【無料】GSi 『VariSpeed』70年代後半のテープディレイユニットのシミュレーション(プラグイン)

GSiの無料のプラグイン『VariSpeed』。

VariSpeedは、70年代後半のテープディレイユニット:WEM Copicat IC400の「Belt Drive」をシミュレーションしたものです。

Pluginboutique Free Gift

GSi 『VariSpeed』

紹介動画(2分):

GSi VariSpeed

GSi VariSpeedは、GSIが誰にでも無料で提供している新しいプラグインです。

これは、WEM社の「Copicat IC400 Belt Drive」VariSpeedモデルのシミュレーションです。

GSi VariSpeedは、デジタルでMIDI制御が可能であるという事実を除いては、追加機能はなく、その長所と短所をすべて備えたハードウェア楽器を「そのまま」再現しています。

システム要件

VariSpeedは以下の形式で利用できます。

  • Windows:VST2 x64、VST3 x64、スタンドアロン x64
  • OSX:VST2 x64、VST3 x64、オーディオユニット x64、スタンドアロン x64

Windows:

  • 任意のWindowsパソコン Windows 7 x64以上
  • 低レイテンシー性能を実現するASIO対応サウンドカード

OSX:

  • OSXバージョン10.11以上
  • もしあなたがGSiフリーウェアソフトウェアを気に入ってくれたら、寄付を検討してください。
  • お支払いはPayPalでお願いします。
  • 寄付をする場合は、最低でも5ユーロ以上の寄付をお願いします。
  • 1ユーロ以下の寄付は、GSiではなくPayPalにお金を渡すことを意味します。
  • 寄付金額が年間200ユーロを超えた場合は、超えた分を寄付させていただきます。
  • ウィキメディア財団、または他の慈善団体や文化団体への寄付をお願いします。