Heavyocity『VENTO Modern Woodwinds』木管楽器の優れたメガライブラリ:27GB

Heavyocityが開発している壮大なハイブリッド木管楽器の『VENTO Modern Woodwinds』。

久しぶりにセールになっています。しかも半額です。

VENTOは、 160を超えるオーガニックアーティキュレーション、100のハイブリッドスナップショット、400のテンポ同期ループを備えた木管楽器(Kontakt音源)です。

*このVENTOは、Kontaktを使用する音源ですが、Kontakt Player(無料版)でも完全に動作します。

NOVOASCENDなどの)Heavyocity製品のファンの方は特にチェックしてみると良いと思います。

*セールは7月6日(火曜日)夕方まで。

関連セール(Heavyocityサマーセール):

スポンサーリンク

Heavyocity『VENTO Modern Woodwinds』

VENTOは、 160を超えるオーガニックアーティキュレーション、100のハイブリッドスナップショット、400のテンポ同期ループを備えた木管楽器(Kontakt音源)です。

容量は27.2 GBのメガライブラリです。

デモ動画

Heavyocity-VENTO(Modern Woodwinds):プリセットプレイスルー

VENTO: Modern Woodwinds – Content Overview | Heavyocity

Heavyocity-VENTO(Modern Woodwinds):コンテンツの概要

VENTO: Modern Woodwinds – Preset Playthrough | Heavyocity

Heavyocity-VENTO(Modern Woodwinds)デモウォークスルー

VENTO: Modern Woodwinds – Demo Walkthrough | Heavyocity

解説動画(21分・日本語字幕可能):

Vento – Seriously Epic Woodwinds!

Simeon Amburgey氏によるレビュー&解説動画(48分・日本語字幕可能):

Heavyocity VENTO Modern Woodwinds Library For Kontakt

Heavyocityは最新のKontaktライブラリであるVENTOにおいて、木管セクションに相応しい愛情を注いでいます。

約28GBのサンプルとループが収録されているVENTOは、美しくサンプリングされた楽器であなたの息を奪い、Heavyocityならではの木管楽器とループデザイナーであなたをさらに飛躍させるでしょう。

Joshua Casper氏による『Vento:クラシック木管楽器でポップミュージックを制作する方法』。

Vento by Heavyocity | How to Produce Pop Music with Classic Woodwind Instruments

HeavyocityのVento Modern Woodwind Kontaktライブラリをどのようにポップトラックに実装したかを示します。

具体的には、Loop Designerで多くのエレメントを使用しました。

Macro Designer Keysと個々のループとループバンクの使用方法、ループをトラックのキーに合わせて調整する方法をレクチャーしています。

サウンドデモ:

Heavyocity VENTOについて

ストリングとブラスの前身であるHeavyocityのNOVOとFORZOのように、VENTOは伝統に対するHeavyocityの答えです。

この場合、木管楽器が現代の楽譜でできることについて、新鮮で独創的なテイクを提供します。

160を超えるオーガニックアーティキュレーション、100のハイブリッドスナップショット、400のテンポ同期ループを備えたVENTOは、音楽の可能性に満ちており、従来の木管楽器を映画のインスピレーションの深い井戸に変えています。

完全な独自性

独自のアンサンブル、楽器、およびアーティキュレーションにより、VENTOはスリル満点のキャンバスを作成し、原始的な木管楽器ソースをダイナミックで進化するハイブリッドキューに変化させます。

コントラバスアンサンブルスウェルのうなり声(コントラバスクラリネットとコントラバスーン)から、ハイアンサンブルフラッター(ピッコロ、フルート、クラリネット、オーボエ)の不穏なサスペンスまで、VENTOは現代のスコアに必要な叙情性と複雑なテクスチャを体現しています。

優れたサウンドデザイン

多数のサウンドシェーピング機能により、VENTOはこれらのカラフルな木管楽器ソースをダイナミックハイブリッドコンテンツに高め、あらゆるスコアに適合します。これは非常に明確です。VENTOは、従来の楽器を刺激的な新しいハイブリッド楽器に変えます。

特徴

  • 27.2 GB(NIロスレス圧縮を使用したディスクで18.5 GB)

  • 直接ダウンロードとしてのみ利用可能

  • 11,213サンプル

  • 163ジョイント

  • 110スナップショットプリセット

  • 57 NKA

  • 432テンポ同期ループ

  • 7 NKI


  • 5伝統的なセクション:

    • フルートx 4
    • クラリネットx 4
    • ハイアンサンブル(フルート、ピッコロ、クラリネット、オーボエ)
    • ローアンサンブル(2バスクラリネット、2バスーン)
    • コントラバスアンサンブル(2コントラバスクラリネット、2コントラバスーン)

  • ハイブリッド木管デザイナー

  • 木管ループデザイナー

  • 直感的なサンプルブラウザ

  • 高度なグラニュラーおよびリズミカルな再生のためのCYCLEページ

  • ダイナミックマルチパラメーターコントロール用のMACROノブ

  • スタンドアロン、VST、AU、AAX

メーカーページリンク

システム要件

  • Mac:macOS 10.12、10.13、または10.14(最新の更新)、i5
  • PC:Windows 7、Windows 8、またはWindows 10(最新のService Pack)、Intel Core i5または同等のCPU、2 GB RAM
  • Kontakt 6.1エンジンを搭載
  • 最新の連絡先6(プレーヤー)
  • 完全に統合された制御(NKS対応)

注:このソフトウェアには、Kontakt 6 Engine(フル)または最新の無料のKontakt 6 Playerが必要です。

レビュー記事リンク

Samplelibraryreviewさんによるレビュー記事リンク

First Look: Vento Modern Woodwinds by Heavyocity

長所:

  • HeavyocityのNovo(Strings)とForzo(Brass)ライブラリを補完します。
  • 優れたサウンドデザインパッチ。
  • 多くの便利なループ。
  • Cycleエンジンは、無限のサウンドデザインの可能性を備えています。
  • 伝統的な木管楽器のサウンドが素晴らしい。
  • 3つのライブラリが1つにまとめまられている(伝統的な楽器、サウンドデザイン楽器、ループ)。

欠点:

  • オーボエがない。
  • レガートのアーティキュレーションがない。

Strongmochaさんによるレビュー記事リンク

Heavyocityは、「VENTO: Modern Woodwinds」をシネマティックな木管楽器をモダンでエキサイティングなものにしています。

テクスチャやサウンドデザインの要素をトラックに加える必要がある作曲家は、このライブラリをサウンドパレットに加えるべきでしょう。

品質は非常に優れています。そして、非常に高価な木管エフェクトライブラリを備えています。

Ventoは、素晴らしい木管楽器のサウンドツールキットです。私の個人としては、このライブラリに高い評価を与えないわけにはいきません。

レート:5/5

 セール情報

通常価格:449ドル

セール特価:224.5ドル(50%OFF)おそらく過去最安

主なセール価格の推移::

  • 2019年11月:449ドル→349ドル(ブラックフライデー)
  • 2020年11月:449ドル→299ドル(ブラックフライデー)