインを下げ、プリアンプのスペクトル特性のみを残します。

EQでシャープ感(トーンバランス)を調整

オーディオの周波数帯域を整形することは、各チャンネルの音色バランスを整え、ミックスの中で各要素の居場所を確保するために不可欠です。

Lifeline Console LiteのEQは、ハイとローのシェルフとカットをストレートに表現し、3つのモードから選ぶことができます。

ゲインモードは、シンプルで正確なEQの仕事をするためのクリーンな回路を提供します。

Vintage Circuitモードは、ブースト時に信号をドライブするための追加ハーモニクスを導入します。

ダーティサーキットモードでは、サチュレーションとディストーションをEQ処理に取り込みます。

これらのモードにより、Lifeline Console LiteのEQは、繊細なトーンシェイピングからパワフルなハーモニックエンハンスメントまで、あらゆる機能を提供します。

コンプレッサーでカラフルにダイナミックをコントロールできます

スタジオの黎明期から、コンプレッサーは音楽サウンドに欠かせない存在でした。現在では、コンプレッサーは以前にも増して多くの用途で使用されるようになりました。

Lifeline Console Liteのコンプレッサーモジュールは、個性的なダイナミクスコントロールを前面に押し出し、さまざまな音源や用途に合わせて3種類のコンプレッションタイプから選択することができます。

Compモジュールは、異なる制作タスクに対応するため、3つのコンプレッションスタイルを提供します。

Analogueは信号を滑らかにし、定評のあるコンプレッサー・ハードウェアの特徴を与えます。

Transparentは、クリーンでモダンなレスポンスを提供し、サウンドのボディを保ちながらピークをキャッチするのに適しています。

Variableは入力に依存したレスポンスで、ボーカルのスムージング、バスのグルーイング、マスタリングに最適です。

CompモジュールのコントロールにはThreshold、Makeup、Mixがあります。

Lifeline Console LiteのユニークなAuto-Makeupコントロールは、オーディオを聞いてオーディオ信号の平均を取り、必要なゲインを正確に適用することで、メイクアップ・ゲインのプロセスを簡素化します。

モジュレーションでノスタルジックなピッチワープ

アナログオーディオでは、再生速度が常に一定ではありません。この効果を再現することで、生気のないデジタルオーディオに暖かく、ノスタルジックな雰囲気を与えることができます。

Modulationセクションは、Tape、Vinyl、Cassetteで体験したピッチ変動の魔法を再現し、これらのメディアの特性を正確にコントロールしながら、音を歪ませる特性を再現します。

テープ・モードでは、速度と深さが補正された微妙なピッチ・モジュレーションを導入します(速度を上げると、それに対応して深さが下がります)。

レコード盤は、レコードの反りをシミュレートし、速度と深度を補正して適度なピッチ変調を与えます。カセットテープは、コンパクトテープに見られるような極端なピッチ変調を実現します。

Wearでクリエイティブなテクスチャーレイヤーを作ることができます

ヴィンテージ機器の信号劣化やピッチ変動は、物理的なフォーマットによって左右されるのが普通です。Lifeline Console Liteでは、あるフォーマットのワウエフェクトと別のフォーマットの物理的な摩耗をミックスすることが可能です。

ノイズ、ハム、アーティファクトを使って、サウンドのトーンとフィーリングを形作ることができます。

ミックスに生命感、リアル感、ローファイな質感を加え、サウンドデザインや制作ワークフローの一部として、これらの要素をクリエイティブに活用することができます。

テープ、レコード、カセットの3種類の劣化モードは、オーディオに3種類の劣化をもたらし、Ageコントロールは、これらのフォーマットで時間の経過とともに生じる飽和と劣化を導入します。

ヴィンテージ回路をブレンドできます

Lifeline Console Liteには、サウンドに最終的な磨きをかけるための3つのコントロールが用意されており、アナログの良さをさらに1層加えてエフェクトを完成させることができます。

Warmコントロールは、ミックス全体の低域を強調し、ボトムエンドを引き締めます。Shineコントロールは、ハイエンドの輝きを実現し、トラックにさらなるエッジを与える最終段階の輝きとして最適です。

ミキシング・デスク回路のCleanとVintageのエミュレーションを内蔵したTriangle Padで、セッションごとに理想的なコンソールを見つけ、ドライ信号との完璧なブレンドを実現できます。

Excite Audio『Lifeline Console』の機能

通常のメインページ(フル機能版、Lite版共通)
プリアンプをADV(詳細設定)にした状態(フル機能版のみの機能)
プリアンプとEQ、CompをADV(詳細設定)にした状態(フル機能版のみの機能)
  • 5つのエフェクト・モジュール(プリアンプ、EQ、コンプレッサー、モジュレーション、ウェアー)


  • 15種類のユニークなアルゴリズム(243種類の組み合わせ)


