記事内に広告が含まれる場合があります

『Morph EQ』静的なサウンドに動きや質感を簡単に加えることができる優れたモジュレート・フィルター

Minimal Audio社が開発しているモジュレート・フィルター・プラグイン『Morph EQ』。手頃な価格と楽しい使用感で人気の製品です。

静的なサウンドに動きや質感を簡単に加えることができる優れたツールです。

積極的なサウンドデザイン(モーフィングエフェクト)と一般的なイコライジングの両方に使用することができます。

2023年11月20日:恐らく過去最安値を更新しています。

Minimal Audio Morph EQ Black Friday セール

*セール終了予定日:

  • 日本時間:11/27(月)19時頃までの予定です。
  • 英国時間:11/27(月)10時頃までの予定です。

*2023年11月27日追記:

サイバー・マンデー・セールで以下の日付まで継続しています。

  • 日本時間:12/5(火)19時頃までの予定です。
  • 英国時間:12/5(火)10時頃までの予定です。

広告

Minimal Audio『Morph EQ』

ざっと見動画(38秒):

Minimal Audio『Morph EQ』は、フィルターを変調し、新しい創造的な方法でサウンドを変形させることができるクリエイティブな EQフィルター・プラグインです。

実用的で使いやすいユーザーインターフェースで、クリエイティブなサウンドデザインを行うことができます。

デモ動画

紹介動画(4:44・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ&チュートリアル動画(10:21・自動翻訳の日本語字幕可能):

レビュー動画(6分・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(6:43・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(20分・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説動画(24分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Morph EQ』について

フィルター動作の構築

Morph EQの革新的で使いやすいモーフィング機能により、無限のカスタムフィルターパスを描き、ノブを回すだけでそれらをナビゲートすることができます。

統合マクロコントロール

フィルターシェイプをグローバルにシフトし、移動させるエレガントなコントロールでオーディオを彫刻します。

パスを通してモーフしたり、フィルタのカットオフをコントロールしたり、広いステレオエフェクトを簡単に作ることができます。

ミックスを完成させる

Morph EQを使えば、7種類のフィルタータイプを自由に組み合わせたり、リアルタイムでサウンドを分析したり、用途に合わせてフィルターのルーティングを変更したりすることができます。

多彩なプリセットライブラリー

ひねりの効いたエフェクトから本質的なミキシングまで、100以上のプリセットから選べます。

特徴

  • 100以上のプリセットと深いマクロコントロール



  • 統合マクロ・コントロール



  • 7種類のステレオフィルター



  • 描画可能なフィルターモーフパス



  • 高分解能スペクトラムアナライザー



  • ステレオ、シングルチャンネル、ミッドサイドのフィルタールーティング



  • フィルターゲインスケーリング



  • EQのUNDOとREDO機能で編集が楽になる



  • アナログインスパイアされたフィルター共振のための適応的なQモード



  • シリアルおよびパラレルフィルター構成



  • CPUに最適化されたアルゴリズムなど

システム要件

Mac

  • macOS 10.9 以降 (64 ビットのみ)
  • AU、VST、VST3、AAX

Windows

  • Windows 10 以降 (64 ビットのみ)
  • VST、VST3、AAX

*アクティベーションにはインターネット接続が必要です。

レビュー記事リンク

Music Radarによるレビュー記事リンク

Morph EQは、通常のEQインターフェイスにリアルタイム操作を加え、素晴らしいフィルタリング・エフェクトを実現します。

いつものEQに飽きた音楽制作者は、モーフィングデザインを採用したこの新しいEQで、音楽にスパイスを加えるために必要なものとなるでしょう。

長所:

  • フィルタータイプの選択肢が豊富。
  • フレキシブルでシンプルなモーフィングシステム。
  • グローバルカーブマクロコントロール。
  • ミッドとサイドを含む帯域別チャンネル処理。
  • フィルターバンドの試聴。

短所:

  • フィルターごとの個別バイパスはありません。

Morph EQ (AU, VST, VST3, AAX)は、Minimal Audioの柔軟なEQプロセッサーです。

その名の通りモーフィングエフェクトだけでなく、より一般的なEQ業務にも使用することが可能です。

無制限のフィルターバンドと7つのフィルタータイプ(ハイ、ロー、バンドパス、ハイ、ローシェルフピーク、ノッチ)、+/-36dBのゲインを備えています(関連箇所)。

主な機能としては、直列または並列の信号フロー、オプションでゲイン依存のフィルター幅、穏やかな飽和とパンチのあるソフトクリップの両方を設定できる出力リミッターなどがあります。

Music Techによるレビュー記事リンク

多くの人はEQをクリエイティブな効果としてではなく、機能的なプロセスとして捉えていますが、Minimal Audioのこの新製品は、まさにいじりがいのあるものです。

長所:

  • 必要な数だけEQバンドを搭載
  • バンドごとに7種類のフィルターが選べる
  • シンプルなバンドモーフィングとオートメーション
  • モーフとマクロのコントロールでEQをプレイアブル化
  • 直感的なEQグラフの可視化

短所:

  • 個々のバンドをバイパスすることはできません。

Morph EQは、従来のスタティックEQとして素晴らしい仕事をし、クリーンでありながら無機質なサウンドで、EQプラグインを積み重ねる必要がなくなるほどの多機能性を備えています。

しかし、モーフィングとマクロの機能を使えば、このプラグインのクリエイティブな可能性は一気に高まります。EQで遊ぶのがこれほど楽しいことはありません。

soundonsoundによるレビュー記事リンク

Morph EQは、静的なサウンドに動きや質感を加えるための優れたツールです。

微妙な音色の変化から極端な効果まで、あらゆることを実現できます。使い方は簡単で、素晴らしいフィルターエフェクトのライブラリーが付属しています。

長所:

  • 非常に複雑なムービングフィルターエフェクトが可能です。
  • 豊富なプリセットコレクション。
  • フレンドリーなユーザーインターフェイス
  • フィルターごとにL-RステレオとM-Sモードがあります。

短所:

  • モーフ、シフト、ピンチの各機能に対して、LFOやエンベロープの制御はできません。

Morph EQ は非常にクリエイティブな可能性を秘めており、ほぼすべてのジャンルに対応できます。

効果は急進的な場合もありますが、設定によっては非常に微妙な場合もあります。

しかし、EDM、アンビエント、チルアウト、サウンドトラックの作曲家は、おそらくその可能性に最初に気付くでしょう。

私はこれを試してみることを強くお勧めします。私にとって、これはすでに私の DAWで地位を獲得しているプラ​​グインです。

*セール情報

通常価格:49ドル

Black Friday セール特価:24ドル(50%OFF)恐らく過去最安値を更新しています。

*上記の製品を購入時にセール元のPlugin Boutiqueで次の買い物から使用できるポイント「Virtual Cash」0.96英国ポンド分が進呈されます。

*購入地点の設定により価格が若干変化します(詳細記事)。

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2023年3月:49ドル→34ドル