記事内に広告が含まれる場合があります

【無料】TAL Software『TAL-Vocoder V3』80sのボコーダーのサウンドを再現する11バンド搭載のヴィンテージ・ボコーダー・プラグイン

TAL Software『TAL-Vocoder』のメジャーアップデートバージョン V3がリリースされました。

引き続き無料で利用が可能です。

広告

『TAL-Vocoder』

ざっと見デモ動画(1:40):

「TAL-Vocoder」は、80年代前半のボコーダーのサウンドを再現する11バンド搭載のヴィンテージスタイルボコーダーです。

アナログモデル化された部品とユーザビリティにデジタルアルゴリズムをミックスし、卓越したボコーダーサウンドを作り上げました。

このプラグインには、クラシックなアナログ波形を作るためのVCO(電圧制御オシレーター)を搭載したシンセが搭載されています。

倍音を多用したキャリア信号を生成することができます。

新しい柔軟なサイドチェーンルーティングの可能性により、キャリア信号をプラグインに供給することもできます。

バージョン3.0.0の改良点(2023.04.24)

  • メーター付きのキャリアとモジュレーターのボリュームコントロールを新たに搭載。


  • サイドチェインシグナルを使用した柔軟なルーティングの可能性


  • ファイルプリセットブラウザを備えた新しいスケーラブルなUI


  • 多くの改善と修正。

100%の後方互換性はありません。特に、LとRチャンネルを使った入力モードのルーティングはもう利用できません。新しいサイドチェーンルーティングの可能性に置き換えています。

特徴

  • 11バンドボコーダーエンジン


  • 内部キャリアシンセ(パルス、ソー、サブオス、ノイズ、モノ、ポリ、ポルタメント、シンクモード、チューン)


  • 外部キャリア信号の使用も可能


  • ハーモニック・コントロール(キャリア信号にハーモニックスを加える)


  • “エス “エンハンサーで、きれいに聞き取れる声に。


  • サイドチェイン入力。


  • 現時点ではステレオチャンネルのみで動作します!

システム要件

プラグインフォーマット:

  • VST
  • VST3
  • AU
  • AAX

オペレーションシステム:

  • Windows Windows 7以上(64ビット版ホスト)


  • OS X: 10.9以上(64ビットホスト)

    Apple M1をネイティブでサポートするUniversal Binary 2


  • AAX:Pro Tools 10.3.6以降(64ビット)


  • LINUX:64bit / Ubuntu 18 または類似のもの

*配布情報