7/4(月)夕方までに終了するセールが多くなっています。

Audio Damage『Grind』過激なディストーションとフィルタリング・モジュールのFXプラグイン

Audio Damage社のディストーションプラグイン『Grind』。

ウェーブテーブル・ディストーションFXプラグインです。特にオーディオを破壊するために設計されています。ダンスミュージックやローファイ系ミュージックなどに最適です。

2022年3月25日:

3日間限定セールで19ドル(最安タイ)

スポンサーリンク

Audio Damage『Grind』破壊のためのウェーブテーブル・ディストーションFX

Audio Damage AD035 Grind - Main image

過激なディストーションとフィルタリングのモジュールが粋なプラグイン「Grind」

Audio Damage Grindは、微妙なチューブスタイルのサチュレーションから、完全に破壊されたウェーブテーブルディストーションまで、幅広い汚し系サウンドを実現するエフェクトです。

Audio Damage自身は、Grindのことを「サウンドデザインのスイスアーミーナイフ」と呼んでいます。

紹介デモ動画(1分):

デモ&レビュー(7:53):以下の動画はiOS版です。

『Grind』について

Grindは、ウェーブテーブルベースのウェーブシェイパー、サチュレーション/ディストーションモジュール、およびマルチモードフィルターで構成されます。

それぞれに無数の異なるフレーバーがあります。Grindの音色の柔軟性により、サウンドデザイン用のスイスアーミーナイフになり得ます。

Shape

Grindのウェーブテーブルルックアップモジュールは、入力される各サンプルを、マングリングポテンシャルのために選択された15個の線形補間ウェーブテーブルからの対応する値に置き換えます。ウィンドウサイズと位相の制御により、トーンシェーピングの可能性がさらに広がります。

Distort

Grindのアルゴリズムディストーションモジュールの核となるのは、単純なソフト・ニー・サチュレーションからサインワープのフルサウンドまで、11のユニークなディストーションおよびサチュレーションアルゴリズムです。どんな破壊を切望しても、Grindでそれを手に入れる事が可能です。

フィルタ

Grindのマルチモードフィルターには、プラグイン開発の初期の「ビンテージデジタル」バージョンや、最新の仮想アナログMS20スタイルローパスおよびハイパスシンセフィルターなど、11種類のフィルターモデルから選択できます。

モジュレーション

Grindのホスト同期可能な低周波オシレーターで状態を動かしましょう!ウェーブテーブルインデックス、フィルター周波数、またはその両方をアニメーション化して、このモンスターを生き生きとさせます。穏やかなフィルタースイープから波の形を崩す大混乱まで。私たちはあなたを要望をカバーします。

システム要件

Mac:

  • macOS 10.9 Mavericks以降(M1 Appleシリコンをサポート)(64ビットのみ)
  • VST、VST3、AU、AAX

Windows:

  • Windows 8.1以降(32/64ビットのみ)
  • VST、VST3、AAX

メーカーページリンク

レビュー記事リンク

英国の音楽情報出版社大手:MusicRadar誌のレビューは評価は高いです。

MusicRadarのレビューリンク

Audio Damage GrindのデュアルサチュレーションタイプとLFOモジュレーションにより実現した、耳を切り刻むディストーションは絶対的に素晴らしい!

長所:優れたウェーブテーブル実装。危険なアルゴリズムのディストーション。ゴージャスなフィルター。

短所:「アルゴリズムのウェーブシェーパーの量」に「LFO」を適用することができない。

セール情報

通常価格:49ドル

セール特価:19ドル(61%OFF)*最安タイ

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2021年12月:49ドル→29ドル
  • 2021年10月:49ドル→19ドル
  • 2020年8月:49ドル→19ドル