【$99→$19】kiloHeartsのシンセ「kHs One」フラッシュセール〔5月20日(月)まで〕

よろしければシェアお願いします

 

 2019年5月20日 夕方ごろ終了予定です。

スウェーデンのkiloHearts社のシンセ「kHs One Synth」の格安セールがフラッシュセールで一時的に復活しています。  

通常価格:99ドル(10,890円)➡️ 80%オフの19ドル(約2,090

  

EDM、House、ポップス、Trapなどなど「何でも来い!」なSylenth1系統の汎用性の高さから、非常に評判の良いバーチャルアナログ・シンセ。ぱっと見、地味だけど使いやすい。

  

KiloHearts One – Synth Spotlight [Synths // Gear // Demo]

 

逆に欠点は、Sylenth1と比較すると、サードパーティのサウンドバンクが圧倒的に少ないのがマイナスポイントかなと。(ファクトリープリセット自体は結構な数が入っています。)

なので、「プリセット命!」な方は、Sylenth1の方が良いと思います。

(とはいえ、今のkHs Oneセール価格とSylenth1のセール時の価格(97.3ユーロくらい)は、比較するのも困惑するほど差異があります。)

 

 

Propellerhead Reason用のラックエクステンション版(RE版)もありますよ。サウンドはVST版もRE版も同じです。

Kilohearts' kHs One Synth RE Overview

  

   

kHs ONEの主な機能 

2つのオシレーター(ソー/スクエア/ノイズ)
サブオシレータ
2つのフィルター
voice wave shaper
2つのLFO
3つのエンベロープ(アンプ/フィルター/モッズ)
8の音声ユニゾン
24音声ポリフォニック
Env / LFOレガートのオン/オフ
ポルタメント/グライド
オンボードFX:コーラス、ディレイ、イコライザー、リミッター

kHs ONE was not designed to be a fat analog beast with a massive warm sound. That just happened anyway.

    

セール情報

 
kiloHearts本家サイトやDAW系ネット通販大手Plugin Boutiqueなどでセール中です。
   
ともに99ドル→19ドル。
   
しかし、Plugin Boutiqueだと100円程ポイントが付くので、ややお得かな。。
     
   
  
kHs Oneのマニュアル
   
  
kHs One用、無料のサウンドバンク:
   
  
  
海外サイトのレビューなど
KiloHearts kHs ONE kHs ONE is a synth made by Kilo Hearts, a Swedish company that has also made the Faturator plug-in and Disperser plug-in. kHs ONE is
ONE is a polyphonic subtractive synthesizer plugin programmed by the Swedish-based kiloHearts. Should it be the one for you? See what our reviewer thinks here.
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. keyman2 より:

    みんな買って!非常にいいシンセです笑笑。

  2. keyman2 より:

    kilohearts 関連の記事の最新がここなので、10日以内だし許容範囲とおもって書きます。昨晩、待望のkiloheartsの新しいシンセ、Phase Plantがリリースされました。

    https://kilohearts.com/

    これはこれまでのkiloheartsのお家芸であったSnapin’ Ecosystemの延長線上のシンセです。無償のSnapheap、有償のMultipassの中でスタックでき、単体でもプラグインとして動作する20種類以上の単体エフェクトを使用できるシンセです。シンセ自体はVirtual Analog, Wavetable, Samplerの三つを音源とし、多分好きなだけスタックできます(左側のレーン)。そしてその後ろにシンセ部としてのフィルターやアンプ、ディストーションを追加できます。右側のレーンがこれまでのSnapheap/Multipass同等になっていて、Snapin’ Ecosystemの各プラグインを使用できます。下の方はモジュレーションエンジンとなります。

    価格ですが、残念ながらイントロプライスはありません。またちょっと複雑な売り方をしていますが、無償のSnapheapと無償の6つのエフェクトプラグインとのセットが169ドル。以降、付属するエフェクトプラグインの数により3段階のセットがあり、かつての全部入りThe Worksの代わりに、kilohearts toolbox ultimateが用意されています。これから見るとPhase Plantの価額は169ドルと考えるのが正しいようです。なお、既にThe Worksを持っている方には割引があり、update価格が142ドルで、Phase Plantと、新規のSnapin’であるEnsembleとFlangerの二つもついてきます(いままでFlangerがないことに気づいてなかった。。。。)

    正直Update/UpgradeのPricingにはArturiaのV Collection 7ほどではありませんが躊躇いを覚えます。私はThe Worksを149ユーロで買えていますので、今回142ドル出すんかい、というところです。ちょっと考えつつデモってます笑。

    ただ、デモる限り、とても分かり易くてflexibleで、出音も上々のシンセと言えると思います。Samplerはもちろんのこと、Wavetableでもユーザーサンプルを読み込めます。フィルターの効きも上々です。厚い低音のビビりが出ます(自己発振はしません。また、多分LPF, HPF, BPFについては24dbのカーブ限定かと思います。)

    プリセット数も多く、数百はあります。ご興味のある方はkilohearts toolbox ultimateの10日間デモがありますのでお試しください。私もお試し中ですが、多分買うと思います。楽しみにしていたし想像していた通りのシンセなので。

    • sawayaka trip より:

      Keyman2さま、貴重な生の情報ありがとうございます。
      >Kiloheartの「お家芸であったSnapin’ Ecosystemの延長線上のシンセ」

      欲しい。。とりあえず自分もデモってみます。
      サウンド的に、keymann2さまが今まで触れてこららたシンセで代わりになりそうなものはありますか?
      それとも完全にユニークな感じかなのな?

      • keyman2 より:

        代わりは大体主だった大物シンセなら笑笑。我々はMSoundFactoryありますよね、選ぶなら今はそっちの方が安い。但し現状サンプラー実装してない。Phase Plantで楽しむのは操作感だと思います。好きになる人が持ったら愛着湧きますよ。Oneもそうですもん。そしてわかりやすい。一画面シンセでもあるし。だから値段との兼ね合いだと思うんです。

        • sawayaka trip より:

          keyman2さま、ありがとうございます。
          >Oneもそうですもん。そしてわかりやすい。一画面シンセでもあるし。だから値段との兼ね合いだと思うんです。

          私も一画面シンセであることの価値は大きいと思います。大型のセールがきたら購入考える感じかなぁ。。

          • keyman2 より:

            https://youtu.be/BrCnIboqz8Y と、静観の構えでいたのですが、このビデオ見たら欲しくなりました。wavetable editorが多機能で凄そうです笑笑。

          • sawayaka trip より:

            Keyman2さまありがとうございます。
            貼っていただいたリンク拝見させていただきました。
            これぞKilohertシステムの真骨頂ですね。今までのシンセの域を超えている。そしてKilohertのわかりやすさも健在。

            一方価格ですが、Keyman2さま最初のコメントで触れられていたように、売り方に若干の複雑さを感じますね。
            それにここ最近のプラグインの動向から見るとやや高い。
            Kilohertのことなので、セールは必ず売ってくるはずですが、結構踏ん張るかな?
            自分は、セールまで待ちかなと思っています。
            購入したのにまだ数回しか触れられていないシンセが夜囁くんです。。