記事内に広告が含まれる場合があります

iZotope『Tonal Balance Control 2』ユーザーのリスニング環境を克服し、リスナーに伝わるバランスの取れたミックスを実現するプラグイン

Tonal Balance Control 2は、ユーザーのリスニング環境を克服し、リスナーに伝わるバランスの取れたミックスを実現するプラグインです。

広告

『Tonal Balance Control 2』

リスナーに伝わるバランスの取れたミックスを実現するプラグイン

iZotopeによる紹介動画(2分・自動翻訳の日本語字幕可能):

業界初のビジュアル分析を導入し、NeutronとOzone Equalizerモジュールのすべてのインスタンス間で通信することで、目的の結果にすばやく到達できるようになっています。

この新しいプラグイン間通信により、マスタリングの妨げとなるミックスの問題を修正し、両者のギャップを埋めることができます。

もうコンテキストを切り替えたり、複数のウィンドウを開いたりする必要はありません。

何万ものプロフェッショナルなマスターに基づいたターゲットに合わせてトラックを調整したり、パーソナルライブラリの1曲または複数の曲から独自のターゲットを作成することができます。

【Ozone 9 チュートリアル】最適なトーナルバランスへと導いてくれる「Tonal Balance Control」の使い方(3分):

iZotopeによる解説動画(8:29・自動翻訳の日本語字幕可能):

Tonal Balance Control 2とは

Tonal Balance Control 2は、ユーザーのリスニング環境を克服し、リスナーに伝わるバランスの取れたミックスを実現するプラグインです。

Tonal Balance Control 2には、何十年にもわたるマスタリングの専門知識が詰まっています。

トラック内の周波数のバランスを確認し、何千ものプロのマスタリングをベースにした12の異なるジャンルのターゲットと比較する事ができます。

また、自分のオーディオファイルをアップロードして「独自のカスタムカーブ」と比較したりすることも可能です。

境界線から外れた周波数をソロにしたり、Neutron 3、Ozone 9、その他互換性のあるiZotopeプラグインと連携するコントロールを使って、Tonal Balance Control 2からミックス全体を調整することができます。

Tonal Balance Control 2から離れることなく、他の互換性のあるiZotopeプラグインのEQとゲインをコントロールすることもできます。

ミックスの信頼性を素早く確認したい場合でも、最終的なマスターを完成させたい場合でも、Tonal Balance Control 2はあらゆるプロジェクトで効果を発揮します。

Tonal Balance Control 2の機能

  • 自信を持って制作を行うことができる

    Tonal Balance Control 2は、人気のある音楽ジャンルを代表する12のターゲットカーブを搭載しているので、どんなリスニング環境でも目標を維持することができます。

    あなた自身のオーディオファイルをロードして、特定のバイブを探しているときのためのカスタムカーブを作成しましょう。




  • セッション中の問題を修正できる

    Tonal Balance Control 2は、セッション中にiZotope Neutron 3やOzone 9プラグインのEQを開くことができるので、1つのプラグインウィンドウからバランスの問題を修正することができます。

    Tonal Balance Control 2は、iZotope Nectar 3やVocalSynth 2などのプラグインと連携して、自分のボーカルが全体のバランスにどのようにフィットしているかを確認することができます。




  • 全体像を把握できます

    改良された「流体測定」と「サイズ変更機能」により、トーンバランスの細部まで見やすくなりました。

    ブロードビューモードでミックスの全体像を把握したり、ファインビューに切り替えて問題のある部分を拡大したりすることができます。

    周波数をソロにすると、トーンバランスに影響を与えているものを正確に聞くことができます。

    また、Ozone 9やNeutron 3のEQとの連携を容易にするスケーリングの改善により、トラックの問題を素早く修正することができます。
Target Curves(ターゲット・カーブ)

*バージョン2ではアップデートされました。

Tonal Balance Control 2は、様々なスタイルやジャンルのオーディオを何十年にもわたって録音してきたオーディオの分析から導き出された、12のターゲットカーブのセットを提供しています。

あなたのスタイルが大音量のローエンドや鮮やかな高音を必要とするかどうかに関わらず、「ロック」から「レゲエ」まで、ジャンル別のカーブで常にベンチマークを得ることができます。

お気に入りの曲のバランスを確認し、そのサウンドに合わせてマスターを微調整しましょう。

ターゲットカーブを使って、あなたの音楽を軌道に乗せ、オーディエンスに翻訳するのに役立ちます!

  • 新機能:Tonal Balance Control 2には、9つの新しいジャンル別ターゲットが含まれています。そして、合計12のカーブが用意されています。

    ジャズ、R&B/ヒップホップ、ポップなどのスタイルのトーンバランスを測定できるようになりました。

    あなたの音楽がラジオのトップ50やクラシックの聴衆のためにどのように翻訳されるかを見てみましょう!



