iZotope『Exponential Audio:Excalibur』サウンドデザイン&ポストプロダクションに適した多機能FXプラグイン

iZotope(Exponential Audio)のマルチエフェクト『Excalibur』がぶっ飛び価格の94%OFF(10ドル)になっています(通常価格149ドル)。

*終了しました。

iZotope製品のクロスグレードの弾にもなるので、この価格なら買っておいて損はないと思いますよ。

Excaliburは、「音楽制作」「ポストプロダクション」「サウンドデザイン」で使用できるマルチエフェクトプラグインです。

2020年8月4日 追記:セール復活中です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

超多機能なエフェクトプラグイン:iZotope『Excalibur』

Excaliburは、複数のモジュレーション、ピッチシフト、ダイナミクスエフェクトモジュールを備えた総合的なマルチエフェクトプラグインです。

「通常の音楽制作」「ポストプロダクション」「サウンドデザイン」に取り組むための独創的なツールが内蔵されています。

4つの独立した「ボイスオシレーター」で、音色を微妙に変化させたり、「Swirling Kinetic Effect」(旋回運動のエフェクト)でオーディオソースを劇的に変換したりすることが可能です。

日本語解説動画(iZotope社さま):

空間系からモジュレーションまで網羅する「Excalibur」の使い方

【Excaliburチュートリアル】空間系からモジュレーションまで網羅する「Excalibur」の使い方

短いデモ動画(3分):

Exponential Audio Excalibur VST/AU/AAX multi-effect plugin in action!

長めのデモ動画2本:

(15分)

Excalibur In Action

(12分)

Review: Excalibur From Exponential Audio

Excaliburの概要

Excalibur:音楽とサウンドデザインのための創造的なエフェクト『Excalibur』

音楽とサウンドデザインのためのクリエイティブなエフェクトツール

Excaliburは、他に類を見ないステレオマルチエフェクトプラグインです。

複数のモジュレーション、ピッチシフト、ダイナミクスエフェクトモジュールを搭載しています。

また、あらゆる音楽制作、ポストプロダクション、サウンドデザインプロジェクトに取り組むためのクリエイティブなツールを備えています。

4つの独立したボイスオシレーターは、レコーディングの音色を微妙に変化させたり、渦巻くキネティックエフェクトであらゆるオーディオソースを劇的に変化させることができます。

想像力と革新性の融合

Excaliburは、Exponential Audioが不可欠なリバーブ・ツールのメーカーとして確固たる地位を築いたのと同じDSPアルゴリズムから生まれたものです。

このエフェクト処理技術をエフェクト・ルーティングに全くユニークなアプローチで取り入れています。

Excaliburは4つの独立したボイス・モジュールによって駆動され、オーディオ・シグナルとエフェクト・パラメーターを相互にルーティングして、これまでに経験したことのないユニークなモジュレーション・エフェクトを生み出すことができます。

1つのプラグインでマルチエフェクト・ワークベンチ

Excaliburは、1つのプラグインであらゆるエフェクトツールを備えています。

複数のピッチシフト、モジュレーション、ディストーション機能を備え、すべてセッションテンポに同期する機能を備えています。

Excaliburには、あなたのオーディオを思いのままに彩るためのツールが全て揃っています。

独特なインタラクティブ・エフェクト・エンジン

Excaliburを使えば、創造的なモジュレーション機能や時間とピッチベースのエフェクトを実装できるだけでなく、処理されたオーディオ信号をルーティングして相互作用やモジュレーションを行うことができ、他の方法では実現できないオンリーワンのサウンドを生み出すことができます。

4つの音色の多様性(4つのボイスモジュールを搭載)

Excaliburは、4つのディスクリート・ボイス・モジュールを搭載しています。

これにより、独自のシグナル・ルーティング機能とテンポに同期可能なLFOを使用してエフェクトを組み合わせてモジュレーションすることが可能になっています。作成したサウンドをこれまでにない形でコントロールすることができます。

特徴

  • 多彩なマルチエフェクトプラグイン
  • 独立して4つの信号変化を処理するか、それらを互いに変調させることが可能
  • エフェクトには、ピッチシフト、モジュレーション、ディストーションなどが搭載されています
  • モジュレーターをテンポに同期できる
  • 低いCPUへの負荷(スタジオやライブで最適)

Music Radarさんのレビュー記事リンク:

Exponential Audio Excalibur review
Can Exponential save the fading multieffects processor?

Excaliburは、オールドスクールなマルチエフェクトのコンセプトに新しいアプローチを加えた、爽やかなプラグインです。

Excaliburの特徴:

Excaliburの中核をなすのは、完全に設定可能な4つのエフェクトVoicesです。

それぞれが入力から出力までの個別のモノラル信号の流れを提供し、プライマリーボイス(入力ステージとフィードバックディレイ)と13のオプションから選択された1つのボイスエフェクトプロセッサーで構成されています。

コーラス、フランジャー、フェイザー、リングモジュレーター、ディストーション、Resフィルター、グライド、ヴィンテージシフター、リバーブ、4種類のレゾネーターから選択できます。

これらの中には、追加のポストFXモジュールも組み込まれています。コーラス、フランジャー、フェイザーです。

センターパネルのプライマリーボイスコントロールには、入力アサイン、ディレイタイム、フィードバック量、フィードバック周波数、ディフュージョン、アウトプットEQ、アウトプットレベル、パンニングなどがあります。右側のVoice Effectsパネルは、ロードされたエフェクトに合わせて再構成し、左側にはグローバルな出力オプションがあります。

左側にはグローバル出力オプションがあります:ミックス、マスターレベル、マスターフィードバックがあります。

Excaliburには大きな分類されたプリセットライブラリが搭載されているので、深い編集をしなくても十分な効果を得ることができ、プリセットをフリックすることで何が提供されているかを知ることができます。

Eventide H3000 のようなクラシックなユニットと同様に、Excalibur のエフェクトの大部分は非常にわかりやすいものとなっています。

Excaliburは新鮮な空気のようなものであり、マルチエフェクトが本当に素晴らしいサウンドへの素直で素早いルートを提供してくれることを思い出させてくれます。

しかし、見かけのシンプルさに騙されてはいけません。これは複雑でパワフルなプラグインであり、プリセットを超えることを選択した人にとっては十分な深みを持っています。素晴らしい製品です。

長所:

  • プリセットの膨大なライブラリ
  • 柔軟な音声アーキテクチャ
  • CPU効率が良い
  • 素晴らしいレゾネーターとモジュレーションFX 豊富なモジュレーションオプション

欠点

  • 視覚的に魅力的ではないインターフェイス。複雑なため、一部の人には不評かもしれません。

システム要件

オペレーティングシステム

Mac:OS X 10.8 Mountain Lion-macOS 10.15(64ビットのみ)

PC:Windows7〜10

ハードウェア要件

  • CPU:マルチコアプロセッサ、2 GHz以上
  • RAM:2 GB以上
  • ディスプレイ:1024 x 768以上

プラグインフォーマット

  • AAX、AU、VST、VST3(すべてのフォーマットは64ビットのみ)

チャンネルフォーマット

  • モノラル
  • ステレオ

認証方法

  • iLok License Managerが必要(従ってUSBどんるは必須ではありません。コンピューターに紐付け出来る。)
  • iLok2、iLok3、またはiLokマシンライセンス

*Exponential Audio製品はiZotopeの製品ポータルでは利用できません

セール情報

通常価格:149ドル

セール特価:9.99ドル(94%OFF!)

関連記事: