【72%OFF】Eventide『Physion』(トランジェント部分とトーン部分を分けて個別に処理できるユニークなマルチエフェクト)

Eventideのマルチエフェクトプラグイン『Physion』が72%OFFになっています。

サウンドを『トランジェント (音の出だし)の部分』と『トーン(音の余韻)の部分』に分割し、(Eventideのワールドクラスのエフェクトを使用して)それらを個別に調整してサウンドをデザインすることができるユニークなマルチエフェクターです。

落ち着いたエフェクトからぶっ飛んだエフェクトまで様々なサウンドを作成することができます。

スポンサーリンク

Physionとは

Introduction to Fission – A new Plug-in Featuring Structural Effects

Physionは、画期的なStructural Effects technology(構造的効果技術)を使用した最初のプラグインです。

サウンドを『トランジェント部分』と『トーン部分』に分割し、(Eventideのワールドクラスのエフェクトを使用して)それらを個別に調整してサウンドをデザインすることができます。

「トランジェントセクション」と「トーンセクション」に「エフェクト」や「ダイナミックコントロールを追加する機能」を使用すると、微妙サウンドから極端サウンドまで幅広いエフェクトを作成できます。

オーディオを処理する新しい方法をもたらしてくれます。

Eventide Physion – Mangle Loops, Split Guitars, Flam Cymbals – Overview / Review
Review Fission By Eventide

「PHYSION」は、Eventideが特許申請中のSTRUCTURAL EFFECTSメソッドに基づいた最初の製品で、音を基本的構成要素のトランジェント部分とトーナル部分に分解し、それぞれを独立して調整することが可能です。

メーカページリンク:

Physion | Eventide Audio Splitting Plugin
Split audio into its transient and tonal parts, alter them using Eventide effects and then fuse them back together to produce a wide range of sounds.

日本代理店リンク:

PHYSION™ - Eventide - 製品情報 | TACSYSTEM
PHYSION™の製品情報です。

Physionの特徴

  • オーディオを「トランジェント」コンポーネントと「トーン」コンポーネントに分割します
  • トーンチャンネルとトランジェントチャンネルをソロにして、サウンドを根本的に作り直します。トーンセクションをドロップしてドラムを締めたり、トランジェントを失ってギターをアンビエントスイープにチューニングしたりします
  • サウンドの分割、修正、再構築が可能
  • 4つの「構造分割」コントロールを使用して分割を微調整できます
  • 使用可能な6つのトランジェントエフェクト:

    ディレイ、タップディレイ、ダイナミクス、フェイザー、リバーブ、ゲート+ EQ
  • 利用可能な7つのトーンエフェクト:

    ディレイ、コンプレッサー、ピッチ、コーラス、リバーブ、トレモロ、EQ
  • トランジェント/トーンオーディオをリアルタイムで明確に追跡するための波形表示
  • アーティストのプリセットには、Richard Devine、Chris Carter、Suzanne Ciani、Joe Chiccarelli、John Agnello、Stewart Lerman、Steve Rosenthal、Kaitlyn Aurelia Smithなどが含まれます。

Physionの用途

サウンドデザイン

Physionは、サウンドデザイナー向けの汎用ツールです。

オーディオを分割して操作することにより、これまで聞いたことのないサウンドを作成できます。

例えば、ピアノやギターからトランジェントを削除して、ボウサウンドを作成したり、独立したチャンネルに極端なエフェクトを追加してさらに先進のサウンドを作成することが可能になります。

ドラムチューニング

Physionを使用すると、トランジェントに影響を与えずにドラムを簡単に再調整できます。

トーンリングをそのままにして、リムショットのクラッキングトランジェントを遅らせます。 トランジェントをソロにしてサウンドを引き締め、圧縮を加えてさらに引き締めます。

