Propellerhead Reason V10.3リリース!

思ったより早かったですね。私もベータテスターを申し込んでいたのですが、時間があまりなくてほとんど参加できませんでした。

そんなこんなで正式版が出ちゃいました。めでたい!

 

Reasonユーザーが待ちわびたReasonの新時代を開く(記念すべき)画期的なバージョンアップです。

 

 

もちろん従来Reason10ユーザーは無料でアップデート可能です。

Reason 10を起動するだけで自動更新されます。

 

Reason 10.3は非常に期待されていた「パフォーマンスアップデート」であり、Reasonがバッファサイズを処理してVSTプラグインがホストを動作させ処理する方法を大きく書き換えました。

Reasonのオーディオ設定で “オーディオカードのバッファサイズを使ってオーディオをレンダリングする”という設定がデフォルトでオンになっています。

しかし、それは実際にはどういう意味でしょう?

音楽を作成するとき、64サンプルを超えるバッファサイズで問題が発生する(クリックやポップなど)前に、コンピュータはより多くのVSTプラグインを処理できるようになりました。

使用されているプラ​​グインに応じて、表示される改善点は大きく異なります。

私たちのテストでは、512サンプルのバッファサイズを使用した場合、わずか10%から200%をはるかに超えるまでの改善が見られました。

より大きなバッファサイズではさらに大きな改善が見られるかもしれません。

しかし、もちろんより大きなバッファサイズではレイテンシーのような他の欠点があります。

 

1か月のベータテストを行ったので、VSTプラグインを使用しなくても、Rack Extensionsと内部デバイスを使用してもパフォーマンスが向上することを確認できると確信しています。

一例として、Reason 10デモソングは、512サンプルのバッファサイズを使用したテストマシンでは従来より10〜50%優れています。

これはすべて良いニュースですが、実際にはこれらのレンダリングの変更によって異なる事象が発生する場合があるので、理解することが重要です。

VSTでパラメータを自動化またはCV制御するときは、バッファサイズと同じ解像度が使用されます。

これは、フィードバック接続にも当てはまります。

たとえば、デバイスから信号を送信してから同じデバイスに戻すことができます。

Reason10.2以前では、バッファサイズは64サンプルに固定されていたため、目立った遅れはほとんどありませんでした。

現在、より大きなバッファサイズでは、VSTパラメータを制御するときに違いが発生したり、フィードバックループを作成するときにレイテンシーが発生たりする可能性があります。

 

ほとんどの場合、おそらく気付かないでしょうが、古い曲との完全な互換性のために、バッファサイズを64サンプルに減らすか、または環境設定の新しいオプションのチェックを外すことができます。

以上のことを踏まえて、Reason10.3の改善に非常に満足しており、ついにあなたとそれを共有することができます。

また、私たちはすべてのReasonトライアルをリセットしたので、改善に興味がある人なら誰でも30日間のトライアルを開始できます。

私は個人的にReasonユーザーから得たすべてのフィードバックとテストの助けに感謝したいと思います。さて、より良い音楽を作る時が来ましたよ!

 

Reason Product Manager:

Mattias Häggström Gerdt

 

出典:Propellerhead

 

Reason 10.3 new performance review.