W.A Production『Dodge Pro』EDMやダブステなどのダッキングエフェクトを簡単に作成できるFXプラグイン

W.A Productionの『Dodge Pro』が83%OFF(29ドル→4,9ドル)のセールになっています。

Dodge Proは、EDMやhiphop、ダブステップなどのダンスミュージック系の制作ではお馴染みのテクニック・ポンピング・エフェクト(サイドチェイン・ダッキング)、ゲーティングなど簡単に行うことができるプラグインです。

*セールは9月24日(金曜日)17時59分頃までの予定です。

スポンサーリンク

Dodge Pro(ボリュームシェイピング・プラグイン)

Dodge Proは、音量を形作るエンベロープシェイパー・プラグインですが、パンニングツール・ビットクラッシャー・フィルターなど多くの機能を併せ持っています。

EDMのテクニックでお馴染みのポンピング・サイドチェイン(ダッキング)、ゲーティングなどを行うことができます。

サウンドデモ動画(5分):

レビューとデモ動画(13分・日本語字幕可能):

Dodge Pro:ボリュームオートメーションを用いたクールなサイドチェーンダッキングとゲーティング(8分・日本語字幕可能):

hip hop系プロデューサー&レコーディングエンジニアのSky Jordxnさんによるデモ動画(10分・日本語字幕可能)

「Dodge Proは、メロディやシンセなどのビートを作る時に最適なSidechain、Ducking、Gate、Rhythm プラグインですが、このビデオでは2トラックのビートとボーカルで使用してみました。」

解説動画(16分・日本語字幕可能):

「Dodge Proは、クールなエフェクトツールです。Sugar bytesの Effectrixの強化版と言っても良いかもしれません。」

開発元の紹介 動画(11分・日本語字幕可能):

『Dodge Pro』の詳細

サイドチェーン処理の概念:

別のオーディオ信号が再生されているときに、もう一方のオーディオ信号の振幅を小さくする。

このスタジオテクニックは、現代的なダンスミュージックの基本であり、ハートビートと足を動かすための「エネルギーのリズム」を作り出します。

Dodge Proはこのシンプルなコンセプトを採用し、サイドチェーンのダッキング機能だけでなく、リズミカルなモチーフ、ゲーテッドリズム、特別なFXを使ってサウンドを成層圏に押し込みます。

Dodge Proの使い方は簡単。

多くのプリセットから選択するか、ポイントアンドドラッグノード、手術用描画ツール、3つの独立した周波数帯域を使用して独自の振幅形状を描画します。

MIDIを介して最大12シーンを割り当て、複数のカーブタイプとノート分割で心のコンテンツを微調整します。

Dodge Proは、サイドチェーンの形状をコントロールし、ボリュームオートメーションを必要なだけシンプル(または複雑)にすることができる、柔軟で創造的なツールです。

プリセット

たくさんのプリセットが含まれているため、独自のボリュームシェーピングエクスプロイトの最適な出発点を簡単に見つけることができます。

サイドチェーンダッキング、トランスゲート、ARP、および特殊FX専用の特定のグローバルプリセットがあります。

これらは便利で幅広い設定で、自分の好みに合わせて調整できます。

3つのEQバンドとマスターボリュームオートメーションのそれぞれには、最も一般的なシェイプにすばやくアクセスするためのシンプルなワンクリックソリューションがあり、基本的なダッキング、ゲーティング、リズミカルなシェイプへのショートカットを提供します。

MIDIシーン

最大12の完全に異なるMIDIシーンをプログラムし、選択したMIDIトリガーを使用してオンザフライで切り替えます。

これにより、Dodge Proはボリュームシェーピングオートメーションのオールインワンソリューションとして不可欠となり、トラック全体でシーンを切り替えてオーディオに多様性を持たせることができます。