  • ブロードビューまたはファインビューモードを使用して、トーンバランスの異なる視点を得ることができます。

    ブロードビューでは、低域、中低域、中高域、高域の一般的なバランスを測定し、一目でわかるようにします。

    ファインビューでは、より狭い範囲の小さなバランスの問題を捉えるためにズームインすることができます。



  • 独自のオーディオファイルをロードして、独自のカスタムカーブを生成することができます。
ミックスの問題を見つけて修正できる

Tonal Balance Control 2は単なるメーターではありません。

付属のRelayプラグインに接続することで、リアルタイムでトーンバランスを確認しながらトラックのレベル調整を行うことができます。

セッションにNeutron 3やOzone 9を使用している場合は、Tonal Balance Control 2からそれらのEQを開き、個々のトラックやマスターのトーンをより細かく調整することができます。

iZotopeツールのパワーを組み合わせてセッションをまとめ、ミキシングやマスタリングのワークフローをスピードアップさせましょう。

  • 新機能:Relayを使って、トーンバランスのターゲットに対するトラックのスペクトルを表示。

    トーンバランス・コントロール2からRelayのゲイン・コントロールを変更して、ターゲットに対して素早く調整できるようになりました。



  • セッション中のOzone 9やNeutron 3プラグインのEQと相談して、ゲインを変更せずにバランスを微調整することができます。



  • alt/optionキーを使って周波数エリアを「ソロ」することができ、ミックスのどの要素が全体のトーンバランスを構成しているかを確認するのに役立ちます。
iZotope Relay

RelayはTonal Balance Control 2に搭載されており、個々のトラックに搭載され、ゲイン、パン、ハイパス、ステレオ幅のコントロールを備えたミニ・チャンネル・ストリップとして機能します。

Relayは他のiZotopeプラグインとの連携も可能で、機械学習機能を利用してマスキングの除去、ミックスのバランスやフォーカス、ダイアログの明瞭度のモニターなどに役立ちます。

素早く簡単にトリミングやスウィートニングを行うツールとして、また高度なワークフローを節約するツールとして、Relayはあらゆるセッション・テンプレートに最適な選択肢です。

  • パン、ゲイン、幅をコントロールし、DAWフェーダーをいじったり、CPUを大量に消費したりすることなく、トラックにハイパスフィルターを追加することができます。




  • Tonal Balance Control 2では、個々のトラックの周波数をターゲットカーブと照らし合わせて表示し、リアルタイムでバランスターゲットに合わせて調整することができます。




  • Neutron 3のビジュアルミキサーを使えば、すべてのトラックをビジュアルな空間でミックスできます。

    トラックやバス上にRelayを配置した状態でVisual Mixerを開き、Neutron 3 Advancedに同梱されているVisual Mixerプラグイン内でパン、ゲイン、幅を直接調整できます。




  • Insight 2のIntelligibility Meterで明瞭度を測定:

    Insight 2のこの全く新しいメーターを使って、ボーカルの相対的な明瞭度を測定し、さまざまなリスニング環境でどれだけはっきりと聞こえるかを視覚化できます。




  • Nectar 3でボーカルからマスキングを除去:

    RelayはNectar 3のUnmaskモードと通信し、ボーカル・トラックからマスキング周波数を除去する自動処理を提供します。




  • Insight 2のスペクトログラムでミックス全体に対する異なるトラックのスペクトルを視覚化:

    Insight 2はRelayの個々のインスタンスと通信し、カスタマイズ可能なカラーでスペクトログラム上に表示します。



  • すべてのトラックにRelayが表示されている状態で、Mix Assistant(Neutron 3 Advancedで利用可能)を使って、セッションの初期レベルバランスを自動的に設定することができます。



  • Relayは、Tonal Balance Control 2、Neutron 3 Advanced、Insight 2、Nectar 3に無料で付属しています。

システム要件

オペレーティングシステム

  • Mac

    macOS High Sierra (10.13.6) – macOS Monterey (12.3.x) (Apple Silicon Mac は VST3、AU ではネイティブにサポートされ、AAX、VST2 では Rosetta 2 経由でサポートされます) ) (64 ビットのみ)


  • Windows

    Windows 10~11 (64 ビットのみ)

プラグイン形式

  • AU
  • AAX
  • VST2
  • VST3
  • すべての形式は 64 ビットのみです。

サポートされているホスト

Logic Pro、Ableton Live 10 ~ 11、Pro Tools 2021、FL Studio 20、Cubase 10 ~ 12、Nuendo 11、Sound Forge Mac 3、Studio One 5、REAPER 6、Reason 12、Audition CC、Premiere Pro CC。

『Tonal Balance Control 2』の単体セール情報

通常価格:199ドル

*上記の製品を購入時にセール元のPlugin Boutiqueで次の買い物から使用できるポイント「Virtual Cash」約7.85英国ポンド分が進呈されます。

*購入地点の設定により価格が若干変化します(詳細記事)。

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。