  • 各モジュールのインタラクティブ・ディスプレイ


  • 各モジュールに左/右、中/横の機能を搭載


  • ドラッグ&ドロップによるモジュール単位のワークフロー


  • スクロール&リサイズ可能なUI


  • 100種類のプリセット


  • ゼロ・レイテンシー
グローバル
  • リンク可能な入力/出力ゲインコントロール


  • ミキシングデスク回路をブレンドするためのトライアングルパッド


  • ウォーム&シャイン・フィニッシュ・コントロール


  • グローバル・バイパス
プリメインアンプ
  • 3つの「プッシュプル」サチュレーション・カーブ


  • ドライブ感のコントロール
EQ
  • 3つのユニークなEQサーキット


  • ハイシェルフ&カット


  • ローシェルフ&カット
コンプレッション
  • 3種類のコンプレッサー・アルゴリズム


  • スレッショルド、メイクアップ ゲイン、ミックス コントロール


  • インテリジェントオートメイクアップゲインボタン
モジュレーション
  • 3つのピッチモジュレーション・アルゴリズム

  • リアルな速度深度補正


  • WOW コントロール


  • ドライ/ウェットミックスコントロール
Wear(劣化感)
  • 3つのWear(劣化感)・モード


  • 各モードに4つのNoiseレイヤー(Amp/Hum/Mechanical/Dust)


  • 各アナログ形式のリアルなアーティファクト

  • モードごとのエイジコントロール

バージョン比較表

Excite Audio『Lifeline Console』には、フル機能版の「Lifeline Console」と機能を絞った廉価版の「Lifeline Console Lite」があります。

ライト版は、フル機能版に装備されているADV(詳細設定)機能が省略されています。また、左右&MS処理機能も省かれています。

特徴フル機能版Lite版
5種類のリサイズ可能なUIエフェクトモジュール
15種類のアルゴリズム
ドラッグ&ドロップによるモジュール式ワークフロー
ゼロ・レイテンシー
グローバル・コントロール
コンソール回路の2つのエミュレーション
ビジュアルフィードバック付きのメインページコントロール
アナログのアンプ、ハム、メカ、ダストノイズに対応
プリセット数350100
レフト/ライト、ミッド/サイド機能
各モジュールのインタラクティブなビジュアル表示
PRE

アドバンスド・コントロール:バイアス/Q/シェイプ/ローカット
EQ

アドバンスド・コントロール:ローベル/ハイベル/Q
COMP

アドバンスド・コントロール:レシオ / アタック / リリース / ニー / ステレオリンク
Modulation

アドバンスド・コントロール:フラッター/ワウ・オフセット/4種類のLFOシェイプ/DAWへのシンク
WEAR

ノイズ・コントロール:4つのインプット・リアクティブ・ノイズ・モード / アタック、サステイン、リリース
WEAR

Ageコントロール:アーティファクト・スピード / ドロップアウト・ゲイン&スピード / DAWにシンク

*上位版「Lifeline Console」の詳細記事:

システム要件

MacOS
  • macOS 10.9 以上 (Intel / M1 Apple Silicon 対応) (64 ビットのみ)

  • プラグインフォーマット:VST、VST3、AU、AAX、スタンドアロン


  • サポートされているDAW:Ableton Live、Pro Tools、Logic Pro、FL Studio、Cubase、Nuendo、Reaper、Reasonなど。


  • 互換性:64ビット互換のみ。
Windows
  • Windows7以降


  • プラグインフォーマット:VST、VST3、AAX、スタンドアロン


  • サポートされているDAW:Ableton Live、Pro Tools、Logic Pro、FL Studio、Cubase、Nuendo、Reaper、Reasonなど。


  • 互換性:64ビットおよび32ビット互換。

注意:このソフトウェアを認証するには、インターネット接続が必要です。

メーカーページリンク

セール情報

「Lifeline Console」には以下の四つの製品があります。

  • 【お得!】「Lifeline Console Lite版」(機能を絞った廉価版)

  • 【お得!】「Lifeline Console Lite」から「Lifeline Console フル機能版」へのアップグレード

  • 「Lifeline Console フル機能版」

  • Excite Audioの人気マルチFXプラグイン「Lifeline Expanse」と「Lifeline Console」のバンドル

セール総合ページ

『Lifeline Console Lite版』(機能を絞った廉価版)

通常価格:49ドル

*主なセール価格の推移:

  • 2022年5月:49ドル→39ドル(リリースセール)
  • 2022年6月:49ドル→29ドル
  • 2022年11月:49ドル→15ドル
  • 2022年12月:49ドル→29ドル
  • 2023年1月:49ドル→0ドル(クーポンセール)

『Lifeline Console フル機能版』

通常価格:69ドル → セール特価:49ドル

*主なセール価格の推移:

  • 2022年5月:69ドル→59ドル(リリースセール)
  • 2022年6月:69ドル→49ドル
  • 2022年11月:69ドル→39ドル
  • 2022年12月:69ドル→49ドル

「Lifeline Console Lite」から「Lifeline Console フル機能版」へのアップグレード

通常価格:25ドルセール特価:20ドル

*主なセール価格の推移:

  • 2022年6月:25ドル→20ドル
  • 2022年11月:25ドル→15ドル
  • 2022年12月:25ドル→20ドル

*上位版「Lifeline Console」の詳細記事:

【お得】2製品バンドル『Lifeline Bundle』

Excite Audioの人気マルチFXプラグイン「Lifeline Expanse フル機能版」と「Lifeline Console フル機能版」のお徳用バンドルです。

通常価格:139ドル → セール特価:79ドル

*主なセール価格の推移:

  • 2022年5月:138ドル→99ドル(リリースセール)
  • 2022年6月:138ドル→99ドル
  • 2022年10月:109ドル→99ドル
  • 2022年11月:109ドル→69ドル
  • 2022年12月:109ドル→79ドル
  • 2022年1月:109ドル→99ドル