【無料配布】実験的なストリングス・ライブラリ『Slinky Violin by decent SAMPLES』Kontakt, SFZ, Decent Samplerで使用可能

decent SAMPLESさんが、ストリングスの実験的なサウンドのライブラリ『Slinky Violin』を無料配布しています。

このライブラリは、Kontakt, SFZ, Decent Samplerの3つのフォーマットで利用できます。

スポンサーリンク

Slinky Violin:実験的なストリングスライブラリ

FREE Sample Library: Slinky Violin (Kontakt, SFZ, Decent Sampler)

Slinky Violinについて

このユニークなストリングスの実験的なサウンドは、3つの便利なバージョンで提供されています

Kontakt(Kontaktのフルバージョン(バージョン5.8.1以降)が必要)、SFZ、Decent Samplerの3つのバージョンがあります。

  • Kontaktフォーマットv1.0.1
  • SFZフォーマットv1.0.1
  • DecentSamplerフォーマット v1.0.1

2020年11月、Dave Hilowitzはバイオリンにスリンキーを取り付け、スタジオを効果的に巨大なリバーブタンクに変身させた。その結果生まれたサウンドは、埃っぽく、メタリックで、&心にしみるほど美しいものとなりました。

ライブラリには5つのバージョンのパッチが収録されています

  • Slinky Violin: これはパッチの基本バージョンです。2つのベロシティレイヤーを持っています。ベロシティはボリュームをコントロールします。

  • Slinky Violin(フォルテレイヤーのみ)。このバージョンは、ラウドレイヤーだけで構成されています。ベロシティは音量をコントロールします。

  • スリンキーバイオリン(ピアノのレイヤーのみ):このバージョンはソフトレイヤーのみで構成されています。このバージョンは、ソフトレイヤーのみで構成されています。ベロシティで音量を調節します。

  • スリンキーバイオリンのデュエット。このバージョンでは、上記サンプルのソフトレイヤーとラウドレイヤーを同時に演奏します。ベロシティで音量を調節します。

  • Slinky Violin Duet (modwheel). オーケストラの作曲家はこのパッチから始めたいと思うでしょう。このパッチのダイナミクスはモッドホイール(MIDI CC1)によってコントロールされます。モッドホイールを全開にすると、バイオリンは1本だけになります。モッドホイールを全開にすると、両方のレイヤーをフルボリュームで演奏することができます。

3つのバージョンがあります

  • Kontaktバージョン:Native Instruments Kontakt 5.8.1(またはそれ以降)のフルバージョンと互換性があります。

  • SFZバージョン:Plogue Sforzandoでテストしました。

  • Decent Samplerのバージョン:無料のDecent Samplesプレーヤープラグインで動作します。ダウンロードはこちらから。

その他の特徴:

  • レベルノブ付きコンボリューションリバーブ

    
  • サンプルレート:24ビット48khz

    
  • ライブラリサイズ:148MB

この実験について

I made a slinky violin…

私は長年、スプリング・リバーブを内蔵したギター・アンプを何台か所有してきましたが、その中でも特に金属的な渋いサウンドが気に入っていました。

エレキ・ギター・アンプのスプリング・リバーブは、ギターのピックアップからの信号を増幅し、長いコイルの一端に通し、もう一端でピックアップし、さらに増幅するという仕組みです。

内部のコイルは長くてねじれているため、音波はリバーブタンクの一端から別の端へ直接移動するのではなく、時間をかけて跳ね返っていきます。

これにより、私たちが誰もが知っているような特徴的なリバーブ・エフェクトが得られます。

私はいつも、もしバイオリンが同じような処理を受けた場合、どのような音になるのだろうかと考えていました。

もちろん、アコースティック・バイオリンはエレクトリック・ギターよりもアナログなので、ピックアップはありません。

Simon the MagpieのYoutubeビデオで、Simonがアコースティックギターで同様の実験を試みたのを見て、私は何をしなければならないかを正確に知っていました。

上のリンク先のビデオで、私の実験の様子を見ることができます。

(そして、そうそう、息子から盗んだスリンキーを交換してからですが 🙂)