【75%OFF】Heavyocityの秘密のレシピをFX化した『PUNISH』 過去最安タイ(5つのFXを搭載)*ブラックフライデーセール2020

バーチャル・インストゥルメントを中心に多く優れた製品を開発している人気デベロッパーHEAVYOCITY(拠点・ニューヨーク)。

そのHEAVYOCITYが開発している先進的なマルチエフェクト・プラグイン『PUNISH』。

高品質な「HEAVYOCITYサウンド」を作成する最に用いられてきた秘密のレシピが存分に活かされた同社初のプラグイン・エフェクトです。

Heavyocityブラックフライデーセールで過去最安タイの75%OFFになっています。

通常価格: 199ドル → セール特価: 49ドル75%OFFで過去最安タイ

Pluginboutique Free Gift

HEAVYOCITY PUNISHについて

*視聴にはヘッドホンなどの整った環境推奨です。

簡単な操作でサウンドを素早く変化させるマルチエフェクトプラグインです。

(コンプレッサー、サチュレーター、トランジェントシェーパー、イコライザー、リミッターの5つのFXの機能を一つのプラグインに。)

ジャンル、素材を選ばず様々なサウンドに使用できます。また、個別のトラックにもマスターにも使用できます。

HEAVYOCITY社得意の壮大なエフェクトだけでなく、楽器ごと専門のエフェクトプリセットも用意されています。

ボーカル、ドラム、シンセ、ギター用のディストーションFX、はたまたマスタリング用など様々な用途に応用できる汎用性の高い面白いエフェクターです。

Logicで使ってみる。。(シンセのエフェクトとしても使える。)
結構色々プリセットがあります。

デモ動画

PUNISHの概要動画(5分):

Heavyocity – PUNISH – Plugin Overview

PUNISHのデモ&レビュー動画(6分):

Heavyocity PUNISH – Review and Tutorial

PUNISHの全体的な機能紹介動画(17分):

Heavyocity – PUNISH – Demo Walkthough

HEAVYOCITY PUNISHの詳しい解説記事のリンク:

PUNISHの概要

繊細なウォームさから、極端なドライブとコンプレッションまで、PUNISHはどんなミックスやインストゥルメントトラックにも個性とエッジを与えます。

数々の賞を受賞したHeavyocityのバーチャル・インストゥルメントでお馴染みのPUNISHエフェクトがVST/AU/AAXプラグイン形式で登場しました。

HeavyocityのカスタムアナログシグナルチェーンをモデルにしたPUNISHは、コンプレッション、サチュレーション、トランジェント、EQ、リミッターをコントロールできます。

モジュールをチェーンしてPUNISHの特徴的なサウンドを得ることも、モジュールを分離してそれぞれのダイナミックエフェクトを体験することも可能。

そして、その中心にあるのがグローバルPUNISHノブです。レンジを設定するだけで、壊滅的なエフェクトを演出することができます。

コンプレッサー/サチュレーション

PUNISH Compressorは、3つの異なるコンプレッション・モデルを搭載しています。

滑らかなクラスAスタイルのバス・コンプレッサー(コンソール)、クラシックな「ニー」を持つアグレッシブでファットなサウンド(モダン)、そしてウォームなヴィンテージ・リミッティング・アンプスタイル(クラシック)が搭載されています。

これらのコンプレッサーは、幅広いダイナミック・レンジを提供し、クラシックなアナログの暖かさを備えています。

PUNISH Saturationモジュールにも3種類のモデルが搭載されています。

どれも独自の暖かさ、ドライブ感、キャラクターを表現しています。

クラシックなブロードキャスト・マイクプリ(Vintage)、チャンキーなハーモニック・サチュレーション(Modern)を搭載。

それに加えて、ファットなチューブ・サチュレーション(Tube)を搭載したPUNISH Saturationモジュールでは、トラックにちょっとした砂利を加えたり、全体をオーバーロードに追い込んだりすることができます。

トランジェント / EQ / リミッター

アタック、サスティーン、出力ゲインをコントロールするPUNISHのトランジェント・シェーピング・モジュールは、サウンドを飽和させた後、より強いトランジェントを信号に戻すことを可能にします。

また、アタックの長さを決定するホールドコントロールも搭載しています。

EQモジュールは、基本的なモジュールですが、高域と低域を持ち上げてくれるパワフルな機能を備えています。

EQ を Pre または Post に設定すると、コンプ、サット、トランジェントの前の高域と低域、またはトランジェントの後の高域に影響を与えます。

クリッピングを防ぐために、PUNISHはチェーンの最後にリミッターを搭載しています。ソフトなクリップ量とリリースタイムのコントロールは、サチュレーションが本当に毛むくじゃらになり始めたときに重要な役割を果たします。

グローバルPUNISHノブ

このプラグインの核となるのは、中心となるPunish Knobです。

Heavyocityは、すべてのパラメーターを直感的に調整できるように設計されており、素早く簡単にあなたのサウンドに生命と動きをもたらします。

edit ボタンをクリックしてハロー値を設定するだけで、中央のPUNISHノブは、あらゆるレベルのPUNISHメントを可能にする非常にダイナミックなツールとなります。

