*3/1(金)夕方までに終了する主要セールが多くなっています。
記事内に広告が含まれる場合があります

Native Instruments『Massive』用途の広い超定番シンセサイザー

Native Instrumentsが誇る超定番シンセサイザー・プラグイン『Massive』。

*記事中の表示される場合がある「セール終了予定日」は目安です(海外サイトは終了日がかなりアバウトで予定より早く切り上げたり、また延長したりする場合があります)。

広告

Massive

解説動画(8分):

Massiveは、ベースミュージック、ハウスミュージック系の音楽制作者にとってマストなシンセですが、それ以外のジャンルにも使える用途の広いシンセです。

多くのプロに使用されてきた歴史のあるシンセ。その機能は無限大です。

また、同じように歴史のあるシンセ「Sylenth1」と同様に、沢山の拡張サウンドプリセットが無料配布&販売されているのも大きな魅力です。

プリセットサウンドのデモ(2時間):

使い方解説動画 (1時間14分・自動翻訳の日本語字幕可能):

Massiveについて

  • 革新的なサウンドを創造するバーチャル・アナログ・アーキテクチャ

  • スタジオにもステージにも最適

  • 1,300以上のプリセットを搭載した膨大で幅広いライブラリ
MAXIMUM SONIC IMPACT

ベースミュージックを代表するこのパワーハウス・シンセサイザーは、妥協の無いサウンド・モンスターとして、多くのベースミュージックやエレクトロのプロデューサーに支持されています。

A MODERN MASTERPIECE

MASSIVEはベースとリードに特化した究極のシンセです。 バーチャル・アナログ・コンセプトが、コンテンポラリーで革新的なサウンドを創造します。

MASSIVEの簡潔なレイアウトと操作性により、即座に地面を揺るがすサウンドを表現できます。

妥協なきサウンド

MASSIVEがあなたのトラックにクリーミーでパンチの効いたベースを提供します。 グリットとダート・パイルド・ハイを加えることで、レーザーのような鋭いリードを創造します。

Waveテーブル・オシレターや、モジューレーション・オプション、フィルターとエフェクトにより、幅広く刺激的なサウンド・スペクトラムを提供します。

MASSIVE SELECTION

MASSIVEには、人気のアーティストやサウンドデザイナーによる1,300以上のサウンドを搭載しています。

効率的なサーチと直感的なフィルター機能は、特定のキャラクターと特徴による設定が可能で、音楽的かつ直感的なアプローチに最適です。

Massiveの詳細

重厚感のある定番シンセサイザー

ベース・ミュージックを定義したシンセ、このパワーハウス・シンセサイザーは、妥協のないサウンド・モンスターであり、ベース・ミュージックとエレクトロ・プロデューサーのための最高の選択です。

Massiveは、ベースとリードのための究極のシンセであり、サウンド・モンスターです。バーチャル・アナログのコンセプトとは裏腹に、現代的で最先端のサウンドを生み出します。シンプルな構成で使いやすいMassiveは、最初の一音から地響きのようなサウンドを生み出します。

Massiveは、最もクリーミーでパンチのある低音で、あなたのトラックに強固な基盤を与えます。シャープなリードサウンドは、グリットやダートを多用してもミックスを切り裂きます。さらに、圧倒的な数のウェーブテーブルオシレーター、モジュレーションオプション、フィルター、エフェクトが、幅広いサウンドスペクトルを提供し、感動を呼び起こします。

Massiveには、一流のアーティストとサウンドデザイナーによって作られた1300以上のサウンドが収録されています。効率的な検索と直感的なフィルター機能により、特定の特性や属性に応じたプリセットを見つけることができます – 特に音楽的で直感的なアプローチです。

マクロ・コントロール機能

Massiveのマクロ・コントロールは、Komplete Kontrol Sシリーズ・キーボードとMaschineハードウェアの8つのマクロ・ノブに自動的にマッピングされ、高速でダイレクトなコントロールを提供します。

サウンドの最も重要なパラメータはすべて事前に設定され、これらのコントローラーにマッピングされています。例えば、「Rhythm」をツイストするだけで、複数の基本パラメータが同時に変化する様子を見ることができます。

マクロ・コントロールは、Massiveのプリセットを瞬時に、そして深くカスタマイズすることを可能にします。マクロ・コントロールは、基本的に各サウンドを、互いにシームレスにモーフィングする可能性のあるサウンドの集合に変えます。

さらに、マクロコントロールは他のアプリケーションとの最も重要なインターフェイスです。これらはMIDIアサインメントのターゲットであり、MIDIラーン機能を使って簡単に設定することができます。また、Massiveをプラグインとして使用する際に、どのホストにも報告される最初の8つのパラメータでもあります。

独自のサウンド・シンセシス

Massiveのサウンドシンセシスは、3つのパラレルオシレーターモジュールに実装されたユニークなウェーブスキャニングアルゴリズムに基づいています。

このアルゴリズムは、最高のサウンドクオリティと柔軟性、制御性を兼ね備えています。Wave Scanningオシレーターをマルチトラック・シーケンサーとして考えてみてください。

縦方向では、Massiveの各オシレーターは、これらのトラックを互いにシームレスにフェードインさせることができます。横方向には、1サイクルの読み出し速度カーブを3種類のベンディングモードで操作することができます。

Massiveは、各ウェーブテーブルに無制限の数のトラックと、時間と周波数の設定に関連する2つの追加操作モードを備えています。もちろん、トラックは通常のノコギリ波やパルス波に限定されるものではありません。

