Eventide『SP2016 Reverb』人気のリバーブ

Eventideの年末ホリデーセールで、同社の人気のリバーブプラグイン『SP2016 Reverb。

スポンサーリンク

『SP2016 Reverb』

プリセットサウンドのデモ(2:34):

「Eventide SP2016」は、1980年代に製造されたリバーブの名機「SP2016」のエミュレーションです。

このプラグイン版の「Eventide SP2016」では、タイプの切り替えやプリセットなどを選び、軽く微調整するだけで、80年代のヴィンテージ感満載のカッコいいリバーブをお手軽に作ることができます。

デモ動画

【日本語】紹介動画(6:21):

紹介動画(3:40・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(4分・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(5:11・自動翻訳の日本語字幕可能):

『SP2016』について

リバーブ・タイムマシン『SP2016』

SP2016は、初のプログラマブル・スタジオ・ラック・プロセッサーでした。

1982年にプロオーディオ界に「プラグイン」の概念を導入し、ボンネット内に実際にEPROMチップを差し込んで使用していました。

SP2016は、Dave Pensado、George Massenburg、Alan Sides、Roy Hendrickson、Jack Douglas、Mick Guzauskiが使用したリバーブで有名です。

その豊かな残響音は、トーキング・ヘッズ、アデル、マライア・キャリー、エミネムなど、数え切れないほどのヒット曲で聴くことができます。

36年後の今、この特徴的なサウンドがDAW用のプラグインとして使用できるようになりました。

個性的な6つのリバーブ

SP2016リバーブは、アートとサイエンスの融合により、自然で個性的なサウンドを実現し、多くのユーザーに支持されています。

このプラグインには、Room、Stereo Room、High-Density Plateの各アルゴリズムの本格的なエミュレーションが搭載されています。

そして、それぞれに「2つのバージョン」が用意されています。「ヴィンテージ」と「モダン」の2つのバージョンがです。

「Vintage アルゴリズム」は、ビット深度に至るまでオリジナルボックスに忠実です。

「Modern アルゴリズム」は、より明るく、より拡散し、より高いビット深度を使用しています。

このアルゴリズムは、複雑な初期反射音から、時間とともに増加する自然なエコー密度、リバーブテールの滑らかなガウス減衰まで、実際の物理的環境の音のあらゆる側面を自然にエミュレートします。

パワフルなシミュレーションは、パラメトリックなコントロールにも適しています。

ミックスにフィットさせることができる

独自のポジションコントロールを使えば、ミックスに完璧にフィットするリバーブエフェクトを、スライダを1つ動かすだけで簡単に作ることができます。

このパワフルなツールを使えば、他のすべての設定を維持したまま、リスナーを部屋の後ろからステージまで連れて行くことができます。

特徴

Room:

飾り気のない基本的なアンビエント「ルーム」。

ステレオ出力のモノラル・エフェクトです。極端なPre-Delayレンジにより、残響のダブリングやシングルエコーにこのエフェクトを使用することができます。

Stereo Room:

大きなコンサートホールの雰囲気を再現し、非常にクリアで自然な残響を得ることができます。

ボーカル、ドラム、アコースティックギター、弦楽器、ホルンなど、自然な音が求められる楽器に効果を発揮します。

Hi-Density Plate:

デュアルピックアップを搭載したプレートタイプのリバーブで、より大きくて重いプレートの効果をシミュレートしています。

このリバーブは、ボーカル、ギター、パーカッシブな楽器を、実際よりもはるかに大きく、明るく見せることができます。

コントロール:

PreDelay、Decay、Position、Diffusionなどのコントロールを微調整することで、リバーブの構造をコントロールすることができます。

EQセクション:

EQセクションでは、リバーブのハイとローのフィルタリングを簡単に行うことができ、フィルターレンジも調整可能です。ローフィルターでは、指定した周波数をカットまたはブーストすることができます。

クラシックの再構築

クラシック・ギアは、時の試練に耐えるものです。

ハードウェアのサウンドは、DSP処理とアナログオーディオ回路の組み合わせによって生み出されます。

これらのハードウェアユニットのすべての側面を丹念にモデリングすることは、迅速かつ容易ではありませんでしたが、今では、これらのクラシックなリバーブの必需品である音の美しさが、イン・ザ・ボックスやライブで使用できるようになっています。

システム要件

Windows

  • Windows 8以降(64ビットのみ)(Windows 11をサポート)
  • AAX、VST2、VST3(64ビットのみ)

Mac

  • macOS 10.9以降(64ビットのみ)(macOS 12MontereyおよびM1Apple Siliconをサポート)
  • AAX、AU、VST2、VST3(64ビットのみ)
  • 注意:AAXフォーマットはIntel Macとのみ互換性があります(AvidがネイティブM1 Appleシリコンサポートを追加するまで)。

注意事項:

  • Eventideは、Ableton Live、Cubase、FL Studio、Logic Pro、Pro Tools、Studio Oneでデスクトッププラグインをテストします(ただし、プラグインは互換性のあるすべてのホストで動作するはずです)。
  • このソフトウェアを実行するためにiLokドングルは必要ありません。認証には無料のiLokアカウント/マネージャーのみが必要です。

セール情報

通常価格:249ドル

*主なセール価格の推移:

  • 2018年8月:249ドル→79ドル(リリースセール)
  • 2019年9月:249ドル→69ドル
  • 2020年9月:249ドル→99ドル
  • 20212年9月:249ドル→79ドル