クリーンでウォームなサウンドから始まり、パンチの効いたサウンドへと変化していきます。

トラックが本格的に盛り上がってきたら、センター・ノブをひねるだけで、必要なアティテュードが得られます。

アナログ・シグナル・チェーン

Heavyocityは長年にわたり、自社製のカスタム・アナログ・チェーンを使用してサウンド・ソースの調整や操作を行ってきました。

壮大なパーカッションから映画のようなパッドやスティングまで、数々の賞を受賞している彼らのVIのラインは、バスコンプレッサー、チューブサチュレーション、リミッティングアンプなどの安定したアンプによって常に改良されています。

これがGRAVITY、VOCALISE、AEONのようなインストゥルメントの魅力の一部であり、今ではカスタム・シグナル・チェーンをあなたの手の中に実現しています。

PUNISHはクラシックとアナログの最高のユニットを丹念にモデル化し、スタジオ分の機材を1つのダイナミックな新しいFXプラグインにまとめました。

練りに練られたプリセット

PUNISHには、すぐに使えるように、6つのカテゴリーに分けて作られたプリセットが豊富に用意されています。

ここにPUNISHの汎用性の高さが光ります。ベースからドラム、ミキシング、マスタリングまで、PUNISHの用途は多岐にわたります。

90種類以上のプリセットをインストゥルメントの種類別に配置し、HYスタッフのお気に入りのプリセットをボーナスフォルダに収録しています。

また、HYスタッフのお気に入りのプリセットがボーナスフォルダに収録されています。

SIXカテゴリーの90の専門的に作られたプリセット:

ギター, ベース, ドラム, キーズ/シンセ, ボーカル, ミキシング/マスタリング

メーカーページリンク:

Heavyocity PUNISH: Multi-FX Processor VST Plugin
Give your tracks character with Heavyocity's multi-FX processor, PUNISH. This multi-FX VST features compression, saturation, transients, EQ, and limiting.
Heavyocity Punish – First Look

音楽制作関連情報サイト大手Musicradar社のレビュー記事リンク:

Heavyocity Punish review
What's inside one of those one-knob 'macro' plugins? Let's find out

レビューレート:5/5

画期的ではないかもしれませんが、Punishは優れたプロセッシングと、サウンドを微調整したり変換したりするためのシンプルさを兼ね備えています。

長所:

5つのプロセッサ。3つの異なるサチュレーションエフェクト。 3つのコンプレッションタイプ。

短所:

価格が非常に高い。オンボードのゲート機能がない。

老舗サイト音楽制作情報サイトSound On Soundのレビュー記事リンク

Heavyocity Punish
If your audio has been particularly naughty, perhaps Heavyocity can give it the treatment it deserves...

Punishで提供されている処理オプションは互いにかなり補完します。

たとえば、ベースのサウンドやドラムからのスナップから大きな歪みがノートアタックを奪っている場合は、トランジェントシェーパーが一部の生命力を復元できるようにすることができます。

私は特に、サチュレーターのチューブアルゴリズムに夢中になりました。サチュレーターは、リッチでルーズなサウンドのうなりとフラビングエフェクトを豊富に提供します。

しかし、多くの成功したプラグインと同様に、Punishを価値あるものにする重要なことは、優れたサウンドを得ることができるということではなく、簡単かつ迅速に優れたサウンドを得ることができることです。これは、3つの要因に下がっています。

1つは前述の汎用性と複雑さのバランスですが、Heavyocityは適切だと思います。Punishは、SoundToysのDecapitatorのようなものよりもはるかに広い範囲をカバーしていますが、たとえば、FabFilterのSaturnよりもはるかに簡単に使用できます。

2番目の要素は、コンパクトでありながらよく考え抜かれたプリセットの武器です。これは、ユーザーを何百ものオプションに溺れさせることなく、多くの分野をカバーします。

3つ目はPunishノブです。多くの場合、「ほぼ右」から「ちょうどいい」への移動を楽にしてくれます。

確かに市場にはもっと安いサチュレーションプラグインや、目に負担をかけないものがありますが、すべての点で、Punishはクラス最高の出来です。

長所:

  • 5つの独立した処理モジュールにより、平均的なディストーションプラグインよりも用途が広がります。
  • よく考え抜かれたプリセットライブラリと便利なマクロノブを備え、使いやすいです。

短所:

  • コントロールと凡例が小さすぎて暗すぎます。

システム要件

オペレーティングシステム

  • Macの場合:OS X 10.10以降
  • Windows 7以降(32ビットと64ビットの両方

DAWホストの互換性

Pro Tools 10+、Live 9+、Cubase 8+、Logic Pro X+

利用可能なプラグインのフォーマット

AAX, VST, Audio Units (AU) のフォーマット

注意:

このソフトウェアを有効にするにはインターネット接続が必要です。

認証には無料のiLokアカウントが必要です(iLok USBドングルは必要ありません)。

セール情報

HEAVYOCITY PUNISH:75%オフ

通常価格:199ドル 

セール価格:49ドル(過去最安タイ)

HEAVYOCITY ブラックフライデーセール 2020

HEAVYOCITYの他の製品もブラックフライデー施策で多くが半額になっています。