万能リバーブ『MTurboReverb』100以上のリバーブ・エンジンを搭載&独自のリバーブ作成も可能

MeldaProductionのリバーブプラグイン『MTurboReverb』が半額セールになっています。

このMTurboReverbは、通常のリバーブプラグインとはだいぶ違うものです。

内部に100種類以上の異なるリバーブを搭載してます(一台で100以上の全く異なるリバーブが備わっている状態)。

そしてそれだけではなく、ユーザー自身がリバーブ・アルゴリズム自体を独自に作成する機能も有しています。

リバーブに思い入れがある方用のちょっと狂ったリバーブです。

(ミキシング、マスタリング、サウンドデザイン、そしてリバーブ自体の制作に適した製品です。)

2021年3月2日 :一週間のフラッシュセールで復活中:

Mturboreverbのセールページ

*セールは3月8日(月) 18時59分頃まで。

スポンサーリンク

MTurboReverb

MturboReverbは、100以上の全く異なるリバーブアルゴリズムを搭載しています。加えて、自分自身のオリジナルなリバーブの作成も可能。

数あるリバーブ・プロセッサーの中でも常軌を逸したリバーブです。

MTurboReverbのサウンドデモ:

MTurboReverb sound examples

レビュー動画:

Powerful Reverb MTurboReverb VST plugin 2019

私はMTurboReverbと呼ばれるこのリバーブを発見しました。これは非常に強力なリバーブです。

このビデオでは、いくつかのギターをこの強力なリバーブで試し、探求してみました。

そして、この強力なリバーブエフェクトの内部に何があるのかを見てみましょう。

MTurboReverbは2つのバージョンがあります。

通常のユーザーを満足させる基本的な機能を備えた「MTurboReverbLE」と呼ばれるライト(LE)バージョン。

より高度で、1つのリバーブプラグインでは実現できない多くの機能を持っている強力なMTurboReverbがあります。

このMTurboReverbは、独自のアルゴリズム・リバーブを作成することができます。

加えて、サチュレーション、コンプレッサー、EQ、ミッド/サイドバンドEQ、多くのモジュレーターを備えています!

私は、重要なオーディオの制作、ゲーム&フィルム作曲のためにこのプラグインをお勧めします。

MTurboReverbの概要

MTurboReverbは、1つのプラグインに約100の素晴らしいサウンドのリバーブを搭載し、独自のリバーブアルゴリズムをデザインすることもできる画期的なアルゴリズムリバーブです。素早く、使いやすく、ミキシング、マスタリング、クリエイティブな制作に最適です。

自分でリバーブをデザインする必要はないかもしれませんが、100種類のリバーブをすべて提供する廉価版のMTurboReverbLEを検討してみてください。

約100の素晴らしいサウンドのリバーブがすぐに使えるようになりました。

通常のアルゴリズムリバーブは、単一のアルゴリズムに基づいています。

一方で、MTurboReverbは革新的なプログラマブル・エンジンを搭載しいます。

この機能により、ユーザー自らリバーブのアルゴリズムを設計することができるようになっています。

加えて約100種類のアルゴリズムがすでに用意されているので、ユザーはそれらを使用してサウンドデザインを進めていくことも可能です。

また、標準化されたGUIにより、非常に迅速なワークフローと短い学習曲線を実現しています。

MTurboReverbには、ルーム・リバーブからホール、プレート、エーテル的で煌びやかなサウンド、2Dポジショニングリバーブまで、あらゆるものが備わっています。

それぞれのリバーブには、ドライ/ウェットやリバーブの長さなど必要なコントロールはもちろん、ダイナミクスセクションやサイドのハイパスフィルターなど、より特殊なものも搭載されています。

リバーブの切り替えはワンクリックで可能で、クリエイティブなワークフローを大幅にスピードアップさせます。

独自のリバーブをプログラミングできるMTurboReverb

MTurboReverbプラグインの(エキスパート用の)編集画面は、確かに初心者向けではありませんが、勇気があれば実際に自分でリバーブを作ることができます。

このプラグインには4つの初期のリフレクション・ジェネレーターが付属しており、グラフィカルに編集することができます。

しかし、真の革命は6つのレイト・リフレクション・ジェネレーターで、それぞれがシンプルなプログラミング言語を特徴としています。

実際、どのアルゴリズムも1行で済むようになっています。このプラグインは、この作業を迅速かつ簡単に行うために必要なすべてのことができるように設計されており、設計作業のほとんどを自動的に行ってくれます。

モジュレーションエフェクト、ピッチシフター、サチュレーターなどの複雑なフィードバック構造を利用することができます。限界はあなたの想像力だけです。

そしてアルゴリズム・ジェネレーターもあります。そうです。この機能で、新しいアルゴリズムを生成することさえも可能なのです。

尽きることのないクリエイティブな機能

サウンドをより面白く聞こえるようにするアイデアが一時的に不足しているとしましょう。

しかし、問題はありません。

ERやLRセクションをランダムにしたり、何百ものプリセットの中から1つを選んで使うことができます。

モジュレーターを利用すれば、ほとんど何でもできます。

定義済みのリバーブをいじるだけでもいい。

それだけでは物足りない場合は、マルチバンド版のMTurboReverbMBも用意されています。

主な機能

  • 市場で最も先進的なユーザーインターフェース – スタイリッシュ、リサイズ可能、GPUアクセラレーション
  • デュアルユーザーインターフェース、初心者のための簡単な画面、専門家のための編集画面
  • 古典的なメーターと時間グラフを搭載した独自のビジュアライゼーションエンジン
  • モジュレーター機能
  • マルチパラメータ
  • チューブのサチュレーション
  • M/S、シングルチャンネル、最大8チャンネルのサラウンド処理
  • スマートランダム化
  • 自動ゲイン補正(AGC)機能を搭載
  • セーフティー・リミッター機能
  • 調整可能なアップサンプリング 1x-16x
  • ホストテンポとの同期
  • MIDIを学ぶことができるMIDIコントローラー
  • 64ビット処理と無制限のサンプリングレート
  • 極めて高速で、最新のAVX対応プロセッサに最適化されています
  • グローバルプリセット管理とオンラインプリセット交換
  • WindowsとMacのVST、VST3、AU、AAXインターフェースをサポート
  • アクティベーションにはドングルやインターネットへのアクセスは必要ありません。
  • フリーフォーライフの更新

Melada製品の解説動画でおなじみの日本在住ミュージシャン:Chandler guitarさんによる紹介動画:

MTurboReverb walkthrough

(Melda自身による)Mturboreverbの基本的な機能の紹介:

MTurboReverb introduction

MTurboReverbを使ったリバーブデザイン(基本編):

Reverb design using MTurboReverb #1 – Basics

PluginBoutique ジョシュア・キャスパーさんによるプリセットのプレビューとチュートリアル:

MeldaProduction MTurboReverb | Presets Preview and Tutorial | Creative Mixing Reverb

Chandler guitarさんによるMTurboReverbでダッキング リバーブの方法:

Ducking Reverb using MTurboReverb

このビデオでは、MTurboReverbを使用してリバーブをダッキングする方法を紹介します。

MTurboReverbを使用すると、歌いながらリバーブの音量を簡単に下げることができ、停止すると音量が上がります。

MTurboReverbを使用すると、機能がすでに組み込まれているため、別のプログラムを使用する必要はありません。もちろん、これを特殊効果として使用することもできます。

MturboReverbに日本のコンサートホール。。

〔管理人メモ〕

MTurboReverbには、日本のコンサートホール9ヶ所がエミュレーションされているんですよね。。使ってたけど今日まで全く気付かなかった。。

というか「Mori」ってどこのことなんだろうか?

飛行にの名前のラベルもあります。

プレート、ホール、ルーム、スプリング、そしてピッチシフトされたのFXのようなリバーブも作ることができます。

EDITモードに入るとユーザー自身がオリジナルのリバーブをデザインできます。

MeldaのMTurboReverbの説明

MTurboReverbは、リバーブを動かすアルゴリズムを実際に定義することを可能にする簡単なプログラミング言語を提供することによって、魔法を行います。 

それは、これらのアルゴリズムを作成することが実際には簡単にできるように設計されています。

実際、各アルゴリズムは1行で定義されています。

すべての多用途性にもかかわらず、エンジンは実際には極めてCPU効率的です。 

とにかく心配しないでください。特に、あなたが自分がプラグイン制作をやってみたいと感じない限り、あなた自身が自分でプログラミングをする必要はありません。

このリバーブ作成編集用のデバイスは、おそらくあなたを長時間忙しくさせるでしょう。。

編集画面は、ベースとなる機能へのアクセスを提供し、いくつかのモジュールを含みます。 

まず4つのER(Early Reflection)セクションがあります。 これらはよりグラフィカルであり、タップしたディレイラインを介して直接初期反射「ER」(Early Reflection)を定義できます。

これらのセクションにはプリセットが用意されています。

何百もの事前に定義された「ER」のプリセットが事前に作られています。

初期反射音を生成するために伝統的に使用されてきた古典的なタップ付きディレイラインの他に、各ERセクションには実際にはDiffuserやRoomなどの追加アルゴリズムがあります。

しかし、それさえも、このプラグインの可能性のほんの一部しか利用しないでしょう。

MTurboReverb
MeldaProduction, professional audio processing software, VST / VST3 / AU / AAX plugins for mixing, mastering and creative music processing

システム要件

Windows

  • Windows Vista / 7 / 8 / 10(32ビットまたは64ビット
  • VST/VST3/AAX互換ホスト(32ビットまたは64ビット
  • SSE2をサポートしたIntel/AMDプロセッサ

*32ビットホストでは常に32ビットプラグインを、64ビットホストでは64ビットプラグインを使用してください。

*64 ビットのプラグインは、オペレーティングシステムが 64 ビットであっても 32 ビットホストでは動作しません。64 ビットホストでは 32 ビットプラグインを使用しないでください。ブリッジ処理が必要になり、遅くなったり不安定になったりする可能性があります。

Mac OS X

  • Mac OS X (10.7以降、32ビットまたは64ビット)
  • VST/VST3/AU/AAX互換ホスト(32ビットまたは64ビット)
  • SSE2をサポートしたIntel/AMDプロセッサ

セール情報

通常価格:330ドル

セール特価:165ドル(50%OFF)