AudioThing『Wave Box & Space Strip バンドル』2製品バンドル(モジュラー型チャンネルストリップ&ウェーブシェイパー)

AudioThingの2つのFXプラグインのバンドル『Wave Box & Space Strip Bundle』が期間限定で超特価セールになっています。

*セールは日本時間の10/30(月)夕方頃までの予定です。

*本ページには広告が含まれています。

*記事中の「セール終了予定日」は目安です(海外サイトは終了日がかなりアバウトで予定より早く切り上げたり、また延長したりする場合があります)。

 

AudioThing『Wave Box & Space Strip バンドル』

このバンドル『Wave Box & Space Strip Bundle』には、以下の2つの製品が入っています。

AudioThing『Space Strip』

6つのFXでサウンドデザインできるモジュラー型チャンネルストリップ

ざっと見紹介動画(2分19秒):

AudioThing『Space Strip』は、6つのFXでサウンドデザインできるモジュラー型チャンネルストリップFXプラグインです。

このSpace Strip、6つのモジュラーからなるチャンネルストリッププラグインです。

(6つプラグインが一個にまとまったプラグイン。)

以下の6つのモジュールからなり、それぞれ独立した機能を有しています。

  • Contour (2バンドEQ)

  • Vibe (ステレオビブラート)

  • Slapback (短いエコーモジュール)

  • Ambience (短いリバーブモジュール)

  • Ensemble (多声のコーラス)

  • Stereo (ステレオ操作)

各モジュールは、ドラッグ&ドロップで任意の組み合わせに配置することができます。(好みでモジュールの順序を変更可能なので、音作りの幅は意外と広いです。)

各自のアイディアで好きなように使えば良いと思いますが、一応、メーカーの説明では、「シンセとキーボードに奥深さとスペース感を追加することに向いているよ!」と言うことです。

また、CPUに対する負荷は軽め。操作系統は、かなりシンプルでソフトへのお任せ感が強く、扱いは楽。

デモ動画(3分11秒):

サウンドデモ:

レビュー動画(3分):

Space Stripの詳細

モジュラーマルチエフェクトチャンネルストリップ

Space Stripは、6つのモジュールを搭載したマルチエフェクト・プラグインです。

Contour、Vibe、Slapback、Ambience、Ensemble、Stereoの6つのモジュールを搭載しています。

各モジュールは、ドラッグ&ドロップで自由に組み合わせることができます。Space Stripは、シンセやキーボードを中心としたサウンドに深みと奥行きを与えます。

このプラグインは、CPUに負担をかけないように最適化されています。

ドラッグ&ドロップ

チャンネルストリップは、ドラッグ&ドロップで簡単にカスタマイズできます。

デフォルトでは、マスターモジュールを除くすべてのモジュールを移動・再配置して、さまざまな信号の流れを作ることができます。

特徴
  • 6つのモジュール Contour、Vibe、Slapback、Ambience、Ensemble、Stereoの6つのモジュールを搭載

  • すべてのモジュールをドラッグ&ドロップで配置可能

  • 軽快なCPU動作
Space Stripのシステム要件

Mac

  • OS X 10.9 – macOS 12 Monterey
  • 2GHzのCPU、4GBのRAM
  • VST2、VST3、AU、またはAAX(64ビットのみ)

Windows

  • Windows 7、8、10
  • 2GHzのCPU、4GBのRAM
  • VST2、VST3、またはAAX(64ビットのみ)
Space Stripの単体セール情報

通常価格:59ドル

『Wave Box』

ダイナミック・デュアル・ウェーブシェイパー(パワフルで楽しいディストーション)

紹介動画(5分・日本語字幕可能):

Wave Box は、エレクトロニック・ミュージシャン、プロデューサー、ミキシング・エンジニアが、サウンドにエッジを加えたり、素直に音を消したりと、様々な用途に使用できるパワフルで楽しいディストーション・プラグインです。

以下のサウンドや用途に最適です。

  • ギター
  • ドラム
  • オルガン
  • クリエイティブなサウンドデザイン

AudioThings社の定番プラグイングイン(同社の看板製品の一つ)。

ウェーブシェイパーとは、固定または可変のシェイピング機能を適用することで、入力信号を出力にマッピングするディストーションの一種です。

マイルドなチューブ風味のオーバードライブから極端なデジタル・ハーシュネスまで幅広く対応しています。サウンドにエッジを加えたり、素直に音を消してしまったりするプラグインを探しているエレクトロニック・ミュージシャン、プロデューサー、ミキシング・エンジニアに最適な製品です。

旧UIだった頃の解説動画(4分・日本語字幕可能):

Wave Boxの使い方TIPS動画(4分・日本語字幕可能):

オーディオデモ:

Wave Boxの詳細

Wave Boxは、2つのLFOと1つのエンベロープ・フォロワーによって変調されながら、2つの独立したウェーブシェイパーをミックスすることができるダイナミック・デュアル・ウェーブシェイパー・プラグインです。

あらかじめ定義された6つの関数(tanh、sinh、sin、linear、floor、round)を組み合わせて調整することで、自分だけのウェーブシェーピング・カーブをデザインすることができます。

マイルドなチューブ風味のオーバードライブから、極端なデジタルハーシュネスまで幅広く対応しています。

Wave Boxは2つのモードのウェーブシェイピング・ディストーションを備えています。

  • Symmetrical Mode(シンメトリカルモード)

    シェーピング機能は信号のプラスとマイナスの両方に影響を与えます。このエフェクトは奇数のハーモニクスを生成します。両方のウェーブシェイパーは、同じシェイピング機能でユニゾンで動作します。このモードでバイアス・ノブを使用すると、2つのシェイピング機能の間のブレンドを決定します。



  • Asymmetrical Mode(非対称モード)

    このモードでは、シェイピング機能を分割して、信号のプラス側とマイナス側にそれぞれ適用します。このモードでは、均一なハーモニクスを作り出すことができます。このモードでは、バイアスがポジティブとネガティブの間のオフセットをコントロールします。

Wave Boxには、2つのウェーブ・シェイピング・エンジンに加えて、信号のハーモニック・コンテンツをさらに向上させるための追加機能がいくつか搭載されています。

Wave Boxの特徴
  • 2ウェーブシェイパー

  • 6つのシェイピング機能

  • 6つの波形を持つ2つのLFO

  • エンベロープ・フォロワー

  • 最大16倍のオーバーサンプリング

  • 30種類のプリセット

  • ランダマイザー付きプリセットシステム

  • フォーマット:VST、AU、およびAAX(32/64ビット)

  • プラットフォーム:OSX、Windows
Wave Boxのシステム要件

Mac

  • OS X 10.9 – macOS 12 Monterey
  • 2GHzのCPU、4GBのRAM
  • VST2、VST3、AU、またはAAX(64ビットのみ)

Windows

  • Windows 7、8、10
  • 2GHzのCPU、4GBのRAM
  • VST2、VST3、またはAAX(64ビットのみ)

メーカーページリンク

Wave Boxのの単体セール情報

通常価格:49ドル

*セール情報

通常価格:108ドル

セール特価:18ドル!!(83%OFF)

*セール元のAudio Plugin Dealsでは、上記の製品を購入時に以下の製品が無料でプレゼントされます。