記事内に広告が含まれる場合があります

ADSRで買い物する人全員に『Martinic:AX Chorus』を無料進呈(39ドルのコーラスFXプラグイン)

プラグイン&サンプル販売の老舗サイト「ADSR」で、今月のセール期間中(2024年6月中)に買い物をする方全員に、Martinic社のコーラスFXプラグイン『AX Chorus』(通常価格:39ドル)が無料進呈されます。

*価格を問わず有料の製品を購入したら貰うことができます。

*このキャンペーンは日本時間の2024年6月末頃までの予定です。

広告

Martinic『AX Chorus』コーラスFX

Martinic『AX Chorus』は、オリジナルの「AX73」と「AX60」ハードウェア・シンセに搭載されていたアナログ・コーラス・エミュレーションを搭載したコーラス・オーディオ・エフェクト・プラグインです。

Widthコントロール、Eq、テンポシンクも含まれています。

ざっと見動画(28秒):

Martinic『AX Chorus』について

コーラス

あなたのプロダクションに即座にアナログ・キャラクターを加えるユニークなコーラス。

アナログ・コーラス・エフェクトのAX60とAX73の両モデルに加え、モノラルとステレオのオプションが用意されています。

3バンドEQとDAWとのテンポ・シンクにより、どんなトラックにも完璧なサウンドを作り、温かみを加えることができます。

BBDチップの本質を捉える

AXコーラスは、AX73とAX60のシンセサイザーに搭載されているACEモデリングMN3009 Bucket Brigade (BBD)チップをベースにしています。

私たちは、オリジナルのシンセサイザーに搭載されていたモノラル入力バージョンと100%同じコーラスでプラグインを開発し、ステレオ・エフェクトにするオプションを追加しました。

Akaiはコーラスを独立したエフェクトとしてリリースしていなかったので、1980年代にコーラスがどのように見えたかを想定し、AX73とAX60の両方のコーラス・エフェクトを1つのユニットに収録しました。

AX Chorusには16のデフォルト・プリセットが付属

これらのプリセットにはAX73とAX60が含まれており、MartinicのAX73プラグインに収録されている2種類のコーラスをモデルにしています。

特徴
  • アナログBBDコーラスの正確なエミュレーション

  • 2つの異なるモデルを含む AX73とAX60

  • コーラスレートは0.01Hzから20Hzまで調整可能

  • 16小節から1/64音符までのホストテンポ同期(オプション)

  • コーラス・ミックスを0%から100%まで調整可能

  • コーラス信号をシェーピングする3バンドEQ(オプション)

  • ステレオ入力と処理

  • ステレオ幅調整

  • 出力ボリューム・コントロール

  • 16種類のプリセット

システム要件

Mac

  • OS X 10.9 (Mavericks) またはそれ以降
  • 64ビットプラグイン

Windows

  • バージョン7以降
  • 32ビットまたは64ビットプラグイン

メーカーページリンク

単体セール情報

通常価格:39ドル

ADSRのセール情報

以下のリンク先にある有料の製品ならどれを購入しても上記の製品が無料で付属します。

*お会計時のオマケの貰い方

ADSRでお好きな製品を購入時に注文ページに行くと、自動的にオマケがカートに追加されているはずです。