このプラグインは、外部コントローラーによってトリガーされるシーン切り替えを伴うライブパフォーマンスのための刺激的なツールとしても使用できます。

高度なラインエディター

オートメーションラインをクリックしてノードを追加し、ドラッグして形状と曲線を定義します。

さまざまなシングルおよびダブルタイプ、パルス、ウェーブ、ノコギリ、ステップオートメーションなど、複雑な曲線形状を簡単に選択できます。

簡単なアクセスボタンを使用して、ラインとシーンをすばやくコピー/貼り付けし、一般的な変換を選択します。

プログラミングの追加レイヤーのために、各主要自動化ラインには独立して描画できる2番目のレイヤーがあり、これらを合計して実際のクリエイティブな効果のためのより複雑な形状を作成します。

独立した調整可能な3バンドオートメーション

ほとんどのボリュームシェーピングプラグインは信号全体を処理しますが、Dodge Proはオーディオを3つの周波数帯域範囲に分割し、各帯域に異なるボリューム形状の自動化を適用できます。

インターフェイスの右上にあるマルチカラーのバンドのグラフィックをドラッグするだけで、低、中、高のクロスオーバーポイントを定義できます。

次に、3つのバンドのオートメーションラインを描画します。

これらのバンドはすべて、完全に独立したボリューム、シェイプ、同期、長さ、およびミックスの設定を持つことができます。

ローエンドのポンプだけを作り、ミッドレンジのトランスゲートを適用し、高周波のリズミカルな効果を追加したいですか?

これらの構成はすべて、Dodge Proを使用すると迅速かつ簡単に行えます。

ランダム化

シーン全体のボリュームオートメーションをランダム化するか、チェーンから完全に外れたダッキングおよびdodgingエフェクトのために単一のバンドをランダム化するかを選択します。

視覚的フィードバック

処理されたオーディオは、全周波数または3つの帯域に分割されて、インターフェイスの中央に波形として表示されます。

ライブダッキングもミニメーターで表示されます。 UIフィードバックの他のオプションには、スケーラブルなインターフェイスと左右の監視が含まれます。

バイパスとマスターミックス

バイパスコントロールは、妨害されないA / Bテストのために、可能な限りクリックとポップが発生しないようにスムーズになります。

中央のマスターミックスレシオコントロールを介して、覆い焼きされた信号を元の生のオーディオとミキシングすることを選択します。これにより、ボリュームシェーピングをダイアルダウンして微妙な効果を得ることができます。

『Dodge Pro』の特徴

  • 包括的なマルチバンドボリュームシェーピング
  • 可能な3バンドEQボリュームオートメーション
  • スムーズでグリッチのないサウンド
  • 高度なラインエディター
  • 応答性とCPUフレンドリー
  • MIDIトリガーシーン
  • ファクトリーのプリセットとランダム化
  • フルPDFマニュアルおよびチュートリアルビデオ

メーカーページリンク

システム要件

Mac:

  • MacOS 10.11以降(64ビット)。
  • VST2、AU、AAX
  • CPU:マルチコア2GHz以上。
  • RAM:2GB以上。
  • UIサイズ:592 x 234または888 x 351または1184 x 468

Windows:

  • VST2、AAX
  • CPU:マルチコア2GHz以上。
  • RAM:2GB以上。
  • UIサイズ:592 x 234または888 x 351または1184 x 468

注:このプラグインのAAXバージョンを使用するには、ProTools 11以降が必要です。

Dodge Proのセール情報

W.A. Production本家サイトとセール大手Plugin Boutiqueで同額になっています。どちらも有料製品のオマケが無料で付属します。

W.A. Production

通常価格:29ドルセール特価:4.9ドル(83%OFF)*最安タイ

*W.A. Productionでは上記の製品を購入時に、以下のバンドル(51ドル)が無料進呈されます。

Plugin Boutique

通常価格:29ドルセール特価:4.9ドル(83%OFF)*最安タイ

*Plugin Boutiqueでは上記の製品を購入時に、Native InstrumentsのFXプラグイン『 FREAK』(29ドル)が無料でプレゼントされます(9月いっぱい有効):

*主なセール価格の推移:

  • 2020年2月:29ドル→9ドル
  • 2020年8月6日:29ドル→4.9ドル
  • 2021年2月:29ドル→7ドル