10/1夕方まで【99ドル→9ドル】BeatSkillz『Slam Dawg』『Slam XL』90%OFFセール(ファットサウンド生成ツール)

 

BeatSkillz社の製品群の中で一番人気のプラグイン『Slam Dawg』(ダイナミックプロセッサー)。90%OFF来ています。

 

*特価セールは2019年10月1日夕方まで。

 

加えて、より多機能なSlam Dawgの上位版『Slam XL』もセールになっています。

 

詳細:BeatSkillzのセールページ

 

 

特にSlam Dawg XLの競合をあげておくと、Sausage Fattenerあたりが近い製品になるんじゃないかと思います。

以下に製品の簡単な説明も載せておきます。。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

BeatSkillz Slam Dawg

 

  

 

Beatskillz – Slam Dawg – [REVIEW]

 

ダイナミクスの処理やサチュレーション用のプラグイン。

ローファイサウンドなど今風のサチュっぽいサウンドを簡単が簡単に作れます。

(特に、EDMやTRAP、FUTURE BASSなどのエレクトリックミュージックフィットするプラグインです。)

  

Slam Dawgとは?

   

Slam Dawgは、迅速で簡単なコントロールでミックスをプロのサウンドに変換できるオーディオ処理プラグインです。

 

Slam Dawgを使用すると、沢山のプラグインを組み合わせてセットアップする必要がなくなります。

1つのプラグインでミックスを次のレベルに引き上げるように設計されています。

   

非常に直感的なコントロールで、数分以内に「PHAT」結果を簡単に得られるように設計されています。

 

「Tube Harmonics」をサクッとダイヤルして、ビート、バス、トラック、ミックス全体を簡単に「加熱」し、サウンドをリッチにすることができます。

   

単一のダイヤルで完全なモノラル互換性でトラックを広げるか、「エアー感」(高周波数明瞭度)を調整します。

 

  

今日のあなたのトラックには、優れたローエンド管理が必要です。 

私たちはそのための完璧なコントロールを設計しました。

「Boom」

「Thump」

「Mud Out」

の各コントロールを使用するだけで、歪みの問題なく大きなローエンドを実現できます。

 

「ポップ」および「クラッシュ」コントロールは、ステムまたはミックスの音量を上げるのに最適です。

 

また、トランジションの「ポップ」を保持しながら、スラスト圧縮によりミックスをパンチの効いた状態に保ちます。

   

Slam Dawgは、人気のあるアメリカとイギリスのコンプレッサー、EQ、およびチューブディストーションユニットの望ましいクールな設定をモデリングして作成されています。

  

数分で素晴らしいミックスとビートをダイヤルする準備が可能です。

  

 

特徴

  • 簡単操作で使いやすい
  • トラック、バス、ミックスに最適
  • パンチのあるクリアでワイドなサウンド
  • ドラム、ベース、ボーカル、シンセ、その他のサウンドをスラム
  • 組み込みのドライおよびウェットコントロール
  • プラグインのチェーンや紛らわしいパラメーターのないプロの結果

 

 

システム要求

Mac:

  • OSX 10.6.8以降
  • Intel Core 2 Duo 2 GHz
  • 2 GB RAM / 300 MB HD
  • 画面解像度:1024×768
  • VST2、AUおよびAAX(ラッパー付き)互換(64ビットホスト)

  

Windows:

  • Windows 7以降
  • AMD Athlon 64または同等のもの
  • 2 GB RAM / 300 MB HD
  • 画面解像度:1024×768
  • VST2およびAAX(ラッパー付き)互換(64ビットホスト)

 

  

  

セール情報 

 

通常価格:99ドル

セール特価:9ドル

 

デモも可能です。

   
  
  
  
  

Slam Xl

上位版のSlam Xlもセールになっています。

今回は、上記のSlam Dawgユーザーさん限定のアップグレードセールです。

したがって、前述の弟板:Slam Dawgと同時に購入すれば、両方を格安にゲットすることが可能になります。

 

   

Slam Xlは、Slam ProもしくはSlam Dawgののユーザーがアップグレードできる特別版プラグインです。

    

Slam XLは、イコライザ、サチュレーション、コンプレッサー、リミッターとステレオエキスパンダーを搭載しています。

サウンド太っとくさせるプラグインです。Sausage Fattenerあたりを意識してるのかな。

  

Beatskillz Presents – SLAM XL

   

  

Slam XL – Overview – Beatskillz.com

 

 

ジョッシュ・キャスパー氏の新しい解説動画もアップされました。

Slam XL by Beatskillz | Channel Strip Emulation Plugin for Mastering

 

SLAM XLは、「完璧な」チャンネルおよびバス・ファットナーです。

複数のプラグイン組み合わせなどの複雑なプラグイン設定を必要とせずに、ビート、キーボード、ライブの楽器、ボーカル、パーカッションを瞬時に生き生きとさせることができます。

Slam XLの簡単で魅力的なインターフェースは、すぐにイコライゼーション、サチュレーション、コンプレッション、リミティング、ステレオ・エキスパンドを瞬時にコントロールすることが可能。

したがって、他のプラグインに手を伸ばしたり、クリエイティブな流れを妨げたりする必要はありません。

  

SLAM XLは、多くのプリセットが含まれています。

低レイテンシとCPUライト処理により、楽器、ボーカル、ドラムマシン、キーボードをリアルタイムでライブ・トラッキングすることができるので、サウンドをすばやく形作れます。

 

SLAM XLは、BeatSkillzの「SLAMシリーズ」プラグインの3世代目です。

 

WindowsとMacで利用できます。(VST・AU)。

 

Slam XL

通常価格:149ドル → アプグレ価格:49ドル

セール特価:29ドル

  

コメント