Arturia『Chorus JUN-6』80年代のアナログ・ポリシンセ「Roland Juno」シリーズに搭載されていたコーラスFXをモデル化したプラグイン

Arturiaが、コーラスエフェクトプラグイン『Chorus JUN-6』をリリース&無料配布しています。

無料配布は期間限定で12月29日までです。

おそらくフランス時間の2020年12月29日 23:59だと思われるので、12/30の朝6時59分ごろまで行けると思います。

Chorus JUN-6は、80年代のアナログ・ポリシンセ「Roland Juno」シリーズに搭載されていたコーラスエフェクトの回路をエミュレートしたプラグインです。WindowsとMac(VST、AAX、AU)で使用できます。

FXプラグイン『Chorus JUN-6』の無料配布について

Chorus JUN-6 | Free Gift

ホリデー気分に浸るために、Arturiaからあなたへの贈り物があります。

私たちの新しいソフトウェアエフェクトをお楽しみください。

Chorus JUN-6は、JUN-6 Vに収録されている不朽のJunoシンセサイザーのコーラスを回路的に完璧にエミュレートしたものです。

完全無料でお楽しみいただけます。無料配布は12月29日まで。

創造的な2021年に乾杯。

Team Arturia

Chorus JUN-6について

Tutorials | Chorus JUN-6 – Overview

Chorus JUN-6

Chorus JUN-6は、80年代のアナログ・ポリシンセ「Roland Juno」シリーズに搭載されていたステレオ・エフェクトをモデルにしています。

VST、AAX、AU互換のプラグインとして使用することができます。

主な特徴

  • 2モードのRoland Juno 6コーラスを正確に再現
  • ビブラートのような音を出すためにオリジナルのI+IIポジションを含む
  • カスタム設定のための追加の手動深さとレートコントロール
  • LFOフェーズノブで幅の調整が可能
  • ホストテンポに同期するオプション
  • モノ/ステレオ入力とドライ/ウェット・ミックス・コントロール

プラットフォームの仕様

Windows

  • Win 8.1+ (64bit) PC:4GB RAM、2.5GHz CPU。
  • 2GBのハードディスク空き容量
  • OpenGL 2.0互換GPU

Mac

  • 10.13+:4GB RAM、2.5GHz CPU。
  • 2GBのハードディスク空き容量
  • OpenGL 2.0互換GPU

必要な設定

VST 2.4(64bit)、VST 3(64bit)、AAX(64bit with PT 11)、AU(64bit)

VST 2.4VST 3AAXAU

ソフトウェアプロテクション

このソフトウェアはArturia Software Centerによって保護されています。詳しくはこちらをご覧ください。

管理人メモ:

製品の取得にはArturiaの無料の会員登録が必要です。

また、Arturia社製のソフトウェア管理アプリケーション「Arturia Software Center」のインストールが必要です。

無料配布は12月29日までです。