記事内に広告が含まれる場合があります

Audiority『Deleight』単純なエコーからマルチボイスコーラス、フランジャー、ダブリング、リバーブなどを再現できるマルチタップ・ディレイ・プラグイン

Audiorityの『Deleight』単純なエコーからマルチボイスコーラス、フランジャー、ダブリング、リバーブなどを再現できるマルチタップ・ディレイ・プラグインです。

Audiorityはプラグインと音源、シンセプリセットなどを開発しているイタリア・ナポリのメーカーです。

*記事中の表示される場合がある「セール終了予定日」は目安です(海外サイトは終了日がかなりアバウトで予定より早く切り上げたり、また延長したりする場合があります)。

広告

Audiority『Deleight』

デモ動画(6:35):

サイズ変更可能なステレオマルチタップディレイ

Deleight は、90 年代後半のデジタルディレイハードウェアプロセッサにベースにしたステレオ・マルチタップ・ディレイプロセッサです。

Deleight は、単純なエコーからマルチボイス コーラス、フランジャー、ダブリング、初期のリバーブなど、複数のディレイベースのエフェクトを再現することができます。

ループモードを有効にして、Deleightをルーパーデバイスとして設定し、速度と反転コントロールを使用して特殊効果とテクスチャを作成することも可能です。

解説動画(6:23・自動翻訳の日本語字幕可能):

Delight(Multi Tap Delay)でリバーブ スタイルの FXを作成する方法を解説。

Deleightの機能

  • ステレオマルチタップディレイ(4+4タップ)


  • 5秒のディレイバッファ


  • 7つのレンジ


  • テンポ同期機能


  • 左、右、フィードバックのチャンネル


  • 通常およびクロスチャネルフィードバックモード


  • 11の波形 LFO


  • チャネルリンク


  • ループモード(速度とリバースコントロールを搭載)


  • サイズ変更可能なユーザー インターフェイス

システム要件

Windows

  • Windows 7 (64 ビットのみ)
  • Intel i5 以上
  • 2GBのRAM
  • 画面解像度:1024×768
  • VST2、VST3 64 ビット ホスト
  • PT11 以上、AAX 64 ビット ホスト

MAC (インテル)

  • OSX 10.8 以降 (64 ビットのみ)
  • Intel i5 以上
  • 2GBのRAM
  • 画面解像度:1024×768
  • VST2、VST3、AU 64 ビット ホスト
  • PT11 以上、AAX 64 ビット ホスト

MAC(Apple シリコン)

  • macOS 11.0 以降 (64 ビットのみ)
  • Apple M1以上
  • 2GBのRAM
  • 画面解像度:1024×768
  • VST2、VST3、AU 64 ビット ホスト
  • PT11 以上、AAX 64 ビット ホスト

Deleightのセール情報

セール特価:45ドル

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2022年9月:45ドル → 19ドル
  • 2021年8月:45ドル → 22.5ドル
  • 2020年11月:45ドル → 22ドル
  • 2019年12月:45ドル→14ドル