アーティキュレーション

Physionの構造的分割機能は、ボーカルを微妙または劇的な方法で修正するために使用できます。

シビランスを強調または削減したり、共鳴を追加または削除したり、力強いボーカルをささやき声に変えたりできます。

トランジェントシェイピング

Physionは、従来のトランジェントシェーパーではなく、トランジェントセパレータです。

これまで不可能とされてきたトランジェントレスポンスとトーンレスポンスを「個別に」そして「外科的に」調整が可能になっています。

オーディオ復元

不要なトーンリングとヒスノイズを削除するか、圧縮/拡張でそれを減らすことができます。

また、古いインストゥルメンタルレコーディングのトランジェントを強化して、音色の素材を無駄にすることなくミックスの存在感を高めることができます。

ループマングリング

Physionのさまざまなインスタンスを使用して、独立したトーンおよびトランジェント遅延を使用してループをモーフィングおよび変換できます。

 Structural Controls構造制御)
6つのトランジェントエフェクト
  • ディレイ

    テンポ同期機能とローカットおよびハイカットフィルタリングを備えた標準的なでディレイエコーエフェクト
  • タップディレイ:

    テンポ同期機能を備えたマルチタップディレイライン。 リズミカルなディレイ、奇抜なコームフィルタリング、音量のうねり、または独特の残響音に役立ちます。
  • ダイナミクス:

    コンプレッサー/リミッターとエキスパンダー/ゲートの組み合わせ(機能は比率制御により決定されます)
  • Phaser:

    クラシックなマルチステージオールパスベースのPhaserエフェクト。LFOまたはEnvelopeで制御できます。
  • リバーブ:

    高いエコー密度で設計された「ルームリバーブ」は、反射の迅速かつスムーズな蓄積を与えます。これは過渡的なサウンドとうまく組み合わさって、明らかなエコースラップバックなしで空間感覚を作り出します。
  • ゲート+ EQ:

    ゲートとそれに続く3バンドのオーバードライブ可能なEQ。

7つのトーンエフェクト

  • Compressor

    標準のコンプレッサー/リミッター。
  • コーラス

    ランダム化されたモジュレーションを使用したマルチボイスコーラス。
  • EQ

    3バンドのオーバードライブ可能なEQ。
  • ディレイ

    テンポ同期機能、モジュレーション、ローカットおよびハイカットフィルタリングを備えた標準的なディレイエコーエフェクト。
  • リバーブ

    エコー密度が低く(過渡リバーブと比較して)、尾部のコーラス音を回避するためにモジュレーションがほとんどまたはまったくない、高モーダル密度で設計された大きなスペースのリバーブ。 これにより、音色の音声は空間で呼吸することができますが、高密度のパッドのような反響するテールに進化します。
  • PitchShift

    ボイスごとに+/- 1オクターブシフトと全体的な微調整コントロールを備えた3ボイスピッチシフター。 ドラムのリチューニング、ハーモニーの作成、または一時的なスラップバックやスミアリングのないマイクロピッチコーラス/ダブルトラッキングに役立ちます。
  • Tremolo:

    プラグインの入力のエンベロープとLFO(オプション)の組み合わせで駆動される標準Tremoloエフェクト。

システム要求

Windows

  • Windows 7以上(32/64ビット)

フォーマット:

  • AAX 32/64ビット
  • VST2 32/64ビット

Mac

  • macOS 10.7以上(64ビットのみ)

フォーマット:

  • AAX 64ビット
  • AU 64ビット
  • VST2 64ビット


注意:

Ableton Live、Cubase、FL Studio、Logic Pro、Pro Tools、Studio Oneでデスクトッププラグインをテストします。 ただし、プラグインは互換性のあるホストで動作するはずです。

この製品用の新しい32ビットmacOSインストーラーは作成されなくなりました。

このソフトウェアの実行にはiLokドングルは必要ありません。このソフトウェアの認証には、無料のiLokアカウント/マネージャーのみが必要です。

iLok - ダウンロード - サポート・サービス | TACSYSTEM
iLokの日本語マニュアルやソフトウェアのアップデータです。

セール情報

通常価格:179ドル

セール特価:49ドル(72%OFF)

コメント