Massiveには85の特別にデザインされたウェーブテーブルが搭載されており、それぞれがユニークな波形の組み合わせと特定の音波特性を備えています。

最後に、モジュレーションオシレーターは、メインオシレーターの信号を変化させるために使用することができます。リングモジュレーション、フェイズモジュレーション(FMに似たサウンド)、そしてさらなるモジュレーションモードに使用することができます。

ノイズジェネレーターは、他の信号と混合して特定の効果を生み出すことができる追加的な信号源となります。例えば、Massiveのコム・フィルターと組み合わせて、フィジカル・モデリング・アプローチでサウンド・デザインを行うことができます。

柔軟なルーティング

Massiveの基本構造は、よく知られた減算方式のシンセシスのパラダイムに準拠しており、理解しやすいと同時に、信号の流れが非常に柔軟になっています。

2つのインサート・エフェクトを信号の流れの中の様々な場所に配置することができます。

また、任意の位置で信号を取り出し、最初に戻すことも可能です。例えば、音をフィルタリングして、フィルタの入力に戻すことができます。

これにより、非常に生き生きとしたダイナミックな結果を生み出すことができます。フィードバック・パスにインサート・エフェクトを配置することで、柔軟性はさらに高まります。

オシレーターの信号を直接シンセサイザーの出力にルーティングし、すべてのフィルターやマスターエフェクトをバイパスさせることができます。

この機能により、レイヤーされた高度なモジュレーションサウンドに直接「パンチ」を加え、例えばサブベースを追加することができます。

モジュレーション・ソースを搭載

Massiveは数種類のモジュレーション・ソースを搭載しており、革新的なユーザー・インターフェースにより、どのパラメータにも簡単にアサインすることができます。

複数のパラメータを1つのマクロ・コントロールに割り当てることができ、技術的な設定を1つのコントロールに束ねることで、より音楽的なアプローチを実現します。

例えば、フィルターのカットオフ周波数を1つのマクロコントロールに割り当て、”Brightness “というラベルを付けることができます。

エンベロープの一部をループさせ、ループの開始点と終了点に対して異なるトランジションやクロスフェードをモーフィングすることができます。

その他にも様々なオプションがあり、Massiveのエンベロープは実にユニークなものとなっています。

Massiveには2つのステップシーケンサーモードがあります。

ステッパーはよく知られた確立された動作モードに準拠し、パフォーマーは各ステップを個別にシェイプすることができ、高度なリズム構造に理想的です。

さらに、フレキシブルな低周波発振器も搭載し、モジュレーション・ソースを充実させました。

このように、多彩な可能性を持つパフォーマーは、使い勝手の良さも兼ね備えています。

さらに、エンベロープ、LFO、ステッパー、パフォーマーなど、すべてのモジュレーション・ソースの標準的なタスクのテンプレートが含まれているため、その可能性はさらに広がります。

例えば、エンベロープを一般的なADSRのシェイプに設定するのは、ワンクリックで簡単に行えます。

フレームワークの変更

Massiveの様々なグローバル設定ページでは、他のほとんどのシンセサイザーが言及せず、調整もしないままにしているパラメータを調整することができます。

Massiveは、それらの真のサウンドデザインの可能性を解き放ちます。

キーボードやシーケンサーから入力されたピッチ情報をオシレータとフィルターに個別にマッピングするキートラッキングのページを搭載しています。

さらに、フィルターのカットオフ周波数や、バンドパス・フィルターの幅、コム・フィルターのフィードバックなどのパラメーターも個別にキートラッキングでコントロールできます。これにより、キーボードを弾くだけでコントロールできるエフェクトを作成することができます。

一般的なシンセサイザーと同様、レガート演奏時の音程間のグライドタイムを調整することができます。Massiveではさらに踏み込んで、ピッチベンドの範囲や各オシレーターの位相を調整することができます。

ボイシングページでは、ポリフォニックとモノフォニックのボイスハンドリングを切り替えられるほか、キーボードで簡単に音楽的な響きのトリルを演奏できるボイストリガーのオプションもいくつか用意されています。

1つの音で複数の音色をトリガーすることができます。オーケストラで複数のバイオリンが同じ「声」を奏でることで、より暖かく、より生き生きとしたサウンドになるように、ユニゾンはあなたのサウンドを厚く、生き生きとしたものにします。また、この機能は極端な設定も可能で、数オクターブにわたって音色を広げたり、ステレオパノラマを満たしたりすることができます。

ライブラリを搭載

Massiveには、旧製品である「Massive Expansion」1、2、「Urban Arsenal」1、2、「Massive Threat」のフルライブラリを含む、1300以上の制作可能なサウンドが収録されています。

すべてあらかじめマクロコントロールが設定されており、プロのサウンドデザイナーや著名なアーティストによって制作されています。

音楽と同じように、さまざまなスタイルが用意されており、現在取り組んでいる作品のテイストに関係なく、インスピレーションを与えてくれるでしょう。

ブラウザは直感的で扱いやすいだけでなく、瞬時に結果を出すことができます。

メーカーページリンク

システム要件

Windows (64 ビットのみ)

  • Intel Core i5 または同等の AMD CPU、4 GB RAM
  • スタンドアロン、VST、VST3、AAX
  • Windows 10 または 11

macOS (64 ビットのみ)

  • Intel Core i5 または同等の AMD CPU、4 GB RAM
  • スタンドアロン、VST、VST3、AU、AAX
  • macOS 10.15、11 または 12
  • Mac M1 互換

*この製品をダウンロードしてアクティブ化するには、インターネット接続と、OpenGL 2.1 以上をサポートするグラフィック カードが必要です。インストールしてアクティブ化すると、製品をオフラインで使用できます。

セール情報

通常価格:149ドル

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2023年2月:149ドル→39ドル

関連記事: