*本日 3/1(金)18時頃までに終了する主要セールが多くなっています。
記事内に広告が含まれる場合があります

Eventide『SP2016 Reverb』80年代ヴィンテージ感満載の人気リバーブ・プラグイン

Eventide社の人気のリバーブプラグイン『SP2016 Reverb』。

1980年代に製造されたリバーブの名機「SP2016」のエミュレーションです。

2023年5月24日:

Eventide Pluginpalooza Sale』で、英国の老舗名門メーカーのEventide社の格安セールが開催されています。

*この『H3000 Factory』は72%OFFになっています。

通常価格:249ドル → セール特価:69ドル(72%OFF)

*セールは6/19(月)18時頃までの予定です。

*記事中の表示される場合がある「セール終了予定日」は目安です(海外サイトは終了日がかなりアバウトで予定より早く切り上げたり、また延長したりする場合があります)。

広告

『SP2016 Reverb』

プリセットサウンドのデモ(2:34):

「Eventide SP2016」は、1980年代に製造されたリバーブの名機「SP2016」のエミュレーションです。

このプラグイン版の「Eventide SP2016」では、タイプの切り替えやプリセットなどを選び、軽く微調整するだけで、80年代のヴィンテージ感満載のカッコいいリバーブをお手軽に作ることができます。

デモ動画

【日本語】紹介動画(6:21):

紹介動画(3:40・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(4分・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(5:11・自動翻訳の日本語字幕可能):

『SP2016』について

リバーブ・タイムマシン『SP2016』

SP2016は、初のプログラマブル・スタジオ・ラック・プロセッサーでした。

1982年にプロオーディオ界に「プラグイン」の概念を導入し、ボンネット内に実際にEPROMチップを差し込んで使用していました。

SP2016は、Dave Pensado、George Massenburg、Alan Sides、Roy Hendrickson、Jack Douglas、Mick Guzauskiが使用したリバーブで有名です。

その豊かな残響音は、トーキング・ヘッズ、アデル、マライア・キャリー、エミネムなど、数え切れないほどのヒット曲で聴くことができます。

36年後の今、この特徴的なサウンドがDAW用のプラグインとして使用できるようになりました。

個性的な6つのリバーブ

SP2016リバーブは、アートとサイエンスの融合により、自然で個性的なサウンドを実現し、多くのユーザーに支持されています。

このプラグインには、Room、Stereo Room、High-Density Plateの各アルゴリズムの本格的なエミュレーションが搭載されています。

そして、それぞれに「2つのバージョン」が用意されています。「ヴィンテージ」と「モダン」の2つのバージョンがです。

「Vintage アルゴリズム」は、ビット深度に至るまでオリジナルボックスに忠実です。

「Modern アルゴリズム」は、より明るく、より拡散し、より高いビット深度を使用しています。

このアルゴリズムは、複雑な初期反射音から、時間とともに増加する自然なエコー密度、リバーブテールの滑らかなガウス減衰まで、実際の物理的環境の音のあらゆる側面を自然にエミュレートします。

パワフルなシミュレーションは、パラメトリックなコントロールにも適しています。

ミックスにフィットさせることができる

独自のポジションコントロールを使えば、ミックスに完璧にフィットするリバーブエフェクトを、スライダを1つ動かすだけで簡単に作ることができます。

このパワフルなツールを使えば、他のすべての設定を維持したまま、リスナーを部屋の後ろからステージまで連れて行くことができます。

特徴

Room:

飾り気のない基本的なアンビエント「ルーム」。

ステレオ出力のモノラル・エフェクトです。極端なPre-Delayレンジにより、残響のダブリングやシングルエコーにこのエフェクトを使用することができます。

Stereo Room:

大きなコンサートホールの雰囲気を再現し、非常にクリアで自然な残響を得ることができます。

ボーカル、ドラム、アコースティックギター、弦楽器、ホルンなど、自然な音が求められる楽器に効果を発揮します。

Hi-Density Plate:

デュアルピックアップを搭載したプレートタイプのリバーブで、より大きくて重いプレートの効果をシミュレートしています。

このリバーブは、ボーカル、ギター、パーカッシブな楽器を、実際よりもはるかに大きく、明るく見せることができます。

コントロール:

PreDelay、Decay、Position、Diffusionなどのコントロールを微調整することで、リバーブの構造をコントロールすることができます。

EQセクション:

EQセクションでは、リバーブのハイとローのフィルタリングを簡単に行うことができ、フィルターレンジも調整可能です。ローフィルターでは、指定した周波数をカットまたはブーストすることができます。

クラシックの再構築

クラシック・ギアは、時の試練に耐えるものです。

ハードウェアのサウンドは、DSP処理とアナログオーディオ回路の組み合わせによって生み出されます。

これらのハードウェアユニットのすべての側面を丹念にモデリングすることは、迅速かつ容易ではありませんでしたが、今では、これらのクラシックなリバーブの必需品である音の美しさが、イン・ザ・ボックスやライブで使用できるようになっています。

システム要件

Windows

  • Windows 8 以降 (Windows 11 対応) (64 ビットのみ)
  • AAX、VST2、VST3

Mac

  • macOS 10.9 – macOS Ventura  (Intel / M1 Apple Silicon 対応) (64 ビットのみ)
  • AAX、AU、VST2、VST3

重要事項

  • Eventide は、Ableton Live、Cubase、FL Studio、Logic Pro、Pro Tools、および Studio One でデスクトップ プラグインをテストします (ただし、プラグインは互換性のあるホストで動作するはずです)。
  • このソフトウェアを実行するのに iLok ドングルは必要ありません。認証には無料の iLok アカウント/マネージャーのみが 必要です。

*セール情報

ADSRとPlugin Boutiqueでセールが開催されています。どちらも有料製品のオマケが無料で付いてきます。

*セールは6/19(月)18時頃までの予定です。

ADSR

通常価格:249ドル

セール特価:69ドル(72%OFF)

*セール元のADSRでは、上記の製品を購入時に以下の製品が無料でプレゼントされます。

Plugin Boutique

通常価格:249ドル

セール特価:69ドル(72%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2018年8月:249ドル→79ドル(リリースセール)
  • 2019年9月:249ドル→69ドル
  • 2020年9月:249ドル→99ドル
  • 2022年9月:249ドル→79ドル
  • 2023年3月:249ドル→49ドル

バンドル『Clockworks Bundle』もセールになっています

詳細記事: