MOTUが新Digital Performer 10を発表・Clips Window(セッションビュー)を搭載

よろしければシェアお願いします

MOTU – Digital Performer 10

 

NAMM 2019 でMOTUが新Digital Performer 10を発表。

上記の動画のMOTUお兄さん曰く、「色々凄いぞ!」らしいです。

オーディオストレッチング、ビート検知機能の改良。

拡大縮小可能なUI。VST3サポート。

MOTU インストゥルメンツ サウンドバンク (UVI、Mach Five 3からのライブラリ)。

などなど新たに追加。

 

で、やはり、一番すごいのが、Ableton Live的なSession View(Clip Window)搭載してきたことですね。(MIDIクリップ、オーディオをトリガーするClip Window、オートメイション録音も。)

⬇️

DP10 Clips window

 

DAWの中でもAbleton Live的なダンスミュージック・プロダクションとは比較的遠い存在に感じていたDPが、セッションビューをぶっ込んできたとは。やはりこの業界は面白い。。

今年セールが来たらAbleton Live 10を購入する予定でしたが、予定が狂うかも。

  

 

NAMM 2019 – MOTU Digital Performer 10

 

NAMM 2019 Motu Digital Performer 10
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク