【44~78%OFF】Eventide『Physion Mk II』トランジェント部分とトーン部分を分けて個別に処理できるユニークなマルチFX(新製品セール)

Eventideの人気のマルチエフェクトプラグイン「Physion」のニューバージョン『Physion Mk II』がリリースされました。

Physionは、サウンドを「トランジェント (音の出だし)の部分」と「トーン(音の余韻)の部分」に分割し、(Eventideのワールドクラスのエフェクトを使用して)それらを個別に調整してサウンドをデザインすることができるユニークなマルチエフェクターです。

落ち着いたエフェクトからぶっ飛んだエフェクトまで様々なサウンドを作成することができます。

イントロセールも同時開催されています(44~78%OFF)。

*セールは日本時間の11/1(土)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

『Physion Mk II』

ざっと見動画(1:24):

Physionは、画期的なStructural Effects technology(構造的効果技術)を使用した最初のプラグインです。

サウンドを『トランジェント部分』と『トーン部分』に分割し、(Eventideのワールドクラスのエフェクトを使用して)それらを個別に調整してサウンドをデザインすることができます。

「トランジェントセクション」と「トーンセクション」に「エフェクト」や「ダイナミックコントロールを追加する機能」を使用すると、微妙サウンドから極端サウンドまで幅広いエフェクトを作成できます。

オーディオを処理する新しい方法をもたらしてくれます。

デモ動画

紹介動画(7:07・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(3:50・自動翻訳の日本語字幕可能):

レビュー動画(12分・自動翻訳の日本語字幕可能):

考察動画(9:36・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(10分・自動翻訳の日本語字幕可能):

レビュー動画(8:12・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(8:36・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(・自動翻訳の日本語字幕可能):

オーディオデモ:

Eventide『Physion Mk II』の詳細

ソニックレベルのソニック・コントロール

Eventide『Physion Mk II』は、新次元のサウンドを提供するマルチエフェクトへのパワフルでモダンなアプローチを備えたマルチFXプラグインです。

Eventideのクラス最高の「トランジェント/トーナル・セパレーション」とワールドクラスの「Eventide エフェクト」を組み合わせています。

これにより、実用的なミキシング・ソリューションとクリエイティブなアプリケーションへの扉を開きます。

Eventide「SplitEQ」の改良された「Structural Split 検出」と、プロデューサー、ミキサー、サウンドデザイナーを念頭に置いて設計された合理的なワークフローを特徴としています。

この「Physion Mk II」を使用すると、新しい音域とよりスマートなソリューションをすぐに発見できます。

500以上のプリセット

Physion Mk IIのファクトリーライブラリには500以上のプリセットが搭載されており、他では手に入らない素晴らしいサウンドを提供します。

プリセット・ライブラリは使いやすいカテゴリーに分類されており、ちょっとした色付けやクイックフィックス、広々とした空間、あるいは深い変化など、どんなものを探していても、すぐに素晴らしい選択肢を見つけることができます。

クラシックなエフェクトをリミックス

H910 Harmonizer®からH3000、SplitEQまで、Eventideは50年以上にわたってオーディオ・エフェクトの境界を押し広げてきました。

この遺産を基に、各エフェクトをトランジェントやトーンの素材に合わせて丹念にハンドチューニングし、ポリフォニック・ピッチシフトやリバース・ディレイ、ゲーティング、ピンポン、クリスタル・モードなどの新しいエフェクトを搭載しました。

さらに、クラス最高のスプリット・テクノロジーと使いやすいコントロールも搭載しています。

7つのトランジェントエフェクト
  • ディレイ


  • タップディレイ


  • ダイナミクス


  • フェイザー


  • リバーブ


  • ゲート+EQ


  • リバースディレイ
8種類の音色エフェクト
  • ディレイ


  • ダイナミクス


  • ピッチ


  • コーラス


  • リバーブ


  • トレモロ


  • EQ


  • リバースディレイ

特徴

  • SIFT (Spectral Instantaneous Frequency Tracking) 技術に基づく新しいポリフォニック・ピッチシフト・アルゴリズム



  • Gating、Ping-pong、Crystalsの各モードを備えた新しいリバースディレイ



  • ダイナミクスプロセッサー用サイドチェイン入力



  • NEW SplitEQから直接導入された最先端のフィルター



  • NEW リサイズ可能なGUIとスクロール波形表示、使いやすいレイアウト – メニューの潜り込みは必要なし



  • トランジェントとトーンのストリームにワールドクラスのハンドチューンされたEventideエフェクトを搭載



  • Eventideの改良されたStructural Split™ テクノロジーにより、トランジェントとトーンのエフェクトを別々に処理



  • トランジェントとトーンの出力レベルをコントロール



  • 微調整と実験のためのアンダーライン・スプリットのコントロール



  • 包括的なプリセット・ライブラリには500以上のプリセットが含まれる



  • A/B比較とUndo/Redoにより、開始位置を見失うことなくアイデアを探索するのが簡単です。



  • 3つのカラースキーム。ノーマル、ダーク、色覚異常のアクセシビリティ

システム要件

Windows
  • Windows 8以降(Windows 11対応)(64ビット版のみ)
  • AAX、VST2、VST3
Mac
  • macOS 10.9以降(Intel / M1 Apple Silicon対応)(64ビット版のみ)
  • AAX、AU、VST2、VST3

注意事項

  • EventideはAbleton Live, Cubase, FL Studio, Logic Pro, Pro Tools, Studio Oneでデスクトッププラグインをテストしています(ただし、互換性のあるホストであれば、プラグインは動作するはずです)。
  • このソフトウェアを実行するためにiLokドングルは必要ありません – 認証のために無料のiLokアカウント/マネージャが必要です

レビュー記事リンク

Pro Tools Expertによるレビュー記事リンク

トランジェントと音色の要素に別々に新しいエフェクトを適用できることは、「なくてはならない」というよりも、「あった方がいい」ものでしょう。

とはいえ、A/Bボタンを備えたオーディオプラグインは増えており、個人的にはDAWに内蔵された比較機能よりも、プラグインに頭を突っ込んでおけるので気に入っています。

Physion Mk IIの場合ではありませんが、より広い意味で、プラグインの複雑さによって、Undo/Redoが事実上不可欠になる場合があります。

Physion Mk IIのようなコンパクトなオーディオツールでも、スライダーやフェーダーがあるものは、現実的に何らかのアンドゥ/リドゥが必要です。

Physion Mk IIは、EventideのSplitEQの構造的なスプリット検出を改良したもので、より新しい技術を搭載しています。

確かに、v1のユーザーは、新しい操作の微調整にのみ正当な興味を持つでしょう。

そのため、アップグレードに値するかどうかの判断は、人それぞれでしょう。

セール情報

通常価格:179ドル

セール特価:99ドル(44%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

アップグレードもセール対象になっています

Physion Mk II Upgrade from Physion

*先代の「Physion v1」をお持ちの方向けのアップグレード版です。

通常価格:179ドル

セール特価:39ドル(78%OFF)

「SplitEQ」をお持ちの方向けのアップグレード版

*Eventideの「SplitEQ」をお持ちの方向けのアップグレード版です。

通常価格:179ドル

セール特価:59ドル(67%OFF)