【75%OFF】United Plugins『FireMaximizer』リリース特価セール!(簡単操作で詳細な設定を行うことができるラウドネス・マキシマイザー)

United Pluginsからマキシマイザー・プラグイン『FireMaximizer』がリリースされました。

この「FireMaximizer」は、搭載されている4種類のアルゴリズム「クリッパー」「サチュレーター」「リミッター」「マルチバンド・リミッター」を直感的にブレンドするとで様々な音楽制作に対応させることができる新感覚のマキシマイザー・プラグインです。

2023年1月17日:

リリース記念で75%OFFの超特価セールになっています。

通常価格:118ドルリリースセール特価:29ドル(75%OFF)

*セールは日本時間の3/1(水)夕方頃までの予定です。

スポンサーリンク

United Plugins『FireMaximizer』

ざっと見動画(1:28・自動翻訳の日本語字幕可能):

FireMaximizer は、柔軟かつ詳細な設定を行うことができるラウドネス・マキシマイザーです。

操作は極めて簡単です。 ドライブノブを調整しつつ、マキシマイズ・アルゴリズムをブレンドするだけです。

ラウドネス戦争は終わりましたが、サウンドをマキシマイズ(大きく)することは依然として重要です。

トラックによっては、パンチの効いたアグレッシブなサウンドが必要な場合もあれば、一方でクリーンで透明感のある仕上がりが必要な場合もあります。

「リミッター」ではスムーズすぎるし、「クリッパー」ではアグレッシブすぎる…。

そんな時、それらの機能を組み合わせてみてはいかがでしょうか?

この「FireMaximizer」は、自然な「クリッパー」「サチュレーター」「リミッター」「マルチバンド・リミッター」の4種類のアルゴリズムを備えています。

それらの機能をプラグイン中央に鎮座する「ブレンダー」を使用して直感的にブレンドすることで、マスター(または個々の楽器)が必要とするデジタルとアナログの正確な比率と透明度を得ることができます。

デモ動画

紹介動画(6:38・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(3分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『FireMaximizer』の特徴

FireMaximizerは汎用性の高いプラグインです

音楽のスタイルを問わないユニークなアルゴリズムの選択により、FireMaximizerは透明なものから残忍なものまで、あらゆるものにすることができます。

クリッパーとサチュレーターは、モダンなメタルやEDMのトラックをパンチの効いたアグレッシブなものにします。

リミッターはアンビエントやクラシックからポップスまで、あらゆるジャンルに対応する透明感のあるサウンドを生み出します。

楽器をパワーアップ

FireMaximizerは主にマスタートラックで使用されることを想定していますが、ほとんどすべての楽器トラックをパワーアップするために使用することも可能です。

ドラム、アコースティックギター、エレクトリックギター、そしてボーカルにも最適です。

16倍のオーバーサンプリング

FireMaximizerは最大16倍までのオーバーサンプリングが可能で、そのアルゴリズムは耳で聞くよりもずっと良い解像度で動作します(ただし最終的なサウンドには大きな影響を与えます)。

手間のかからないソフトウェア・プロテクション

クティベーションにiLok、ドングル、インターネット接続は必要ありません。

FireMaximizerは、ライセンスファイルを使用してソフトウェアをアクティベートするだけです。

購入したソフトウェアは、あなたがユーザーである限り、すべてのコンピュータで自由に使用することができます。

リアルな3Dでありながら柔軟なGUI

プラグインのフォトリアリスティックなグラフィックユーザーインターフェイスは、実際のハードウェアに触れているような感覚を与えます。

しかし、それは簡単にあなたのニーズに適応します。

右下の矢印をドラッグしてサイズを変更することができます。

あらゆるサンプリングレートで64ビットのオーディオ品質

このプラグインは、あなたが得ることができる最大のオーディオ品質を提供します。

内部で64ビットのオーディオ処理を行い、あらゆるサンプリングレートを扱うことができます。

192 kHzまたはそれ以上のサンプリングレートに対応します。

スマートバイパス

United Pluginsのプラグインはバイパスをインテリジェントに管理するため、パラメータを自動化する際にクリック音や有害なノイズを発生させることはありません。

また、レイテンシーを補正し、バイパス状態が完全に同期していることを確認します。

Intelligent sleep on silence

このプラグインは、処理を実行することに意味があるかどうかをインテリジェントに検出します。

もしそうでなければ、一時的にスリープ・モードをオンにします。

そのような状態では, それは他のプロセスのためのコンピューティングソースを保存するために、まったく事実上CPUを必要としません.

生涯無償のアップデートを提供

United Pluginsは現在のOSやDAWを常に把握しています。

United Pluginsのプラグインは陳腐化することはありません。

そして、あなたはいつでも無料で最新バージョンにアップデートすることができます。

システム要件

Windows

  • Windows 8/10/11 (64 ビット)
  • SSE2 をサポートする Intel/AMD プロセッサ
  • VST2/VST3/AAX対応ホスト

Mac

  • macOS 10.10 Yosemite – 12 Monterey (64 ビット)
  • SSE2 をサポートする Intel/AMD/M1 プロセッサ
  • VST2/VST3/AAX/AU対応ホスト

デモ版(Trial Version)もあります。

『FireMaximizer』の使用方法:簡易マニュアル

FireMaximizer は、最も柔軟で詳細志向のラウドネス・マキシマイザーです。

操作は極めて簡単です。

ドライブをダイヤルして、耳を使ってマキシマイズ・アルゴリズムを満足のいくようにブレンドするだけです。

コントロール

Drive

Driveは、入力増幅を制御し、出力ラウドネスを制御します。

しかしながら、それには限界があります。一度上げすぎると、歪みが増えるだけです。

それを賢く使用し、その後にラウドネス メーターを使用して、オーディオをマスタリングしているメディアの正しいラウドネスを生成できるようにします。

Ceiling

Ceilingは、出力レベルをコントロールします。

マキシマイザーはすべてを 0dBFS にし、このパラメーターを使用します。

出力をわずかに下げて、真のピーク、オーディオ圧縮アーティファクトなどに余裕を持たせることができます。

「真のピーク」と戦いたい場合は、オーバーサンプリングを使用することもお勧めします。

Clean

クリーンは、リミッターによって生成される歪みの量を下げることができますが、実際にはラウドネスが低下します。

クリッパーとサチュレーターには影響しません。

Look-ahead 

Look-ahead(先読み) は、小さなレイテンシーを導入することを犠牲にして、リミッターの歪みを潜在的に低下させます。

レイテンシー補正システムを更新する必要がある DAW によっては、変更時に音の不具合が発生する場合があります。

Mode

Modeは、マキシマイザーの特性を制御します。

XY パッド ノードをドラッグすることで、クリッピング、サチュレーション、リミッティング、マルチバンド リミッティングの混合比率を制御します。

Clipping

Clipping(クリッピング) は、メタル、ドラムンベース、ヒップホップなどのアグレッシブなジャンルに非常に役立ちます。

Saturation

Saturation(サチュレーション)はクリッピングに似ていますが、アナログの暖かみも生み出します。

したがって、アグレッシブなジャンルの場合、好みに応じてノードを中間のどこかに設定するのが一般的です。

Limiting

Limiting(リミッティング) は古典的なブリックウォール リミッターを提供し、スペクトルを変更したくないあまり攻撃的でないジャンルに役立ちます。

そのため、可能な限り透明になりますが、他のモードほど大きくはありません。

Multiband limiter

Multiband limiter(マルチバンド リミッター) は、ブリックウォール リミッターのマルチバンド バージョンです。

スペクトルの別々の部分でリミッティングを実行し、ラウドネスをさらに絞り出し、主に自然にフラット化する可能性があるため、ロック、ポップなどのさまざまなジャンルに役立ちます。

よりアグレッシブなジャンルに最適です。

Oversampling

Oversampling(オーバーサンプリング) は、プラグインの内部解像度を変更して、より良い品質の結果を達成します。

FireMaximizer トップ ツールバー

FireMaximizer には、ワークフローを改善できるいくつかの標準コントロールがあります。

「A、B・ボタン」と「コピー・ボタン」

プラグインは、A と B の 2 つの設定セットを記憶します。

これら 2 つのボタンのいずれかをクリックすると、これら 2 つの設定が切り替わります。

選択したものは赤色で強調表示されます。 これは、A/B チェックと最適な設定の選択に最適な方法です。

「コピー」ボタンは、現在の設定を他のスロットにコピーします (現在 A が選択されている場合、ボタンは現在の設定をスロット B にコピーします)。

プリセットと左右の矢印

プラグインには一連のプリセットが付属しており、ほとんどの場合にうまく機能します。

左右の矢印を使用するか、プリセット フィールドを直接クリックして、それらにアクセスします。

そこでは、独自のプリセットを保存して管理することもできます。

コンピューターでは、プリセットは次のパスに保存されます。

Windows:

C:\Users\ユーザー名\Documents\FireSonic\FireMaximizer

Mac OS X:

HOME/ドキュメント/FireSonic/FireMaximizer

元に戻すボタンとやり直しボタン

私たちは皆、ときどき間違いを犯します。

そんな時、この2つのボタンが役に立ちます。

元に戻すボタンは最後の変更を元に戻し、やり直しは元に戻します。

Bypass ボタン

プラグインが実際にサウンドを改善するかどうかを確認することを常にお勧めします。

これがバイパス ボタンの目的です。

多くの DAW では、DAW のバイパス ボタン (ある場合) と同期します。

右クリックの機能

プラグインの背景の任意の場所をマウスの右ボタンで右クリックすると、次の機能にアクセスできます。

  • GUI をパーセント単位で正確にスケーリングします。


  • バージョン情報を取得します。


  • 製品のWebページにアクセスし、サポートにアクセスし、オンライン ドキュメントにアクセスします。


  • サポートへ問い合わせ。


  • プリセット フォルダを開く(プリセットを手動で追加、配置、または削除するため)


  • プラグインの有効化/無効化


  • ライセンス マネージャーへのアクセス(プラグインまたは複数のプラグインを同時に有効化または無効化するため)


  • GPU アクセラレーションを無効/有効にします。


  • CPUパワーを節約するために入力または出力に音がない場合にプラグインを無効にする無音機能のインテリジェントスリープを無効/有効にします。


  • 特定のパラメーターのヘルプにアクセスするには、任意のコントロール (ノブ、ボタン) を右クリックします。

*セール情報

*United Pluginsのセールはこのようなリリースイントロセールセール時が一番安かったとなることが多いです。

通常価格:118ドル

リリースセール特価:29ドル(75%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。