*本日(4/22)17時頃までに終了するセールが多くなっています。
記事内に広告が含まれる場合があります

【無料】Integraudio『Deelay』5つのモードと多くのディレイ・タイプのを備えたプラグイン

Integraudioの無料のディレイ・プラグイン『Deelay』を紹介します。

Deelayは、5つの動作モードと多くのタイプのディレイ・ステージを備えています。

広告

Integraudio『Deelay』

紹介動画(8:49・自動翻訳の日本語字幕可能):

Integraudio『Deelay』は、Sixth Sampleと共同で開発された現代のプロデューサーに向けた豊富な機能を持つ無料のディレイ・プラグインです。

ディレイ・エフェクトは、音楽プロデューサーにとって必要不可欠なものです。

事実上、すべてのDAWにディレイプラグインが付属しており、通常は問題なく使用することができます。

しかし、時にはサウンドデザインに特化したものが必要になることもあるでしょう。

Deelayは、5つの動作モードと多くの種類を持つディストーション・ステージを提供します。

同様に、無料や有料のプラグインではほとんど見かけない様々なパラメータを見つけることができます。

これらにより、ディレイの挙動をカスタマイズすることができます。

さらに、Deelayができることを発見するのに役立つ、複数のカテゴリーにレイアウトされた膨大な数のプリセットが特徴です。

特徴

多くの無料ディレイプラグインがシンプルすぎたり、複雑すぎたりする傾向がある中で、Deelayはむしろ良いバランスを保っています。

トラックルーティングで複数のプラグインを使用する必要があるような多くの機能を提供します。

同様に、ピンポンモード、モノラルスイッチ、ミリ秒モード、トリプレットとドッテッドタイミングのシンクモードといったクラシックな機能も備えています。

そのため、実験的な機能を探求している間の時間と労力を節約することができます。

ディフュージョン

Diffusionは、Deelayのエコーを汚して、エフェクトをリバーブのように聞こえるようにします。

ディフュージョンを少量追加することで、ディレイサウンドをよりはっきりさせることができます。

さらに、このプラグインでは、拡散の量、サイズ、品質を変更することができます。

拡散の品質スライダは、拡散のサウンドをどの程度汚し、どの程度滑らかにするかを変更します。

モード

Deelayは、ノーマル、リバースフォワード、ピュアリバース、カオス、リバースカオスの5つのディレイモードを提供します。

リバースフォワード」モードは、フィードバックシステムのためにディレイにフィードバックされる前にディレイサウンドを反転させます。

つまり、1回おきに反転したエコーを生成します。逆に、’pure reversed’モードは、すべてのエコーを反転させます。

「カオス」モードは、各エコーのピッチ間隔を変更します。私が見つけた最もクールな使い方の1つは、声を奇妙な、「悪」のキャラクターに変えることです。

さらに、さらに実験的なサウンドが必要な場合は、反転させたカオスモードを試してみてください。

プラグインが示唆するように、ディフュージョンとの相性は抜群です。結果はシマーリバーブに似ています。

ディストーション

このプラグインには11種類のディストーションが用意されており、ディレイウエットに適用されます。

サチュレーション、非対称、クリップ、チューブ、レクティファイ、クラックリー、ライトニング、アンプ、バンピー、カミソリ、ピクセル化などです。

おそらくご期待の通り、そのほとんどが名前の通りです。例えば、チューブディストーションはクラシックなチューブアンプを、アンプディストーションはクラスAアンプのサチュレーションをエミュレートしています。

しかし、他の歪みタイプは伝統的な歪みエフェクトをエミュレートしていません。

例えば、「crackly」はジリジリとしたワイヤーをエミュレートし、「pixelated」は低いビット深度でノイジーなローファイ効果を追加します

。同様に、「lightning」タイプは、ホワイトノイズと一緒に厳しい歪みを加えます。さらに、bumpyやrazorなどの他のタイプは、異なる周波数帯域を優先しているように聞こえます。

テープ

Deelayは、ユーザーインターフェイスの右下にTapeノブを備えています。

このパラメーターは、テープレコーダーのようなワウとフラッターを追加します。

さらに、プラグイン自身は言及していませんが、ワウ効果は30ipsのマスタリングテープに似ていると感じますが、フラッターはかなり強引です。

ですから、テープ・パラメーターを過剰に設定することなく、かなり説得力のあるテープ・エフェクトを実現するために試してみてください。

0msのディレイとテープ、そしてマイルドなピクセル化ディストーションを使えば、ディレイをテープエミュレータとして使うこともできます!

ダッキング

ユーザーインターフェースの真ん中にある一番上のパラメータがDuckです。

これは基本的にドライ信号が再生されるたびにウェット信号の音量を下げます。

なので、ドライ信号を濁らせないようにするのに優れています。

さらに、Deelayではダックのアタックとリリースのタイミングをカスタマイズすることができます。

サウンド

ディレイ・エフェクトとしてのDeelayは、完璧な透明性を持ち、必要な機能をすべて備えています。

しかし、ディストーションと一緒にフィルターセクションを追加することで、フィードバックサウンドを変化させることができます。

12dB/オクターブのスロープを持つように聞こえるハイパスとローパスのフィルターがあります。そして、それらをサイドチェイン入力やフィードバック出力に割り当てることができます。

同様に、様々なタイプのディストーションも非常に使い勝手が良い。実験的なものが多いので、頻繁に呼び出すことはできませんが、サウンドデザインをしているときに重宝するかもしれません。

さらに、エミュレーションには特に説得力を感じませんが、歪んだスラップバック・ディレイのような古典的なテクニックを加えるには便利だと思いました。

システム要件

Mac

  • macOS 10以降
  • 64ビットのみ
  • VST3とAU

Windows

  • Windows 10以降
  • 64ビットのみ
  • VST3

*配布情報