【無料配布】Audio Assault『Transient+』 通常価格:10ドル(トランジェントデザイナー)

   

Audio Assault社のトランジェントデザイナー『Transient+』(通常価格:10ドル)が期間限定で無料配布されています。(11月30日頃まで。)

 

12月2日(月)追記:無料配布継続しているようです。

ぽんでり開発さまありがとうございす!

   

2019年12月11日 追記:2.35ドルになっています。。

Transient+

 

Audio Assault「Transient+」の使い方 Rock風のスネアを作る(Sleepfreaks DTMスクール)

  

  

    

Audio Assault『Transient+』は、タビーキックドラムを締め、不要なルームトーンを削除し、タムのディケイを強調し、ギターのDIを変換し、ボーカルに輝きを加えます。
   
 
  
Attack
Attackパラメーターは、検出されたトランジェントの強度をコントロールします。
アタックが高いと、楽器のアタックが知覚されやすくなり、高速のノートが演奏されているような印象を与えます。
低アタックは逆の効果をもたらします。
    
  
Sustain
Sustainパラメーターは、過渡後に検出される持続信号の強度をコントロールします。
高いサステインは、信号のサステイン部分の振幅を増加させ、ソースのディケイを増加させます。
低いサスティンは反対の効果をもたらします。
  
  
2X
2Xコントロールは、それぞれのアタックコントロールとサステインコントロールの効果を2倍にします。
  
クリップ
それぞれのセクションの出力でクリッパーをアクティブにします。これにより、Multi Transientの出力にハードデジタルの天井が与えられます。
これは、2Xスイッチがアクティブになったときに、過度に熱くなったトランジェントをクリップすることにより、トランジェントの強度を制御するために使用できます。
クリップエフェクトを誇張するには、出力コントロールを使用してクリッパーに押し込みます。
 
出力
ライナー・アウトプット・サーキット(線形出力回路)を使用して、適切な量の出力ゲインをダイヤルします。
  
  
フェーズ
プラグインの出力の極性を反転します。
  
バイパスを使用
すると、マルチトランジェントがバイパスされます。
  
  
MIX
完全に乾燥信号とチャネルのトランジェント検出および整形回路の出力との間のブレンド。
シェーピングされた信号の全体的な適切なブレンドを見つけたり、より微妙な並列トランジェントシェーピングエフェクトを作成したりできます。
   
   
互換性
Transient +は、32ビット版と64ビット版の両方で、MacおよびWindowsのVST / VST3 / RTAS / AAXおよびAU で利用できます。