記事内に広告が含まれる場合があります

Rob Papen『B.I.T.』高品質&多機能&手頃な価格のバーチャルアナログシンセ

Rob Papenのシンセサイザー・プラグイン『B.I.T.』が期間限定セールになっています。

通常価格:99ドル → セール特価:74ドル

高品質なサウンドで評価が高い製品です。割引率は控えめですがRob Papenのセールは大体こんな感じです。

*セールは日本時間の4/2(日)夕方頃までの予定です。

*記事中の表示される場合がある「セール終了予定日」は目安です(海外サイトは終了日がかなりアバウトで予定より早く切り上げたり、また延長したりする場合があります)。

広告

Rob Papen『B.I.T.』

ざっと見サウンドデモ動画(1:49):

B.I.T.は、アナログ・モデリング・シンセシスに焦点を当てた、16ボイス・2 OSCのバーチャルアナログシンセサイザーです。

B.I.T.は、他のRob Papenのシンセサイザーに見られるような「アナログ・モデリング」と「ハイブリッド・シンセシス」の良いところを組み合わせたものではなく、「アナログモデリング・シンセシス」にフォーカスしています。

「B.I.T.」とは「Back In Time」(時をさかのぼる)の略です。

その名の通り、シンセサイザーの原点に立ち返り(Back In Time)ながら、同時に現代の音楽制作にも通用する「Be Inspired Today」な、多彩で高品質な音作りが可能です。

デモ動画

プリセットサウンドのデモ動画 1(9:47):

プリセットサウンドのデモ動画 2(9:43):

プリセットサウンドのデモ動画 3(11:58):

プリセットサウンドのサウンドのデモ動画 4(9:27):ベース・サウンド

オーディオデモ:

『B.I.T.』について

B.I.T.とはBack In Timeの略です。

B.I.T.は、他のRob Papenシンセサイザーに見られるように、アナログモデリングとハイブリッドシンセシスの長所を組み合わせるのではなく、アナログモデリング・シンセシスに焦点を合わせています。

なぜこのようなことをするのか、疑問に思われるかもしれません。

その背景には、クラシックなアナログタイプのシンセシスには独自の魅力があり、単にRob Papenブランドではまだカバーされていないだけだという考えがあるのです。

つまり、B.I.T.の内部にはスペクトル波形やサンプルはなく、純粋な「アナログ・モデリング・シンセシス」なのです。

B.I.T.にはパッチケーブルはありませんが、モジュール化されています。

B.I.T.にはパッチケーブルはありませんが、モジュール式です!

モジュレーションマトリックスはパッチングに使用されますが、オシレータの下にあるスマートな「アドバンスド」パネルも含まれています。

このアドバンスド機能(ADVスイッチを切り替えることでアクセス可能)では、LFOやエンベロープなど、B.I.T.内部のOscillatorパラメータに素早く接続することが可能です。

また、Oscillator 2をOscillator 1でモジュレートするオプションも含まれており、フェーズ・モジュレーション、周波数モジュレーション、リング・モジュレーションなどサウンド・パレットを拡張することができます。

Rob Papenシンセサイザーは、もちろんアルペジエーター(シーケンサーモードでも動作可能)なしでは不完全なものです。

B.I.T.に仕上げを加えるのは、もちろんFXセクションです。素晴らしいサウンドのFXがいくつか追加されています。

また、Rob Papenのリバーブも搭載されているので、リバーブをかけるためにアウトボードに接続する必要はありません。

B.I.T.は「Back In Time」の略ですが、アナログ・モデリング・シンセサイザーを使って「Be Inspired Today」という意味もあります。

ユーザーインターフェース

機能

  • 16ボイスのバーチャル・アナログ・シンセサイザー



  • 950以上の高品質なプリセット



  • 2つのオシレーターと、オシレーターの異なる部分をモジュレートするためのLFOとエンベロープを提供する専用アドバンスパネル



  • 各オシレーターのクラシック波形には「Tuned Noise」を搭載



  • 2番目のオシレーターは、サイン波、矩形波、ソー波形のサブオシレーターを搭載



  • Oscillator-2はOscillator-1からFM、PM、RINGモードでモジュレートできます



  • Oscillator-2はOscillator-1にシンクすることができます



  • オシレータは、「ウェーブ・フィードバック」機能を備えています



  • ホワイトノイズとピンクノイズの専用ノイズオシレーター



  • 11種類のフィルター・タイプとモードを持つ2つのアナログ・モデル・フィルター



  • フィルター・ルーティング・オプション:シリアル、スプリット・オシレーター、スプリット・ノイズ



  • 専用フィルター・エンベロープ(アタック、ディケイ、サスティーン、フェード、リリース)



  • フィルター・エンベロープ(テンポ・ベース・シンク・オプションとインバーテッド・モード付き



  • ベロシティ・コントロールとアタック、ディケイ、サステイン、リリースが可能なAMP



  • 16ステップと多くの異なるモードと詳細な機能とオプションがあるARP



  • ポリ、モノ、レガート・モードのPLAY MODE、ユニゾン・モードを含む



  • コーラスFX



  • フランジャーまたはフェイザーFX



  • ディレイとHQリバーブ (シリアル)



  • バンク・マネージャー



  • 100%、150%、200%のサイズオプション

システム要件

Windows

  • Windows 7/ Windows 8/ Windows 10 (32 & 64 ビット)

フォーマット:

  • VST
  • AAX (注: PT 12 以上の PC AAX)
  • NI NKSシステムに対応

マック

  • OS-X 10.9 – 10.15 (64 ビットのみ)

フォーマット:

  • AU
  • VST
  • AAX
  • NI NKSシステムに対応

ノート:

  • 製品を登録しながらアクティベーションを行うシリアル/ライセンス システム
  • 製品の元のシリアル/ライセンスを登録すると、2 台目のコンピューター/ラップトップ用の 2 つ目のシリアルが利用可能になります。

レビュー記事リンク

musicradarのレビュー記事リンク

ロブ・パーペンのシンセサイザーは、高価な競合製品に対抗できる優れたサウンドを備えています。

長所:

  • リッチでアナログなサウンド
  • 包括的なモデュレーション・システム
  • オシレーターのフィードバックがクール
  • 高品質なエフェクト
  • 非常に使いやすい
  • 優れたオシレーターのビジュアル化
  • コンパクトで頑丈な作り

短所:

  • モジュレーションの視覚化がない

Papenの完全な「アナログ」デビューは大成功を収め、大きく、頑丈で、徹底的に適応性の高いサウンドと、単一画面の分かりやすいインターフェースのおかげでスピーディーで効率的なワークフローを実現しています。

B.I.T.は、大地を揺るがすようなベースや表情豊かなリード、エピックなパッド、ファンキーなアープ、注目を集めるFX、パンチの効いたパーカッションなど、あらゆるものに対応し、アナログならではの微妙な揺らぎも含めて説得力のあるサウンドを提供します。

800以上のプリセットを搭載しているので、あなたが求めるサウンドはクリック数回で得られるかもしれません。

Rob Papenのシンセのレビューの最後に必ず書いていることですが、モジュレーションのフィードバックが表示されないのが気になります。

しかし、B.I.T.は多機能で手頃な価格のバーチャルアナログシンセであり、そのサウンドは文句のつけようがないものです。

*セール情報

通常価格:99ドル → セール特価:74ドル

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。