u-he HIVE V2.0 リリース

 

u-heのHIVE V2.0出ましたね。UIも新しくなっています。

 

New In Hive 2 0

 

Hive 2 Preset Walkthrough

 

 

HIVE V2.0の特徴

 

  • 低CPU使用率(要するに軽い)、3種類のシンセエンジン
  • ウェーブテーブルオプション付きの2つのオシレータ、16倍のユニゾンおよびチューナブルサブオシレータ
  • ドラッグ&ドロップモジュレーション割り当て
  • 曲率、修正、クオンタイゼーション、サンプル&ホールド、スルーレート用のモディファイア付き12 x 2 モジュレーション・マトリックススロット
  • 4つのユーザー定義可能なXYコントロールパッド
  • アルペジエーター、リアルタイム録音付きステップ・シーケンサー
  • 4つの独立した出力を備えたユニークな8ステップシェイプシーケンサー
  • 2つのファンクションジェネレータが追加のエンベロープ、ゲートジェネレータ、LFO、スルーリミッターとして機能します。
  • コピー、ロード、保存オプション付きの各オシレータ、フィルター、マトリックススロットなどのパネルプリセット
  • ソロボタンで個々のオシレーターまたはフィルター信号を試聴可能
  • フリーズオプションとズームコントロールで、オーディオ出力または任意のモジュレーション信号を表示する範囲
  • マイクロチューニングサポート(.tunファイル)
  • 2000を超えるNKS対応のファクトリープリセットをu-he社のお気に入りのサウンドデザイナーの一部がオンラインで入手可能
  • 70%から200%にリサイズ可能なUI

   

  • 7つの並べ替え可能なエフェクト:
  1. ディストーション
  2. コーラス
  3. ディレイ
  4. フェイザー
  5. EQ
  6. リバーブ
  7. コンプレッサー

 

   

Hive v2.0は U-heのサイトで、149ユーロ(171.69ドル)で購入可能です。

  
 

注意:『Hive V1』からのアップグレード要件について

アップグレードの詳細はPDFで詳しく書かれています。以下に意訳しておきます。

⬇️

    
以前のバージョンのHive(たとえば1.2)をすでに所有していて、アップグレードするかどうかがわからない場合は、もちろんデモモードでHive 2をチェックアウトできます。
 
    
ただし、Hive 2は現在のインストールを上書きするため、最初にすべてのプリセットのバックアップを作成することを強くお勧めします。
   
 
Hive 2からHive 1.xに戻る場合は、再インストールの前にプリセットディレクトリとプラグインファイルを削除することをお勧めします。
       
  
*2019年1月20日以降に、Hive 1.xライセンスを購入した場合は、ライセンス電子メールに自動的にHive 2.xのシリアル番号が記載されているはずです。
   
   
一方で、Hive 1.xのシリアル番号がライセンスEメールに記載されているが、Hive 2.xのシリアル番号が記載されていない場合は、アップグレードを購入できます。
    
アップグレードは現在20ユーロです。
   
   
*わからないことがある場合は、support@u-he.comにお問い合わせください。
  
詳細:
  ⬇️
  
したがって、Pluginboutiqueで、v1を149ドルで購入し、無料でv2アップグレードする方が安いと思われます。。(未確認です!)
 
VST Plugins, Synth Presets, Effects, Virtual Instruments, Music
VST Plugins, Synth Presets, Effects, Virtual Instruments, Music Plugins from Pluginboutique

⬇️

2019年5月31日 追記

 

PluginBoutiqueでも『HIVE V2』の販売始まりました。

販売価格:149ドル

(Virtual Cash(PluginBoutiqueで使用できる金券)£5.92(約811円)付き +1ポイントからサンプルパックと交換できる『Rewards+ Tokens』2.3ポイント付き)

u-he 本家サイトよりお得に購入できます。