Wide Blue Sound『ECLIPSE』リッチで深みのあるアトモスフィア系サウンドを簡単操作でデザイン(Kontakt PlayerでもOK)

Wide Blue Soundのフラッシュセールで、同社のアトモスフィア系Kontaktインストゥルメント『ECLIPSE』が35%OFFになっています(ほぼ最安タイ)。

ECLIPSEは、シンセ、パルス、雰囲気のあるテクスチャーを簡単な操作で作成できるKontaktインストゥルメントです。

搭載されている豊富なパラメーターは、作業するのが楽しく、ユーザーに独創的なサウンドスケープを作り出す力を与えてくれます。

*本製品は無料のKontakt Playerにも対応しています。

*セールは10月11日(土曜日)夕方頃まで。

スポンサーリンク

『ECLIPSE』パワーとシンプルさを兼ね備えた新感覚のKontakt用インストゥルメント

紹介動画(7分):

サウンド中心のデモ動画(10分):

オーディオデモ:

Wide Blue Sound『ECLIPSE』について

*右上にあるサイコロ(ランダマイズ)ボタンをクリックすると自動で様々なサウンドを自動生成してくれます

Wide Blue Sound『ECLIPSE』の直感的なインターフェースを使えば、リッチで深みのあるサウンドを一瞬のうちに作ることができます。

ECLIPSEは、ヘビーで力強くアグレッシブなマッシブサウンドで、新しいソニックの領域を開拓します。

ECLIPSEで、究極のサウンドクリエイション・ステーションに用意されたカスタムメイドのサウンドソース、FX、フィルター、250種類のプリセットを使って、エピックなモダン・シンセを制作しましょう。

トリプル・エンジン・デザイン

ECLIPSEの心臓部には、3つの異なるリズムエンジンがあります。

  • PULSE:(パルスモード)モダンなパーカッシブ・エレメントを作成できます

  • CHOP:(チョップモード)エレクトロニックなスタイルやスタッターなスタイルを作成できます

  • FLOW:(フローモード)オンリーワンのパッドとテクスチャを作成できます

*シーケンサーを使って、シームレスにインタイムでモード間をモーフィングすることもできます。

混沌をサウンド・シェーピング

エフェクトのページでは、ディレイ、マルチモジュレーション、多様なディストーションを使って、ユーザーが思い描くサウンドを簡単無操作でデザインできます。

また、映画制作で一般的に使用されているワールドクラスのハードウェア・ユニットからの実用的なクリエイティブ・インパルスと美しいリバーブの両方を含む特別なコンボリューション・エンジンも搭載しています。

このECLIPSEには、4つの独立したシーケンサーが搭載されています。

このシーケンサーにある「24種類のパラメーター」をモジュレートすることで、興味深く、音楽的で進化したサウンドの創造をさらに押し進めることができます。

各シーケンサーは独自の再生レートを持ち、最大64ステップまで拡張できます。

新しいパターンを自動的に生成したり、すでにあるものを何十もの革新的な方法で処理したりすることができます。

また、それを順方向、逆方向、両方、あるいはランダムに再生することも可能。

クリックするだけで、美しいシーケンスが完成します。

システム要件:ネイティブハードウェアとの統合

NKSは、プラグイン・インストゥルメントとKOMPLETE KONTROL S-SeriesキーボードとMASCHINEハードウェアとの間で、直感的でシームレスな相互作用を実現しています。

  • KontaktまたはKontakt Player 5.6.6.6以上が必要です。

  • PC&Macとの互換性

  • 注意:本製品は無料のKontakt Playerに対応しています。

デモ&レビュー動画

レビュー記事リンク

soundonsoundのレビュー記事リンク

Eclipseは、映画やテレビの作曲家のための高品質な既製テクスチャのバンドルです。

前作では映画のような雰囲気を出していましたが、『Eclipse』ではソース素材の選択により、明らかに暗い雰囲気になっています。

しかし、すべてのソースサンプルに慣れ親しんだ後でも、驚きの展開をもたらすような直接的な調整機能が十分にあります。

また、前作よりも価格が安く(Orbitをお持ちの方は割引が適用されます)、近日発売予定のiOS用Lemurプロファイル(Skypad)との互換性もあります。

The Audio Spotlightのレビュー記事リンク

凶暴なシンセサイザーのベースラインや、非常に細く繰り返されるサスペンスフルなパルス、進化するサウンドベッドの中であちこちに魅力的な小さな音が響き渡る、ゆっくりと変化していくダークなアンビエントサウンドスケープ、あるいは巨大な引き裂くようなサブベースのヒットなどこの楽器は様々な用途に使用できます。

私が最も気に入ったのは、「フロー」と「パルス」です。

どちらも、ダークな雰囲気を必要とするキューのアンダースコア要素として最適です。しかし、中には明るい音も含まれているので、非常に暗い雰囲気に完全に限定されるわけではありません。

Eclipseは、ミステリアスでメランコリックな雰囲気を醸し出すこともあります。

また、非常に美しいエレクトロニック・ドローンやアトモスフィア、そして時折、少しオーガニックなサウンドもあります。

Sound bytesのレビュー記事リンク

Eclipseは非常に使いやすく、ほとんどの操作にマニュアルは必要ありませんでした。

もちろん、最終的にはマニュアルを全部読みましたが、直感的に操作できて、なおかつパワーもあるということを強調したかったのです。

最近のプラグインはインターフェースが複雑すぎるものが多いので、このプラグインはとても新鮮でした。

Eclipseに収録されているサウンドがとても気に入りました。

ハードドライブの容量を圧迫することもありません。

収録されているサウンドの制作だけでも大変な労力を要しているはずです。

一番のメリットは、肝心の音楽制作に専念できることです。プリセットの読み込みも早く、CPU使用率も悪くありませんでした。

Wide Blue Soundはシンプルな操作性を実現するために素晴らしい仕事をしており、全体的に素晴らしい。

セール情報

通常価格:149ドルセール特価:97ドル

  • 2020年12月:149ドル→96.85ドル
  • 2021年7月:149ドル→96ドル