Top 5 Fridayによる「リミッター」プラグインのベスト5

 

またまたやってきましたPluginBoutiqe社の恒例のビデオブログ『Top 5 Friday』。

今回は、日々の音楽制作に欠かせない『リミッタープラグイン』のトップ5です。

   

解説は、おなじみUKのドラムンベース系音楽プロデューサーTim Cant氏。

以下の各プラグインに対する評論は、Tim Cant氏のコメントの意訳です。

   

 

Top 5 Friday | Best Limiter VST Plugins | Mastering VST Plugins

  

 

5. Inflator V3 (Sonnox) 

  

  

Sonnoxは、長い実績を持った伝統的なプラグインを有する信頼できるメーカー。

そして、そのSonnoxの「インフレータ・リミッター」は、長年にわたって数々のトラックをリミッティングしています。

伝統的なミキシングとマスタリングエンジニアリングの世界から来ている「Sonnox流のアプローチ」は、このプラグインにもある4つの主要なコントロールが示すように、すべてアナログスタイルです。

 
出力および入力フェーダーを使用して、意図したリダクションを設定します。
次に、カーブとエフェクトフェーダーを使用して、サウンドの中で実際に何が起こっているかをコントロールします。

 

十分なカスタマイズ性と余計な手間のかからない、十分に制限されたリミッティング。

あなたが、アナログスタイルのリミッターが必要な場合、まずこのプラグインを候補に含めてみてください。

   

Sonnox Oxford Inflator and Limiter Review & Giveaway – Warren Huart: Produce Like A Pro

    

  

Show And Tell Of Sonnox Oxford Inflator

  

    

 

     

   

  

 

4. Elephant (Voxengo) 

 

Elephantは、0dBを超える無謀なサブシグナルを確実に刺激し、オーディオから余分なエッジを引き出すナンセンスなツールです。

 

入力ゲインと出力シーリングの2つの主要なコントロールは、あなたの期待値を設定するのに役立ち、オプションのリリース設定も確認できます。(これにはDCフィルタリング、ディザなどもあります。)

    

マスタリングリミッターであるElephantのレベルメータリングはオンポイントである必要があります。また、メータリングの設定方法を選択するためのオプションセットとともに、振幅に何が起こっているかを正確に高解像度で読み取ることができます。

 
Elephantは115ポンドです。これは、ブロードキャスティング(放送関係)のビジネスをしているのであれば、大金にはならないでしょう。

   

     

 

  

 

  

3. Pro-L 2 (FabFilter) 

 

FabFilterの優れた機能の活用により、Pro-Lでは、さまざまなスタイルとモードを制限して、好きなだけカスタマイズしてピークを削減できます。

 
Pro-Lには、アタックとリリースのコントロール、先読み、およびニーズとソース素材に応じて、左右のチャンネルをリンクするさまざまな方法が備わっています。

 

それ以外にも、ライナーフェーズのオーバーサンプリング、ディザリング、ノイズシェーピング、およびサラウンドサウンドのサポートにより、Pro-Lはプロエンジニアにとって非常に簡単かつ便利なプラグインに仕上がっています。

ただし、安くはありません。£152です。

 

Review – FabFilter Pro-L 2 True Peak Limiter Plug-in

  

  

FabFilter Pro-L 2 Limiter | How To Tutorial | In Use Limiting

  

  

Review – FabFilter Pro-L 2 True Peak Limiter Plug-in

 

 

    

        

 

       

 

2. Limiter 6 GE (Tokyo Dawn)

 

Tokyo Dawn’s Limiter 6「Gentleman’s Edition(紳士版)」は単なるリミッターではありません。  
コンプレッサー、クリッパーなどの機能も搭載されています。

  

Tokyo Dawnの「Molot コンプレッサプラグイン」のアルゴリズムのおかげで、Limiter 6はコンプレッサー機能を備えており、ミキシング用のツールとしても最適です。

加えて、モジュールを並べ替えることができるため、シリアルコンプレッションなども簡単です。

また、ミッド/サイドまたはレフト/ライトモードがあり、どちらのフォーメーションでもリンク解除することができます。

 

リミッター機能では、「Limtter 6」をターゲットレベルに設定し、それ自体でリダクションを行うことができます。自動パッドボタンを使用して、前後のシグナルを簡単に比較できます。

  

  

  

Introduction to TDR Limiter 6 GE

 

 

TDR Softclipping Tutorial [Mix Talk Monday]

 

関連記事:

TDR Limiter 6 GE フラッシュセール〔幅広い用途に使えるリミッタープラグイン〕
TDR Limiter 6 GE :用途の広く強力なサージカルダイナミクスシェーピング・リミッター。 多機能リミッター(ダイナミクス・プロセッサー)として揺るぎない地位を確立しているTokyo Daw Recordsの...

  

    

     

     

    

  

1.  Bute Limiter Stereo (Signum) 

 

Signum AudioのButeシリーズは分析プラグインとして始まりましたが、すぐに実際のリミッター機能を搭載するようになりました。

 

Bute Limiterにはステレオまたはサラウンドバージョンがあり、リリース形状、ゲインマッチング、およびおそらくあなたが望んでいたよりも多くの波形に関する5つの選択肢を備えた高度なリミッティングアルゴリズムを提供します。

  

Bute Limiterのステレオバージョンは70ポンドで、このまとめで他のほとんどの製品と比べてお買い得です。

 

     

      

『Bute Limiter』は、非常に滑らかで透明なリミッターです。

Bute Limiter: Seriously Smooth, Ultra-Transparent Limiting

 

Buteは、ラウドネス関連の問題に定期的に対処し、ワークフローを合理化したいプロフェッショナル向けに設計された直感的なプラグインです。

 

詳しい記事:(音の寄り道様)

Signum Audio – BUTE Limiterについて
今回はSignum AudioのBUTE Limiterについて書いていこうと思います。 目次 1. BUTE Limiter1.1. パラメータ1.2. リダクション1.3. オートゲインコントロール1.4. オートリリース1.5. リリ

Buteにはステレオ版とサラウンド版があります。

Bute Limiter Stereo

Bute Limiter Surround

    

   
  
  
  1. Bute Limiter Stereo (Signum) 
  2. Limiter 6 GE (Tokyo Dawn)
  3. Pro-L 2 (FabFilter) 
  4. Elephant (Voxengo) 
  5. Inflator V3 (Sonnox) 

  

5のSonnox社製「Inflator V3」は見事なリミッターなのですが、iLokのドングル(USB)が必要。そこが人によっては大きなマイナスポイントになると思われます。

使いやすさで見るならPro-L2が頭一つ抜きん出ている印象。値付けにはちゃんと理由がある思います。

コメント